米国に旅行・出張で行く場合、旅慣れていない方にとって、現金(米ドル)をいくら用意すればいいかは大きな心配事ですよね。

私、先日、米国へ10日間の出張に行ってきたのですが、その間、現金払いをしたのはわずか1回!

なぜなら、米国では、ホテル代、タクシー代、食事はもちろんのこと、小さなお店で水1本買うのですら、すべてクレジットカードで支払えてしまうからです。

今回は、米国でのお支払い事情について、書いてみたいと思います。

米国はキャッシュレス社会、基本、現金は不要

クレジットカード大国、アメリカ。

キャッシュレス化後進国の日本では考えられないほど、キャッシュレス化が進んでいます。スーパーやコンビニでの支払い、数ドルの電車の支払いまで、なんでもクレジットカード決済が可能です。

例えば、コンビニ。小さな町のぱっとしないコンビニ、都市と都市の間のひなびたドライブインだってクレジットカード決済が可能です。

キャッシュレス後進国 日本では考えられないほど、クレジットカード決済が進んでいるのです。

コンビニ・スーパーでのクレカ決済の流れ

水やコーヒー、スイーツなど商品を持ってレジに行くと、まずは、店員さんがポスレジしたしてくれます。レジ前のわかりやすい場所にクレジットカード決済端末があるので、そこに自分でクレジットカードを差し込み、4桁の暗証番号を入力し、決済します。

いくつかのコンビニで買い物をしてみましたが、店によっては暗証番号の入力すら不要でした。

米国内で現金が必要だったのはチップ

上述の通り、米国ではどこでもクレジットカードで支払いが可能なので、現金でないと対応できなかったのは、基本的にチップのみでした。

・ホテルの部屋清掃のチップ代
・ホテルで荷物を運んでもらった時のチップ代
・現地ツアー利用時の案内人へのチップ代

チップ払い用に1ドル紙幣だけは多めに用意しておきましょう

結局、1週間~の米国旅行・出張にいくら現金を用意すればいい?

人によってお金の使い方は違いますが、基本的にクレジットカード払いを前提とするなら、1万円分の必要ありません。万一、クレジットカードが使えないことも考慮しても、現金2万円も用意すれば十分でしょう。

そもそも、現金払いは損をする。クレジットカード決済の利点

現金払いは、為替交換手数料など、いろんな面で損をします。
一方、クレカ決済には以下の通り、いろいろとメリットがあります。

渡航前
1.現金両替にかかる高い手数料を削減できる
 (特に、空港での円→ドル両替はレートが悪く損します)

米国で
2. 金額が聞き取れなくても決済可能
3. レジ前で不慣れな現金を取り出すのに戸惑うことがない
4. 小銭が増えない(金額を聞き取れないと、札で支払うため小銭が溜まりがち)

帰国時
5. 余ったドルを再び円に両替する必要がない(往復両替だとさらに損する)
6. 渡航中の支払い履歴がすべてカード明細に残る
7. クレジットカードポイントがつく

上記の通り、クレジットカード払いの利点は非常に多いです。必要以上にレートの悪いドル両替で損しないようにしましょう。

クレジットカード “複数枚持参” は必須

ほとんど現金払いが不要なキャッシュレス先進国 米国。
現金はほとんど必要ありませんが、クレジットカード1枚で海外に行くのは危険です。理由は磁気不良などがあり得るからです。

支払ができないと異国の地で途方に暮れることになりますので、万一に備え、複数枚のクレジットカードを必ず持っていきましょう。

1枚しかクレカを持っていない人は、年会費無料カードを用意しよう

1枚しかクレジットカードを持っていない方は、年会費無料でポイントもたまりやすい高還元率カードを準備しましょう。
オススメの年会費無料&高還元率クレジットカードは以下です。

リクルートカード:還元率1.2%、pontaポイント
年会費無料のクレジットカードの中で最も還元率が高いのがリクルートカード(還元率1.2%)。カード利用でたまるリクルートポイントはPontaポイントに変換できます。nanacoチャージでもポイントが貯まるので、ポイント二重取りも可能です。
詳細:リクルートカード
楽天カード:還元率1.0%、楽天ポイント
年会費無料ながら還元率1.0%でポイントが貯まりやすいカードです。ポイントは楽天市場の買い物やTOHOシネマの支払いで利用しています。
詳細:楽天カード
Yahoo Japan カード:還元率1.0%、Tポイント
楽天カード同様、還元率1.0%でポイントが貯まりやすいカードで、Tポイントがたまります。貯まったポイントは、ファミリーマートでのショッピングか、ソフトバンクの支払いに充てています。
詳細:Yahooカード

その他:海外でのカード利用事情

その他、海外での支払いではいろいろと不安があります。
私もいろいろと不安な思いをしました。
その体験を含めて、注意点をまとめていますので、是非、参考にしてください。

 成田空港でのユーロ両替、あまりに高い!
 旅先での現地通貨引き出しをお得に

 【体験】クレジットカードが渡航日当日、磁気不良であることがわかって焦る
 海外で使えないかも!メインの支払いカードをJCBにしているときのリスク
 海外旅行で限度枠が心配な時の限度額増額方法
 旅行中にユーロ高。現金払い・クレカ払い、どちらが得?どう判断する?

 憧れの空港ラウンジパスが破格年会費で手に入るクレジットカード

コメントを残す