▼シェア&フォローする▼

人気ブロックチェーンゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」が11月4日、分散型取引所 DEX「Katana」をローンチ。同時に、Roninチェーンの独自トークンRONの発行も始めました。

AXSは2021年前期に最も成功したGamiFi銘柄。大暴騰により、2021年11月11日現在、時価総額ランキング24位まで上り詰めたトークンです。「Play-to-Earn(遊んで稼ぐ)」という、ゲームしながら仮想通貨収入を得る仕組みにより、急速に人気化。他のGamiFi銘柄もこの後を追っています。

Katenaは、Axie Infinity独自のイーサリアムサイドチェーンであるRoninチェーン上のDEXです。
今回は、この DEX「Katana」の利用のメリットに加え、利用に必要なウォレット「Ronin Wallet の設定方法」について紹介します。

\ふるさと納税で高還元!/

さらに還元率を+3%UPする方法

RoninチェーンのDEX「Katena」

RoninチェーンのDEX「Katena」

Axie Infinityが、Katenaをローンチした大きな理由は、「ユーザのコスト軽減」と「エコシステムの形成」。潤沢な資金をよりより有効に活用し、ユーザとAxie共にWin-Winの関係を作ろうとしています。

DEX「Katena」がもたらすメリット

例えば、これまでプレイヤーが抱えていた問題は、Play to Earnで稼いだトークンの資金化には手間とコストがかかっていました。具体的にはBinanceなどに送金しないと資金化ができませんでした。しかし、DEX Katenaの登場により、ユーザは手数料や手間が削減でき、Axieはエコシステム内からのトークン流出を防ぎ、トークンの流動性を高めることができます。

取扱通貨(ローンチ時点)

Katanaでローンチ時点で取り扱われるトークンは以下の通り。

・AXS(アクシーインフィニティ・シャード)
・SLP(スムース・ラブ・ポーション)
・WETH(ラップド・イーサリアム)
・USDC(USDコイン)

AXSとSLPは、Axie Infinityの固有のトークン。AXSはガバナンストークン、SLPはプレイヤーがゲーム内でバトルに勝利した際に入手できるトークンです。
AXSは2021年前期に最も成功したGamiFi銘柄。下図のチャートの通り、大暴騰により、2021年11月11日現在、時価総額ランキング24位まで上り詰めました。

Roninチェーンの独自トークンRON

Katenaと同時に発表されたのが、Roninブロックチェーンのエコシステムで使われる独自トークン「RONです。
Roninは、Axie Infinity用のイーサリアム・サイドチェーンで、分散型取引所Katanaもこの上に構築されています。

Roninチェーンの基軸通貨 RON

このエコシステム内で使われるRONトークンは、現在、価格はありません。しかし、将来的に、Roninネットワーク上の取引手数料の支払いに用のトークンとして、さらに、今後、Roninチェーンに構築されるゲームや製品の安全性を確保するためにも使用されることになっています。

つまり、RONはこのエコシステム内の基軸通貨となるべく、RONの普及が進められていくことになります。

KatanaでファーミングでRONが獲得可能

KatanaでのステーキングやファーミングでRONが獲得可能

Katenaは通常のDEXが持つような以下の機能を持っています。

Katenaでできること

❶SWAP(資金交換)
❷Pool(ファーミングやステーキングによる流動性提供)

現在、❷ではAXS/ETHとSLP/ETHの2つのプールが用意されています。LPトークンを預けて、取引所に流動性を提供することで、RONが獲得できます。RONの総供給量の10%が、今後90日間に渡って、2つのプールへの流動性提供者に配布されるので、早く始めると、その分、たくさんのRONが獲得できます。

なお、例えばLPトークンを作る場合等、通常、手数料がかかりますが、現在は、1日あたり100回まで無料でRonin上の取引が可能です。
この無料期間が終ると、今後はRONを手数料として使用するような仕組みに移行されていくことになるので、今のうちにRONを貯めておくと、後々、有利になります。

Ronin Walletの設定方法

私は、過去、ETH, BSC以降のチェーンの基軸通貨投資に失敗…具体的には、2021年春、各チェーンの親玉通貨(SOL, AVAX, FTM など)の通貨は既に高騰しているからと2番手、3番手通貨に投資したところ、その後、圧倒的に価格を伸ばしたのが、基軸となる通貨だったという経験を持っています。

故、現時点では無価値ですが、RoninチェーンのRONを今のうちから、獲得しておきたいと考え、まず必要となるRonin Walletを設定(インストール)しました。
設定は簡単です。メタマスクと同じく、chromeにインストールします。

Ronin Walletの設定の流れ

❶DEX Katanaにアクセスし、右上メニュー「Connect Ronin Wallet」をクリックします。

❷以下のポップアップメニューが表示されるので、使用ブラウザを選択します。
 以下、説明はChromeにインストール場合の説明になります。

❸「Chromeに追加」をクリックします。

❹「拡張機能を追加」をクリックします。

❺今後の利用のために、「ピン留」設定をしてくと、ブラウザから簡単にKatenaにアクセスできます。下図は、ピン留をクリックしてウォレットにアクセスした図です。
「Get Started」をクリックします。

❻初めてインストールする場合は「I’ new. Let’s get set up!」をクリックします。

❼パスワードを入力し、「I made a secure password」をクリックします。

❽Recovery Phrase(12ワード)が表示されるので、紙などに書き留めます。
書き留めたら、「Confirm Seed Pharase」をクリックします。

【重要】Recovery Phraseは大切に保管を!

この情報をなくすと、万一の時、リカバリーができなくなります。また、この情報を人に知られると、資産を抜き去られる可能性があります。
人に見せないように、絶対に安全な場所に保管してください。

❾Recover Phraseの確認が求められます。指定された番号の単語を入力し、「Continue」をクリックします。

❿以上で、ウォレットの設定は完了です。再び、ウォレットにアクセスすると、以下のようにウォレットの資産状況が確認できます。

⓬このウォレットに、binanceなどから Katanaで取扱がある、$AXS・$SLP・$WETH・$USDCなどを送金すれば、Roninチェーンでの運用ができるようになります。

最後に

今回は、Axie Infinityの独自DEX Katena(カタナ) の特徴、および、これを使うに当たって必要となる、Ronin Walletの設定方法を解説しました。
Ronin WalletはRoninチェーンで必要になるウォレットですので、まずは、設定を済ませておきましょう!

実際に、Katenaで流動性を提供する方法については、紹介予定でしたが、binanceからRoninネットワークへのAXS送金が止まっていて中断中です…

皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、 Twitterフォロー RSS(feedly)登録をしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。