将来に不安を感じ、資格を取りたいと考えている人は多いでしょう。その一方、自分には資格勉強をする時間などない…と、諦めている人が大半なのではないでしょうか?

しかし、本当に勉強する時間が確保できないのでしょうか?それは自分の言い訳だったりしませんか?

本書は、働きながら、会計士試験と司法試験を独学で一発合格した弁護士である佐藤氏が、合格のためのテクニックを紹介した本です。お金をかけずに自己流で勉強するのも一つの方法です。しかし、ビジネスマンにとって最も大事なのは「時間」です。本書1冊分の投資で、時間というコストを軽減するテクニックが学べるでしょう。

目標は100点ではない。合格ラインの少し上

資格試験の場合、まじめに1ページ目から勉強をしても、残念ながら合格には直結しません。
特にビジネスマンの場合、勉強できる時間は限られています。だからこそ、いかに短時間で効率的に勉強をするかがキーになりなります。

そのために大事なことは、「過去問」を徹底的に繰り返すこと。以下のようにすることで、どんどん、わからないものだけ、何度もトライすることができ、身についていきます。

ノートを作るのは無駄

見直すためにノートを作るという人がいますが、ノートづくりは究極の無駄。見直すならもう一度本を開いた方がいい。自分が作ったノートより、専門家がまとめたテキストの方がきれいにまとまっています。

資格取得・自己啓発に役立つ本

資格取得に関する本、勉強・記憶に関する本は多数あります。以下に、私が過去に読んで満足度の高かった本を紹介します。
今回紹介した本より参考になる点が多いです。

コメントを残す