https://smart-investlife.com/202002/crypto-lending/
▼シェア&フォローする▼

LINEの暗号資産取引所BITMAXで、10月7日から暗号資産貸出サービス(レンディングサービス)がスタート!

ユーザは、保有する暗号資産をBITMAXに貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができます。長期投資家にとっては嬉しいサービスです。

また、このサービス開始に合わせて、「暗号資産貸出サービス開始記念キャンペーン第1弾」がスタート。対象期間中の貸借料率が「10%(年率)」で貸し出すことが可能です。

今回は新しく始まった「暗号通貨貸出サービス」と「年利10%!暗号資産貸出サービス開始記念キャンペーン」のポイント・注意点などを紹介します。

私は早速、BITMAXで保有しているビットコインを貸し出しサービスに、ビットコインを貸し出しました。
 
本記事後半で、「デメリット」や「貸出方法」についても紹介するよ。
chami
chami
chami
chami
ビットコイン0.5BTC(貸出可能枠最大) を預けてみたところ、
1日目についた賃借料は当日時価で【155円】。
下図は、7日目分の賃借料ですが、【1143円】の不労所得となりました。
ビットコインが上昇すれば、賃借料も上がる!上がって~

BITMAX 暗号資産貸出サービス 1日目の賃借料

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


BITMAXの暗号通貨貸出サービス

暗号通貨貸出サービスは、ユーザーが保有する暗号資産を「BITMAX」に貸し出すことで、貸し出した数量と期間に応じて貸借料を受け取ることができるサービスです。

BITMAX 暗号資産貸出サービス:特徴

①1日~はじめられる
②申請後最短当日(*1)返還可能
③毎日貸借料が貯まる(*2)

(*1)貸出数量の返還は、最短当日、最長7日以内に実施
(*2)貸出数量の変動が発生したタイミングで貯まっている貸借料の支払いを実行

BITMAX 暗号資産貸出サービス:対応通貨

■対象暗号資産
暗号資産       :貸出可能数量(貸出可能単位)
ビットコイン     :0.01〜0.5BTC(0.01BTC単位)
イーサリアム     :1〜20ETH(1ETH単位)
リップル       :1000〜2万5000XRP(1000XRP単位)
ライトコイン     :1〜50LTC(1LTC単位)
ビットコインキャッシュ:1〜20BCH(1BCH単位)
 
■受付時間
貸出申請期間:当日9:00:00〜翌日8:59:59 
貸出開始時間:翌日12:00:00
 
暗号資産貸出サービス詳細、および、注意事項など 

BITMAXの暗号資産貸出サービスのメリット

過去記事「仮想通貨レンディングサービス徹底比較」で紹介した通り、複数の仮想通貨取引所が暗号資産貸出サービスを行っていますが、従来サービスでは事前に貸出期間(1ヵ月、1年など)を決めて申し込む必要がありました。

しかし、BITMAXでは、ユーザは貸し出している暗号資産を最短当日、最長でも7日以内に返還を受けられる点が最大のメリット。

これにより、暗号資産の価格が変動した際、貸出しを終了して早期に売却することができ、価格変動リスクの低減が期待できます。また、追加貸出や一部返還も可能で柔軟に申請することができるそうです。

BITMAXの暗号資産貸出サービスのデメリット

デメリットは、❶最大貸出数量が小さい点
例えば、ビットコインの場合、最大貸出数量は0.5BTC。1BTC=110万円なら、55万円相当のビットコインしか貸し出しができません。

故、一定量のビットコイン保有者は、
Coincheck
bitbankGMOコインなどの暗号通貨レンディングサービスとの併用が必要になります。

今のところ、通常の貸出率(年利)が明らかになっていない点も不安ですが、最短当日解約もできるので、気に入らなければやめればいい。
chami
chami

暗号資産貸出サービス開始記念キャンペーン第1弾

暗号資産貸出サービスの開始を記念して、10月7日より「暗号資産貸出サービス開始記念キャンペーン第1弾」がスタート。

・キャンペーン期間:10月7日(水)12:00〜10月30日(金)12:00
・対象暗号資産  :BTC/ETH/XRP/LTC/BTC 計5種類

ここでポイントは、貸出期間が2020年10月30日(金)であるということ。仮に最大限貸し出したとしても24日間分の金利ということになります。

貸出で獲得可能な金利シミュレーション

ビットコインを0.5BTCを、3週間(21日間)貸し出すと仮定すると、受け取れる貸借料は以下のようになります。
仮に1BTC=110万円なら55万円相当です。

受け取れる貸借料= 0.5 BTC × 21日 × 10% / 365 =0.00287671 BTC

受取時も1BTC=110万円とした場合、0.00287671 BTC x 110万円 =3,164円

55万円の投資で3週間ほったらかしで3164円の受け取りとなります。直近の値動きではなく中長期保有を考えている人なら是非とも参加しておくべきキャンペーンです。

短期売買をしない人は、是非、暗号資産を貸し出してお小遣いをGetしよう。
 
「第一弾」と言っているので、「第2弾」もあるはずですから!
chami
chami

【重要】本キャンペーンに参加する前の参加でもっと得する方法

今、別キャンペーンで1BTC入庫、或いは10万円以上の暗号資産購入でLINEの暗号通貨がもらえるキャンペーンをやっているので、合わせて対応するともっと得します。

他口座からの1BTC入庫  :15000円相当のLINKプレゼント
10万円以上の暗号資産購入:5000円相当のLINKプレゼント

キャンペーンの詳細は以下の記事をご確認ください。

暗号資産貸出サービスの利用方法

BITMAXに0.5BTC以上の保有があったので、早速、貸出サービスを利用してみました。超簡単です。

1.BITMAXの取引画面下メニューに「貸出」というボタンがあるので、クリック
2.貸し出したい通貨を選び「貸し出す」ボタンをクリック
3.貸出申請する数量を入力し「申請」ボタンをクリック
※途中、サービス利用の規約書などの確認画面などがあります。

最後に

今回は、BITMAXの暗号資産貸出サービス(仮想通貨レンディングサービス)について紹介しました。既にBTCを保有している方は是非、暗号資産貸出サービスのご利用を!

BITMAXは暗号資産の貸し出しに貸出上限があるので、他社サービスと是非、併用ください。以下に各社の違いをまとめているのでご確認を。

手軽に始められる不労所得策

ちなみに、私は、不労所得を増やす策として、融資型クラウドファンディング(レンディングサービス)も実施中。銀行に預けても金利は尽きません。1万円から投資がはじめられるサービスが多いので、まずは、1万円から銀行以外にお金を預ける先を作ってみることをお勧めします。
以下は、融資型&不動産型クラウドファンディングの会社の特徴・金利などをまとめたリストです。

暗号資産のレンディングサービスよりも、
融資型クラウドファンディング=ソーシャルレンディングの方が、リスク/スキルが少なくとも始められます。
chami
chami

LINEの投資サービス

LINEで揃える投資環境
LINE証券
LINE証券口座開設
最大2100円の株の購入代金もらえる
LINEポイント利用の投資も可能
LINE-FX
LINE証券
口座開設&1取引で3000円もらえる
BITMAX
LINEの仮想通貨取引所
LINEの暗号資産LINKがもらえる

上記の通り、LINE証券のキャンペーンLINE-FXのキャンペーンも実施していますが、確実に手堅くリターンを得たいなら、こちらの方が楽です(仮想通貨は取引手数料が大きいため)

なお、FXの口座開設キャンペーンについては、以下に現金3000円をGetするまでの流れを詳細解説しているので、是非、ご確認を。
暗号通貨取引と異なり、FXならスプレッド(実質的な手数料)は大きくありません。条件クリアに必要な取引スプレッドはドル円1万通貨取引で20円程度で済みます。

\すぐにLINE FX ページで確認/
LINE FX キャンペーン申込公式ページ