R1ヨーグルトはヨーグルトメーカー手作りでいくら安くなる?失敗しない作り方、オススメヨーグルトメーカーを紹介 2019年
▼シェア&フォローする▼

今、最もCMで見かけ、人気No1と言われるヨーグルトは「R1ヨーグルト」
美容効果はもちろんのこと、免疫力を高めることでインフルエンザ・風邪予防、さらにガン予防まで様々な効果があると人気のヨーグルトです。店頭ではドリンクタイプの箱買い品もよく見かけます。

しかし、乳酸菌は毎日食べないとその効果が期待できません。
一方で、R1ヨーグルトは希望小売価格税別126円(税込136円)とお高め。
一人が毎日食べるだけでも、定価購入では税込4,082円/月がかかってしまい、家計には大きな負担。
ちなみに、手軽に飲める【箱買い】R-1 ドリンクタイプ 【112ml×24本】は3240円です。

だから私は、自宅でR1ヨーグルト×ヨーグルトメーカーで手作り自家培養しています。ヨーグルトメーカーを選べば、ドリンク用も家庭で手作りが可能です。

今回は
・ヨーグルトメーカーでの節約効果
・オススメのヨーグルトメーカー
・ふるさと納税でもらえるヨーグルトメーカー
・失敗しない自家製ヨーグルトづくり

など、私の経験を紹介します!

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

「R1ヨーグルト」1個を毎日食べた場合の家計への負担は?

「強さ引き出す乳酸菌 1073R-1乳酸菌」

CMでも耳にする1073R-1乳酸菌。メーカーである明治が乳酸菌で選び抜いたブルアリア菌です。
最近は低脂肪タイプ、砂糖0タイプ、フルーツ入り、飲むヨーグルトなど、バリエーションもたくさん増えていますね。

種類いろいろ、明治R1ヨーグルト

さて、これらヨーグルトですが、ただ、腸内環境を改善したくても、乳酸菌は弱いため、週に数回食べても意味が効果は得られません。毎日食べてなければ腸内は改善されません。

しかし、R1ヨーグルトを毎日食べるとなると、気になるのはその費用。

1ヵ月30日間、毎日食べるとすると、定価購入の場合、ヨーグルト代は
一人分で 126円×1.08×30日=4,082円
家族4人なら、1ヵ月で16,328円。1年間で198,676円!
(税込)

家族全員分となると、ヨーグルトだけでびっくりな費用となりますね。この費用を押さえてくれるのが、2000円から購入できるヨーグルトメーカー!です。

自家培養は超簡単。R1ヨーグルトを43度×8時間で発酵

ヨーグルトのヨーグルトメーカーによる手作り培養方法はとっても簡単。市販の牛乳1リットル※にR1ヨーグルトを1パック入れてかき混ぜ、通常のヨーグルトよりも若干高い43度で8時間発酵させるだけ。固まったら、冷蔵庫に入れて冷やしましょう。培養前の市販ヨーグルトと変わらない、おいしいヨーグルトができあがります。
※R1ヨーグルトを入れる分だけ、最初にとりわけ別の用途にお使いください

いろんなサイトを見ると、スプーンは熱湯消毒しましょうなど、いろいろ面倒なことが書いてありませんが、私は面倒なことは一切しません。面倒だと長く継続できないからです。消毒など気にしなくても固まりますよ
※別途、後半で注意点を説明します。

R1ヨーグルトはヨーグルトメーカーで自家培養すれば安上がり
R1ヨーグルトはヨーグルトメーカーで自家培養。牛乳パック式なら手間いらず

最初にヨーグルトメーカーに数千円の初期投資は必要ですが、あっという間に回収できます。
私は長らくヨーグルトメーカーでヨーグルトを手作り自家培養していますが、コスパ抜群です♪

【2019年】初期投資は数千円!おすすめヨーグルトメーカー3選

私の経験上、コスパもよくて、手間もかからず便利なのは、牛乳パックの中にヨーグルトを入れてそのまま電気で保温するヨーグルトメーカー。

機能量に応じて価格に幅がありますが、単にヨーグルトをつくりたいだけなら高価格な多機能品は不要。2000円台から購入できるので、お財布にも優しいです。

また、大きく分けると、牛乳パックタイプと調理容器タイプの2種類がありますが、あなたの使用目的に合わせてお選びください。単にヨーグルトだけ作りたいなら、牛乳パックタイプが便利です。

No.1 アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカー IYM-014」

ヨーグルトメーカー IYM-014
価格.comでもNo.1 人気モデルの後継機でプリセットボタンがついてより便利に

アイリスオーヤマ
¥3,478
2016年の発売当時、品薄になるほど大ヒット品。現在も価格.comのヨーグルトメーカー売れ筋ランキングで1位です。
「IYM-012」の後継機モデル品の最大の特徴は、「プレーンヨーグルト」「カスピ海ヨーグルト」「甘酒」「塩麹」を調理するための適温とタイマーがプリセットされていること。これ以外の温度も25~65℃を1℃刻みで調整可能、1時間単位で調整できる1~48時間のタイマー機能付きと、自由に設定可能です。

Amazon 楽天市場

No.2 TO-PLAN「ヨーグルトファクトリー プレミアム TKSM-016」

ヨーグルトファクトリー プレミアム TKSM-016
複雑な機能は不要!プレーンヨーグルトが上手に作れればいいという方にオススメ

TO-PLAN(トープラン)
¥1895
複雑な機能は不要、格安のヨーグルトメーカーが欲しいという方にオススメしたいモデル。
タイマーなし、温度超越機能なしで、甘酒などには対応していませんが、話題のカスピ海ヨーグルトとプレーンヨーグルト作りがボタン一つで作れます。
甘酒づくりに対応したモデルファクトリー スーパープレミアム TKSM-020も格安です。

Amazon 楽天市場

No.3 アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード付き IYM-013」

ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード付き IYM-013
プレーンヨーグルトはもちろん、飲むヨーグルトも作れる!

アイリスオーヤマ
¥3945
高精度の温度制御を搭載した、「飲むヨーグルト」を作れるモデル。ボタンひとつで飲むヨーグルトを調理可能。市販の飲むヨーグルトは甘すぎる、カロリーが気になるという方に人気となっていあます。
その他のモデルは、オススメNo.1で紹介した「KYM-014」と同じ。ヨーグルト(プレーン/カスピ海ヨーグルト)、甘酒、塩麹自動メニューがついています。

Amazon 楽天市場

その他、ヨーグルトメーカーを見る

ヨーグルトメーカーはふるさと納税でGetできる

2019年4月現在、2つの自治体がヨーグルトメーカーを返礼品指定しています。

2つの内、オススメは、宮城県角田市が返礼品指定、上記オススメヨーグルトメーカーNo.3で紹介した【アイリスオーヤマ「ヨーグルトメーカー 飲むヨーグルトモード付き IYM-013」】です。

寄付額は2万円となります。Amazonなどでは4000円ほどで買えるものが寄付額2万円なので、返礼率は20%程度となり、少しコスパが悪くなりますが、特にふるさと納税でほしいものがない場合は、検討に値するのではないでしょうか。

手作り培養を手軽にするあると便利なヨーグルトアイテム

実際にR1ヨーグルト×ヨーグルトメーカーでヨーグルトを手作り培養し始めると、なくて不便…汚れる…などと感じることがあります。
そんな困ったを解決するために、一緒に買い求めたいものをまとめました。これでヨーグルト作りがより楽になりますよ。

たっぷりすくえるヨーグルトスプーン ロング 578885

CASUAL PRODUCT
¥864

通常のスプーンでは牛乳パックの底までスプーンが届かず、かき混ぜることができません。
このスプーンがあれば簡単&清潔にヨーグルトと牛乳をかき混ぜることができます。

Amazon

水切りヨーグルトができる容器 ST-3000

曙産業
2160→1375

今流行のヨーグルトの水切りが簡単に!水が切れてクリームチーズ風に仕上がります。お料理のバリエーションも広がります。
Amazon

KAI 牛乳パック シリコン蓋 DH7012

貝印
¥428

牛乳パックを保存容器に変える便利アイテム。簡単にヨーグルトが保管できます。
Amazon

KN 牛乳パック 用 キャップ

貝印
302→198

開封した牛乳パックの注ぎ口にセットするだけ。転倒してもこぼれにくい摂家になっています。
Amazon

ヨーグルトメーカーによる自家培養でいくら安くなる?

それでは、R1ヨーグルト×ヨーグルトメーカーによる自家培養でいくら安くなるか計算してみましょう。

2019年4月以降、各社牛乳が値上げとなっていますが、安いスーパーで牛乳を購入することとし、R1ヨーグルト125円、牛乳は200円(いずれも税込)で計算してみます。

また、明治プロビオヨーグルトR-1 112g に対し、牛乳1Lは約1050g。
故に、牛乳1パックで作れるヨーグルトは1050/112=9.375回分。
ザクっと計算すれば、月に牛乳4本、R1ヨーグルト4つを買えば月のヨーグルトが賄えます。

つまり、一人分で、(125+200)×4=1300円

毎日、R1ヨーグルトを買った場合は、125*30=3750円

結果、を簡略してまとめると以下のようになります。

月の節約額
1人分:2,450円/月、29,400円/年
4人分:9,800円/月、117,600円/年

ヨーグルトメーカーは2000~4000円なので、ヨーグルトメーカーを買って手作りした方が断然お得。すぐに元はとれます。

今回は、毎回、R1ヨーグルト1個、牛乳1パックを購入することを前提としていますが、R1ヨーグルトは毎回買わなくても、前回の残りを自家培養に回せるので、実際はもっとお得になります。

ヨーグルトメーカーでつくるR1ヨーグルトのお味は?

たとえ同じ牛乳で作っても、種となるヨーグルトが異なると、ヨーグルトの味は異なります。
下の写真は、R1ヨーグルトをもとに自家製培養したヨーグルトですが、お味は、軽い酸味のあるヨーグルトです。

ヨーグルト

ヨーグルトが固まらない…をなくす!失敗しないヨーグルト自家培養

手順通りに作ったのにうまく固まらない!とお困りのあなた。

その原因は以下のいずれかです。

1.発行時間・温度が適切でない
2.ヨーグルト菌種が弱っている
3.雑菌が増えている
4.牛乳や種となるヨーグルトに問題

これでヨーグルト自家培養でもちゃんと固まる!解決方法

上記の解決方法は簡単です。

問題1:発行時間・温度が適切でない

上記の場合は、ヨーグルトメーカーを使えば問題は一発で解決!
自分で温めて作ろうと思ってうまくつくれなくて牛乳をムダにしては本末転倒なので、簡単手間いらずのヨーグルトメーカーに頼りましょう!
作る前に牛乳パックを常温において、温度を少し高くしておくほうがいいです。
ヨーグルトメーカーを探す

問題2:ヨーグルト菌種が弱っている

購入したヨーグルトをもとに、数回、自家培養すると、だんだん菌が弱ってきて、ヨーグルトの質が落ちてきます。

固まりにくくなってきたり、ヨーグルトの滑らかさがなくなってきたら新しいヨーグルトを買ってきて、1から自家培養しましょう。同じヨーグルトを買ってきてもいいですし、風味や機能の異なるヨーグルトを買ってきてもいいですね。

問題3:雑菌が増えている

主に、容器やスプーンなどの雑菌消毒が不十分なことが原因です。
頻繁にこのようなことが起こる場合は、ガセリ菌ヨーグルトを作る前に、容器、スプーンなどを熱湯消毒しましょう。

ただ、私の経験則でスト、2回ぐらいで新しいヨーグルトを一個買ってきて新規に作る程度なら、特に熱湯消毒などをしなくても失敗したことはありません。

問題4:牛乳や種となるヨーグルトに問題

牛乳や種となるヨーグルトが問題の場合もあります。

牛乳は低脂肪牛乳はダメ。普通の牛乳を選びましょう。
また、ヨーグルトは飲むヨーグルトではなく、固形ヨーグルトを使いましょう!飲むヨーグルトは種類によってうまく固まりません。失敗を避けるために使わない方がよいでしょう。

そヨーグルトメーカーを探す