金融の世界で「スイス」といえば、富豪たちが財産管理に利用している「プライベートバンク」が有名ですよね。

Swissborgは、スイスのプライベートバンクという世界的に信用の高い銀行システム+スマートコントラクト+ブロックチェーンを組み合わせたプロジェクトで、1/10にICOセールが終了します。

なんと、このプロジェクト、2月1日にhitBTCに上場することが決定しています。これが決め手となり、投資を行ったので、紹介します。

Swissborgの特徴

Swissborgは、Blockchain×IOT×AIによる、新しい資産運用・資産管理を目指す銀行です。

通常、プライベートバンクといえば、資産運用の経験があるポートフォリオマネジメントのプロが投資家にアドバイスを行いますが、人によってアドバイスに差が出てしまったり、教育にも時間がかかります。

SwissBorgでは、この部分をAIが担当。資産家の資産状況に応じて、ビックデータを活用し、その時々でAI(ロボアドバイザー)が投資家に最も最適なポートフォリオを提案します。これにより、投資家は、過去のデータに基づく公平かつ的確なアドバイスが受けられることになります。

また、そもそも銀行業はコスト的な無駄が多い業界です。AIにより調査業務など人的コストの削減、さらには、ブロックチェーンによりセキュリティも向上も期待されます。

より多くの投資家への利用を促すため、本プロジェクトでは、オンチェーンファンドオフチェーンファンドの2つを用意。巨大な資産を持ちながら、仮想通貨など新しい技術についていけない高齢層へのアプローチも視野に入れています。

より詳細は、本プロジェクトのアドバイザーも行うKuniさんの記事をご確認ください。
Medium – Swissborg review (JPN)

Swissborg公式ページ

私が投資を決めたわけ

私がSwissborgに投資をしようと思ったり理由は複数あります。

1.2018年2月1日にhitBTCに上場することが決定している
2.Teregramの登録者が6610人以上おり、比較的人数が多い
3.ETHLandやBOUNTY0Xとパートナーシップを結んでいる
4.投資×AI系のプロジェクトに対する期待

中でも、最も大きな理由は「1」。上場が決まっているとなると期待感が違います。
なお、ICOセールは1月10日までで間もなく終了ですので、興味のある方はお急ぎを。

Swissborg公式ページ

ICO基本情報

トークン名:SwissBorg ※ERC20トークン
略称   :CHSB
総供給量 :1,000,000,000CHSB
ICO価格 :1CHSB=0.1スイスフラン
セール期間:1月10日まで

Swissborgトークンの購入方法

購入方法は簡単です。
最小購入額は、BTC:0.005BTC、ETH:0.1ETHとなっており、少額購入が可能です。

1.Swissborg公式ページにアクセスし、画面中央のボックスに
 メールアドレスを入力し、「BUY TOKENS」ボタンを押します。

2.以下のように名前、メールアドレス、パスワード、4箇所にチェックを入れたら
 「register」ボタンを押します。 

3.送られてきたメールのリンクをクリックすると、ログインができるようになるので、ログインします。

4.ログインすると以下の確認が表示されるのですべてにチェックを入れ。「Continue」ボタンを押します。

5.以下のようなダッシュボード画面が開くので、投資に用いる通貨を選択します。
 以下、「ETH」で支払う場合について解説します。
 ※他の通貨を選んだ場合も、基本的な方法は同じです。

6.下図の中央部をクリックすると送金先が表示されます。

7.ETHを選んだ場合は、MyEtherWalletで以下の「トークンの送出」ページにアクセスします。
 ページで、4の画面で確認した送金先アドレス、送金数、(ガスリミットはそのまま)を入力し、
 「トランザクションの生成」ボタン、次に、「トランザクションの送出」ボタンをクリックします。

 確認画面で「OK」を選択したら、上記画面のように、画面の下に「緑色のバー」が現れるので、
 その中にある「Verify Transaction」ボタンを押します。

 MyEtherWalletの使い方に慣れていない方は、以下で使い方を参照下さい。

8.表示された画面の赤丸の部分が「Success」になったら、送金が無事に完了したことになります。

9.しばらくして、DashBoardに購入トークン量が表示されたら、購入は完了です。

以上、で購入は簡単です。

Swissborg公式ページ

コメントを残す