▼シェア&フォローする▼

Amazonサイトで商品代金記載誤りで、あり得ないほど安い価格で販売されていたら… あなたはどうしますか?

先日、7月12日にSNSでAmazonのWebサイトで、上記画像のプロテインが代金誤記&+100%還元で販売されているとの発言を発見。
注文してみたらどうなるだろう?とオーダーしてみたところ、代金0円(100%還元)で商品が届きました!

直近のニュースでは、先日の米国Amazonプラムデーでは、140万円のカメラが1万円で販売。実際に1万円で商品が届いたとの報告が上がっています。

私Chamiの場合、どんな誤記があったのか?発送されるまでを詳細報告します。

\通常無料お試し30日間⇒【90日間】に延長する裏技公開/

Amazonのデータ表記ミス。キャンセルされずに商品届く

どんなサイト記載ミスがあったか

私が頼んだのは、以下の商品。サイトには以下のように表記されていました。

DNS/ホエイプロテインSP/ヨーグルト/34g
販売: Amazon Japan G.K.
代金:¥ 7,560
還元率:100%

左図:実際のAmazonサイトでのオーダー画面(右サイドバー)と、オーダー完了後(7月22日時点)での注文履歴です。

注文時画面
領収書情報

上記オーダーには以下の2つの間違いがありました。
・34g入りのプロテインの価格は300円のはずが7,560円
・オーダー情報の情報には、配送料650円とあるのに、記載なし
・100%還元、つまりタダ

なお、本商品ページを次の日に見てみたら、同じ販売はなくなっていました。

商品は届いたか。代金の支払いはどうなったか

商品がタダで届く保証はありませんでしたが、100%還元の記載がありながら金額請求がされるようなら、オーダー時の情報と違うので「キャンセル」の申し出をさせて頂こうと思っていました。

でもそんな心配は不要でした。

代金は、一旦、登録済みアマゾンギフト券の残金から差し引かれましたが、その後、+100%還元で同額がAmazonポイントとして入金されました

次回、お得な100%還元誤表記を見つけたら、迷わず、オーダーすることにします♪

米報告:140万円のカメラレンズが1万円で販売。キャンセルなしで配送

先日7月15,16日に開催されたAmazon大感謝祭プライムデー。米国でも日本同様、プラムデーが開催されました。

Amazonが誤って140万円のカメラレンズを1万円で販売、キャンセルなしで実際に配送が行われる
2019年07月18日 12時30分
サイト:gigazine.net
 
Amazonのプライム会員大感謝祭「Amazon Prime Day」(プライムデー)で1万3000ドル(約140万円)以上のカメラアイテムを誤って100ドル(約1万円)として表示してしまうというハプニングが発生し、これに気づいた人たちが一斉に製品に飛びつきました。Amazonはこのミスに対してキャンセルで対応すると思いきや、「実際に製品が届き始めた」という驚きの報告が上がっています。

(略)

Amazonでカメラが激安価格になっているという事実は、ソニーのミラーレス一眼「α6000」と16-50mmレンズのセットが94.50ドル(約1万180円)で売られていることに気づいたユーザーが、Slickdeals.netというウェブサイト上で情報を共有したことによって広まっていきました。この時、カメラが1万円前後になっていることをAmazon上で確認できたユーザーもいれば、カメラの価格が通常通り550ドル(約5万9000円)と表示されているユーザーもいたそうです。激安価格になっているカメラはAmazonマーケットプレイスでサードパーティーにより販売されているものではなく、Amazon公式のショップが販売するものだったとのこと。

Amazon公式ショップの販売の場合は、オーダー取消などにかかるコストなどを考えて、許容できる損失額の場合は受けているような印象を受けます。

過去にAmazonに返品したときの話

私は過去に、Amazonから買った承認に動作不良があり、電話で返品を申し出たら、実にあっさりと返品に応じてもらえたことがあります。
返品するからには、現在の不良状況をつぶさにヒアリングされ、返品後の商品受領から返金まで手間がかかることを覚悟でAmazonに電話したのですが、簡単な説明をしただけで実にあっさり返品に応じてくれて拍子抜けした経験があります。

商品に問題があったら、Amazonへの返品ををしましょう!

Amazonのカスタマーサポート戦略恐るべし

Amazonってやっぱり、なんだかんだいっても便利なんです。
品揃えは豊富だし、安いし、配送は早いし、カスタマーサポートも安心できるし…

私は返品の一件で、すっかりAmazonファンになってしまいました。
自分たちのミスを、しっかりチャンスにつなげていく。

やっぱりすごいね。Amazon