【書評/要約】人生はあわれなり 紫式部日記(小迎裕美子 著)(★5) 面白い!平安系絶望女子シキブの人生を最初の1冊に!

2024年のNHK大河ドラマ光るの君へ』。

私は、NHK大河ドラマをきっかけにして、歴史を学ぶのが好き。ドラマを楽しむだけでなく、関連書籍を読んだり、関係のある地に旅行に行ったりすると、歴史が楽しく学べると同時に、「時の流れ、時代の移り変わりの凄さ」を実感できます。

今回の舞台は、紫式部が生きた平安時代中期。しかし、全く、この時代が分からない。道長と陰陽師と、枕草子と源氏物語の存在を知っているぐらい…。とにかく、全くこの時代のことに無知なので、紫式部に関する本を数冊読んでみました。

その中で、紫式部について知る最初の1冊として面白かったのが、紫式部日記(といっても、個人日記ではないが、紫式部の思想が色濃くにじむ)に描かれる平安宮仕えライフを、イラストと共にコミカルに描いた人生はあわれなり 紫式部日記』です。

とにかく面白い。紫式部とはどんな人で、どんな時代を、どんな風に生きたかが、面白く学べます。

今回は、本書からの学びを簡単にまとめます。

[スポンサーリンク]

今月の読み放題:おすすめビジネス書・自己啓発  おすすめ小説

紫式部:周辺の人相関図

紫式部(シキブ)を理解するために、まず押さえたいのが「人物相関図」。

NHK大河ドラマのホームページに掲載されている「光る君へ 登場人物相関図」は、平安時代初心者には登場人物がたくさんいすぎてわかりにくい…

まずは、上図の人物相関を理解するところから始めると分かりやすいかと。

最初に押さえたい・紫式部の人間関係

紫式部の家族:父・弟・(母)・姉・夫・娘
一条天皇を夫とする2つの派閥
 ・紫式部が仕えた中宮・彰子サロン(彰子の父の道長、サロンの同僚歌人たち)
 ・清少納言が仕えた皇后・定子サロン

❶家族は、紫式部が、つらい!苦しい!将来が不安!超ネガティブ・平安系絶望女子 になった生い立ちや、時代背景、そして、それらを元に身についてしまった人生観を知るために有効。

❷の2つのライバルサロンの存在は、宮中ライフと、なぜ、不倫など不貞の愛ありまくりの『源氏物語』が生まれたか、その背景を知るのに役立ちます。

紫式部ってどんな人?平安系絶望女子 陰キャ シキブ誕生の背景

紫式部ってどんな人?平安系絶望女子 陰キャ シキブ誕生の背景

私がこれまで紫式部に描いていたイメージは、どちらかというと【「学」を鼻にかけた嫌な女】というイメージでした。

しかし、これは全くの真逆!超ネガティブ 陰キャ女子。「何も知らないバカのふり」をし、余計な敵をつくらないという処世術で、本当の自分を隠して宮仕えライフを生きた人物だったのです。

紫式部ってこんな人

紫式部を簡単の性格をまとめたのが以下。ものすごくネガティブです。

紫式部ってこんな人

・とにかく人目を気にする。空気読みすぎ。ネガティブで傷つきやすい
・真面目で地味。社交ベタ。人付き合いが苦手。嫌われたくない
 ⇒バカのふりして、自分を隠して生きる
・一方で、人間洞察は鋭い
紫式部日記に並ぶキーワード:つらい。苦しい。将来が不安。本当に嫌。あぁ、無常

学をひけらかすなと言われて育った生い立ち

紫式部が超ネガティブになった背景には、「父」と平安時代と言う「女性軽視の時代」が大きく関わっています。

平安時代は、女性軽視の時代です。女性に学なんて不要。上流階級は、女性が顔を見せる=「結婚」という時代です。

しかも、世の中は荒んでおり、死も身近。母・姉も幼くして失くし、夫も結婚生活2年で死別しています。弟も結構、若くなくなります。

紫式部の人間形成にかかわった事柄

・平安時代は、強盗・放火・殺人・内裏の消失・大地震など、世の中が荒廃
・幼少期に母、姉を失くす
父・為時は屈指の学者・詩人。名家出身だというのに偏屈・世渡り下手が災い
 ⇒中流受領階級に落ちぶれ
・父から漢詩の教育を受けていた弟・惟規(のぶのり)は、頭の出来がよろしくなく、
 そばで父の教えを聞いていた式部が漢詩を覚える
 当時は、女性に学は不要とされた時代
 父からは「お前が男でないのが私の運の悪さだ」とも…
・当時としては晩婚。相手は親子ほど年の離れた藤原宣孝(のぶたか)
 清少納言に『枕草子』でコキ下ろされた人物
結婚生活は、夫・死去により2年で終了。シングルマザーに
 ⇒女の人生の脆さを痛切に理解

紫式部の生い立ちと人生を見ると、ネガティブ女子が出来上がっても致し方ないかなぁ…とも思われます。

【参考】VS 清少納言

よくライバル視される清少納言はというと、真逆の性格。ポジティブ・ユーモラス・勝気・自由♪

2人は幼くして母を失くすなど育った境遇は似ていますが、清少納言はひょうきん者の父から教養を学び、男のする漢詩の学はひけらかすなと言われた時代に、「お前はできる子だ😝」と褒められて育ったタイプ

仕えた定子サロンでも、漢才を武器に男性貴族たちと対等に渡り合い、宮中生活を謳歌。性格もユニークで、言動でサロンを盛り上げ。随筆『枕草子』も、定子サロンでの宮中ライフの明るい側面を描いた作品です。

紫式部の仕えた彰子サロンは、上品で消極的でお嬢ぞろい。人間関係、難しそ…。

自由を謳歌する清少納言を、自分を偽り生きる紫式部が、妬ましく思っても致し方ないと思われます。

紫式部の宮仕えライフと人生観

紫市式部が、中宮彰子(しょうし)に使えるようなったのは、清少納言が宮廷を去った5年後。藤原道長の目に留まってスカウトされて、女房として宮中入りしたのは30歳のころです。

自分を偽り続けて生きた人生

宮仕えで大出世!と喜ぶことなんて全くなし!とにかく宮仕えが嫌だったことは、初出社して、その後、5カ月、自宅に引きこもった ことが物語っています。

紫式部・宮仕えエピソード

当時、宮中に使えると言っても「女房」は召使
当時、男性に顔を見られる=結婚
 数々の男性と対面する「女房」職は、恥じらいなく、出しゃばりで下品
・夫死去で幼子を抱えシングルマザーに。生活のため、やむをえず、宮中仕えを決意するも
 女房達の目が耐えられず、5カ月引きこもり…
・再出社。バカのフリをしていれば嫌われない!と、気づく自分を偽って生きる人生

あぁ、無常

自分を偽って生きた紫式部。心の支えの母・姉を幼少期に失くし、夫との新婚生活は二年で終わり、シングルマザーとして生きざるを得ませんでした。

自分を押し殺して努力を重ねても、どうしても選べないものや届かないものがある
特に女性にとっては、男尊女卑が激しい不遇な時代。「女性として生きる人生の不条理」を感じずにはいられない
そして、様々な人生が人の数だけあり、険しい現実を生きているのは自分だけでない

中宮・彰子も、政権を我がものにしたかった父・道長のゴリ押しで、12歳という若さで、時の帝・一条天皇の元へ嫁がされた(その後もそこそこ苦労)。
一方で、そんなものとは無縁に見え軽々と飛び越えて自由に生きている人(紫式部)もいる….

人生、あぁ、無常…

そう、達観しても致し方なしです

自分を保つためのはけ口として必要だった『源氏物語』

そして、現実の世界では口に出せない思いを発するけ口として、モノを書くことがどうしても必要だった。こうして、超大作『源氏物語』が紡がれたのです。「自分を維持」するために、どうしても書く必要があったのです。

登場人物500人、その中には、彰子、道長、父・弟・夫など、を模した人たちが多数登場します。そして、物語の中には、紫式部もいます。

ここまでの内容を知っているか、知らないかで、『源氏物語』を読むと、その深さは全く異なるものになるはずです。

2024年中には、過去挫折してきた『源氏物語』を読破したいと思っています。(この機を逃すと、多分、一生読めない!)

最後に

今回は、小迎裕美子さんの『人生はあわれなり 紫式部日記』からの学びの一部を紹介しました。

本書からの学びだけでも、かなり、NHK大河ドラマが面白く楽しめそうです。

ちなみに、ここまでの内容を、もっと詳しく学べるのが、山本淳子さんの『紫式部ひとり語り』。合わせ読むと、より紫式部と言う人物がよくわかります。

紫式部と清少納言を対比させて学びたい方は、以下の本もお勧めです。

ちなみに、【『源氏物語』と『枕草子』 謎解き平安ミステリー】によると、紫式部は『源氏物語』でも、大事なことは「大事なことは(オブラードに包んで)書ききらない」と評しています。紫式部の病的な慎重さを、源氏物語の表現からも味わいたい方は、読んでみてください。