つみたてNISAのスゴい3つのメリット~積立投資シミュレーションを例にやさしく解説
▼シェア&フォローする▼

2018年1月からスタートした「つみたてNISA(積立NISA)」

投資初心者でも優しく始められる制度設計になっているため、投資の熟練者だけでなく、これから投資デビューという方にもオススメの制度です。ブログ管理人のChamiも最もメリットが大きいNISAとしてつみたてNISAを利用し運用しています。

NISA制度の基礎を押さえながら、つみたてNISA(積立NISA)のメリットについてみていきましょう。


楽天ふるさと納税もポイントUP対象
コスパランキング: 🍚お米 🥩牛肉・豚肉 🍗鶏肉 🍺ビール

NISAの3つの種類

NISAには「つみたてNISA」「一般NISA」「ジュニアNISA」の3つがあります。
3つの制度のポイントを簡潔にまとめたのが以下の表です。

種類つみたてNISANISAジュニアNISA
利用可能者日本在住で20才以上日本在住で20才以上日本在住で19才まで
運用管理者本人本人親権者
非課税期間最長20年最長5年最長5年
投資期間2037年まで2023年まで2023年まで
年間投資可能額40万円120万円80万円
最大投資可能額800万円600万円400万円
非課税対象商品つみたてNISA指定
投信・ETF
上場株式・投信・ETF上場株式・投信・ETF
引き出し制限なしなし原則18才までNG

つみたてNISA(積立NISA)の3つのメリット

上記表の中で、20才以上の大人が利用できるのは「つみたてNISA」と「一般NISA」。
つみたてNISAはその名の通り、長期資産形成を目指して、毎月の積立投資を支援する国の制度で、初心者でも投資デビューできるように様々な配慮がされています。

①最低100円からの少額投資で長期資産形成を実現

つみたてNISA(積立NISA)の第一のメリットは、とにかく投資が始めやすいように少額投資が可能なこと

まとまったお金がなくても、毎月最低100円からの少額投資が可能で、これがまさに投資初心者でも投資を始めやすいと言われる所以です。
※同じく非課税制度のiDeCoの最低投資額は5000円~です。

毎年最大40万円の投資枠×非課税期間20年間であるため、12ヵ月で割り算すれば毎月約3.3万円の積立投資が可能。20年で最大800万円まで投資ができます。

つみたてNISA(積立NISA)

②買うタイミングに悩まない

投資の大原則は、「安い時に買って、高い時に売る」。

一見簡単そうに見えますが、実はこれがとてもとても難しい!理由は人には感情があり、安い時は総悲観モードでとても投資する気分になれませんし、高い時はみんながイケイケドンドンな雰囲気が漂い、私も早く投資しなくては!という気分になるからです。

しかし、つみたてNISA(積立NISA)なら、一度設定してしまえば、日々の値動きを気にすることなく、毎月コツコツ買い進めることが可能。ドル・コスト平均法という方法で、毎月淡々と積み立てることで、1年後、3年後口座を久しぶりに見てみたら、資産が増えていた!という喜びを味わうことができます。

つみたてNISA(積立NISA)なら投資商品選びに迷わない

③金融庁の厳しい要件をクリアした厳選商品に簡単投資できる

投資を始めようとして、初心者が真っ先に困るのが、結局、何に投資したらいいのかわからないこと。投資信託だけでも数千本もあるため、投資用語・投資基準もない初心者にとってはハードルが高いと言えます。

しかし、みたてNISA(積立NISA)で投資できる投資信託は、金融庁による厳しい要件をクリアした金融商品に限定。つまり、コストなどにも配慮し、投資をするのにオススメだよという中から選べるのです。

非課税、かつ、投資コストも安いというと最高の環境が揃っています。

つみたてNISA(積立NISA)なら商品選びで迷わない

つみたてNISA:利益差シミュレーション

さあ、それではつみたてNISAのメリットを一般的な投資と比較しシミュレーション知ってみましょう。

単年度の場合は…

仮に、40万円で投資した1年分のファンドが、最大運用期間20年間で倍の80万円になったとします。
通常の株式投資の場合、税率は20.315%(=所得税+住民税+復興特別所得税)。結果、利益は目減りしてしまいます。しかし、NISAであれば400,000万円がまるまる手元に残ります!

通常取引の利益の場合
税金     :40万円×20.315%
        =81,260円
手元に残る利益:318,740円
つみたてNISAの利益の場合
税金     :0円
手元に残る利益:400,000円!
手元に残る資産に大きな差!

20年間、つみたてNISAを継続すると…

上記の利益が仮に、20年間続いたとすると、以下の通り驚くべき利益差が出ます。

つみたてNISAで20年で株価が買値の2倍になったときの利益差

①投資元本=40万円×20年=800万円
②投資利益=40万円×20年=800万円
③20年で形成された資産①+②=計1600万円の資産!

④優遇税制額=手元に残る利益の差=81,260×20年=1,625,200円

上記はあくまで仮説シミュレーションですが、売却時に株価が高くなっていれば、これだけの効果を秘めているということです。

もし、リーマンショック級の下落相場が来たら

もし、リーマンショック級の下落相場がきたら、つみたてNISAはやめた方がよいのでしょうか?

絶対にやめてはいけません。それこそ、最も損するパターンです。大きな下落が来てもつみたてNISAをやめてはいけません。

つみたてNISAのような積立投資の場合は、投資の途中で相場が下落してしまっても、その後、投資期間がまだまだ残っていれば大丈夫。相場下落時は、毎月定額積立を継続すれば、いつもよりたくさんの口数が買えるので、その後、値上がりすれば値上がり益が大きくなります。

大事なのは、出口戦略。値上がりしたところで売却すれば、一本調子で上昇したときより、利益が大きくなります!

つみたてNISA おすすめ金融機関

楽天証券
楽天証券 つみたてNISA

SBI証券
SBI証券 つみたてNISA

マネックス証券
マネックス証券 つみたてNISA

※マネックス証券調べ、2022年3月1日現在
※主要ネット証券(auカブコム証券、SBI証券、松井証券、楽天証券、マネックス証券)の比較
※ スタンダードカードでの比較(ゴールド、プラチナは除く)

マネックス証券:NISAキャンペーン(3/31まで)

只今、マネックス証券では「500ポイントがもらえる!NISAで投信積立デビューキャンペーン」が開催中です。

キャンペーン期間中に、NISA口座で投資信託を1万円以上、積立買付を開始すると500ポイントがもらえます。
マネックス証券なら、クレカ積立で1.1%のポイントがつく点も魅力です。積立で確実にもらえる1.1%のポイントは投資信託の購入代金としても利用でき、実質的な投資利回りのUPにつながります。

口座選びの検討材料の一つにしてはいかがでしょうか。

▼シェア&フォローする▼
🟥【まもなく終了】キャンペーン【Amazon】【楽天】
ブログ管理人:Chami(チャミ)
好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、長期投資家。
積立投資を軸に、株/FX/CFD/仮想通貨なども売買。税・節約なども意識し、資産を増やす方法を探求中。
【趣味】  読書ジムサウナ旅行
【モットー】脳が喜ぶ生き方。毎日が自由で幸せ。生きていることに感謝!
 
chami(チャミ)Chami(チャミ)をfollow:    

コメントを残す