マネックス証券でdカード積立がはじまる。マネックスカード積立との比較。ロスなく切り替えるには?

マネックス証券でのクレカ積立といえば「マネックスカード」を利用する必要がありましたが、7月5日より、新たに「dカード」でのクレカ積立が始まりました。

実際の買い付けは2024年8月分からとなりますが、受付が始まっています。

[スポンサーリンク]

おすすめ読み放題:ビジネス書 自己啓発  お金・投資マネー本  小説

マネックス証券:dカード積立サービスの概要

対象カードdカード、dカードGOLD
積立単位1,000円以上、1円単位
積立上限額毎月10万円以下
対象口座特定口座、一般口座、NISA口座(成長投資枠・つみたて投資枠)
ポイント還元率通常最大1.1% キャンペーン中は最大5%)

マネックス証券✕dカード:開始記念キャンペーン

❶dカードGOLDでdカード積立

2024年7月5日から、dカードGOLDを利用して月3万円以上のショッピングを行うと、NISA口座でのクレカ積立の還元率が最大5%になります。

■特典:最大15,,000ポイント
■期間:2024年7月5日~
■要件:❶初回買付月の月末までにドコモのウェブサイトからエントリー
    ❷dカードGOLDで毎月積立
    ❸毎月3万円以上のお買い物

❷マネックス証券口座開設

マネックス証券にこれから口座を開設する場合は、口座開設特典があります。

マネックス証券の口座開設で、最大4,000ポイント
 内訳
 ・口座開設とdポイントクラブ会員情報登録で1,000ポイント
 ・証券総合取引口座へ10,000円以上の入金で1,000ポイント
 ・NISA口座開設完了で2,000ポイント

❶❷のキャンペーンを合計すると、合計最大 19,000ポイント が獲得できることになります。

マネックス証券

【比較】dカード VS マネックスカード

私は従来より、「マネックスカード」でクレカ積立を行っています。また、年会費無料のdカードは保有しています。
今回、dカードが使えるようになるに当たって、切り替えた方がいいのでしょうか?

以下では、最初の特別特典を除いた通常特典で考えてみます。

dカードとマネックスカードのクレカ積立を比較すした場合、NISA口座を開設し、dカードGOLDをメインカードにして利用している方には大きなメリットがあります。

以下は、毎月上限の10万円を積立投資する場合、年間で得られるポイントの結果です。

例えば、は以下の通りです。


dカード/dカードGOLD(非NISA)
マネックスカード
毎月730ポイント✕12カ月=8,760ポイント

dカードGOLD(NISA口座開設)
毎月1,200ポイント✕12カ月=13,200ポイント

❶と❷の差額は年間4,440円相当

ただし、dカードGOLDは年会費11,000円が必要です。よって、既にdカードGOLDを持っている方、ドコモ契約者など、ゴールドカードを契約しても十分なメリットがある方は別として、利用する場合は、慎重に検討する必要があります。

ロスなくマネックスカード⇒dカードへのクレカ積立に切り替えるには

マネックスカードからdカードへの積立変更は、2024年7月10日(水)の8時30分~23時までに手続きを完了する必要があります。

具体的には、
❶まずマネックスカードによる積立契約を全削除
❷新たにクレカ積立を申し込む際にカード変更
という手続きが必要です。

また、ロスなくスムーズに切り替えるには、【7月10日 8:30~23時】という極めて限定的な期間内での手続きが必要です。

最後に

今回は、マネックス証券でdカード積立開始を受けて、マネックスカード積立とのお得度を比較してみました。

私はドコモユーザではありません。また、dカードGOLDは保有していませんし、現時点でのdカードGOLD契約予定はありません。引き続き、マネックスカードで積立を継続します。

なお、マネックス証券に口座をお持ちでないかたは、この機会に口座開設特典をもらっておくメリットはあるかと。

私は、マネックス証券で貯めたポイントは、dポイント増量キャンペーンを利用して、増量して利用&現金化しています。以下の記事も合わせてチェックしてみてください。