【書評】実験思考(光本勇介 著)(★5)
▼シェア&フォローする▼

目の前のアイテムを一瞬でキャッシュ(現金)に変えられるアプリ「CASH」。リリース2カ月でDMMによる70億円もの買収が発表され、世の中を驚かせました。

created by Rinker
¥421 (2019/06/26 22:06:55時点 Amazon調べ-詳細)

今回紹介の著書「実験思考」の著者が、このCASHを生み出したバンク代表取締役兼CEO光本勇介さん。

次から次へと狂ったビジネスを立ち上げる天才起業家として知られていますが、ぽんぽんとアイデアがあふれ出る光本さんの頭の中はどうなっているのか?

光本さんの行動の原動力と、日ごろどのように思考し、次々と新しいサービスを生み出しているのか垣間見れる一冊で、読んでいるとワクワクする本です。

光本さんのような思考をお持ちの方が日本に増えると、これからの将来がもっと明るく楽しくなりそうと思えます。実は、この本の出版自身も大きな実験の一環だったりと、楽しまされること然りです。オススメの一冊です!

実験思考

現代は、「先が見えない時代」「大変革の時代」などと言われます。チャレンジ・失敗を恐れて生きている人にとっては恐怖の時代でしかありません。

しかし、著者光本さんは「実験思考」。これまでの一般的なビジネス思考では狂っていると思えるサービスを世に出し、世の中に変えていくことに最大の喜びを感じていらっしゃいます。

では、CASHはどのように生まれたのでしょうか?

CASHの誕生

結局、世の中は「経済」で成り立ち、「お金」で動いています。お金を稼がないと何もできないし、お金は絶対的に必要なものです。一方で、仮想通貨や電子マネーなど「お金」の概念が劇的は直近大きく変わってきています。

そんな中、「お金」をテーマにしたビジネスに着目。業界のアップデートが非常に遅れてる「消費者金融」に目をつけます。

そして生まれたのが、現金化アプリ「CASH」でした。

お金は早く払うだけで喜んでもらえる

「消費者金融」に着目するキッカケの一つがメルカリだったといいます。

メルカリの平均単価は3000~4000円。この額を稼ぐためだけに、約8000万人がものすごくめんどくさいことをしています。しかも、すぐにお金が受け取れるわけでもありません。

そこから発想を得たのが、すぐに現金を渡すような仕組みが作れないか?

100万円、1億円といった高額な資金需要がある一方、1万円、2万円といった少額の資金需要があることに着目。即現金化してくれるなら、少し換金率が悪くてもサービスを利用したいという大きなニーズが転がっていました。

そこで、現金化したいもののブランドや商品ジャンルを選択肢、写真を撮ると査定額が表示され、その額でOKな場合、その金額が瞬時にアプリにチャージされるCASHを作ったのです。

性善説に基づくサービス

ただ、このサービスには、一般的なビジネス思考だと大きな問題があります。
CASHは、その場ですぐに査定→入金チャージをしてくれるアプリです。実際の後日、差し入れてもらうことが前提です。つまり、お金だけ受け取ってバックレるということもできてしまうのです。

ここに、光本さんの一つの実験がありました。「性善説」、つまり人を信用することが前提のサービスでビジネスは成り立つのかという問題です。

しかし、実際にサービスを実施した結果、人間は意外と信用できるとわかったそうです。

持ち逃げするような悪い人はほんの一部で、ほとんどの人は信用できる。バックレる5人にかかるコストに対し、残りの95人から得られる利益が上回るなら、性善説に基づくサービスもありなんじゃないの、と。

そして、光本さんはこうまとめます。

起業家としてビジネスを成功させたいのは当然ですが、ただそれ以上に、実験かとしてアイデアや仮説を世に問うことで人間を知ることができる。こんなに面白いことはないと思うのです。サービスを通じて「人間の本質」が見えたのです。

実験思考で手に入れられること

上記のように、光本さんの手掛ける実験思考で考えられたサービスには、常に新たは発見があり、それが楽しくてやめられないとおっしゃいます。

実験思考が身につくと、世の中に課題があればあるほど、楽しくなります。不便なこと、めんどくさいことが、ぼくにとっては「宝物」になり、世界が180度違って見えてきます。しかも、すべての失敗が貴重なデータになっていくので、失敗という概念すらなくなります。
お金は使えば使うほど、新しい世界が見えてきます。新しい体験ができて、それによって自分が成長します。結果的にパワーアップするから、稼ぐ能力がもっとついて、さらにお金が増えるのです。

最後に

光本さんのように、斬新な切り口で世の中を変えていく方は魅力的ですね。

本書の中には、どのように日々アイデアを生み出しているのか、今、面白そうだなと思っているサービスなどが惜しげもなく披露されています。読んでいると、なるほど、それは面白い!と思えると同時に、これからの世の中がますます便利に楽しくなりそうだなという元気すら与えられます。

また、世の中を変えてく方々は、今そしてこれからの時代をどのようにとらえているかがわかり参考になります。

一方で、「今後ますます、多くの人は、AIや新たな技術を用いたサービスを前にどんどん思考停止してく」という気になる発言も。確かに納得させられる内容で、ちょっとどきっとさせられました。

いろいろな気づきがある本です。是非、手に取って、起業家の頭の中を覗いてみてください。オススメです。

created by Rinker
¥421 (2019/06/26 22:06:55時点 Amazon調べ-詳細)