楽天銀行1週間定期
▼シェア&フォローする▼

楽天銀行から、「円定期預金金利 7日もの」が5/25~5/31までの預け入れ分に対して、年0.15%(税引後 年0.11%)に金利優遇します」との連絡が届きました。(預入上限1000万円)まで

通常、楽天銀行の1週間金利の定期預金金利は0.02%。
楽天銀行と楽天証券連携で楽天銀行の普通預金金利が5倍になる「【楽天証券】マネーブリッジ」利用者でも、1週間定期の金利は0.1%です。

確かに通常時よりお得な金利なのですが、定期預金はいくらで預け入れても同じ利率・利回りだと思っていませんか?

実は、預入額によって、実質利回りは変わってしまうのです!

では、なぜ、実質利回りが変わるのはなぜでしょうか?答えは「税金」。知らないと損をします。

預入額で受取金利に差がでる。最適な預入額は?

預入額によって、実質利回りは変わってしまう理由は、税金の計算時に1円以下の端数は切り捨てが発生するから。

では、いくらで預け入れると得になるのでしょうか?

定期預金最適化シミュレーターで最適預入額を計算してみよう

最適金額の計算は、定期預金最適化シミュレーター Ver.2を用いると簡単です。

すると、最もお得な預入額は以下のようになります。

元本    104,286円
受取利息  3円(利息3円-国税0円-地方税0円)
-----------------------
実質利回り 0.150%

つまり、104,286円を一口として預け入れると、税金がかからずに済みます。

100万円を預けるなら分割して定期を組む

では、もともと100万円を定期預金に預けようとしていた場合は、どうしたらいいでしょうか。
最適額に合わせて複数口の定期を組みます。

104,286円の定期を9回申し込むことで、税金なしで利息が1週間で54円が受け取れます
※合計預入金額は938,574円になります。

定期預金より大事なのは節税上手・支出上手になること

正直、頑張って銀行に預けても、54円の利息では努力の甲斐がない。もっと上手に節約・支出管理をした方が、手元に残る資金は多くなります。

【節税上手】生活必需品をふるさと納税でGet

ふるさと納税すれば、納税額の~30%の税金を実質的に減らせます。

まずは、必ず買う必要があるお米などをふるさと納税でもらうようにしてはどうでしょうか?
以下に、質より量!一般的なお米の返礼品よりも、少ない寄附金でたくさんのお米がもらえるお米の返礼品をまとめました。

ふるさと納税でもらえるお米も、6月からのふるさと納税ルール厳格化に伴い、コスパのよい返礼品はどんどん減っています。6月以降、さらに魅力的なお米の返礼品が減る可能も高いので、5月中に申込んできましょう。
今は、寄付額の3%のAmazonギフト券ももらえます。

生活の足しになるお得な「お米」のふるさと納税
コスパ重視で、チョイスしました。


【10㎏】ゆめぴりか 低農薬米

北海道北竜町
14,000円

【15kg】そうじゃのお米(精白米)

岡山県総社市
15,000円

【10kg】ななつぼし(精米)

北海道浦臼町
12,000円

【20kg】茨城県のお米4種食べくらべセット

茨城県境町
15,000円

【10kg】ミルキークイーン

三重県多気町
10,000円

【20kg】はえぬき玄米

山形県寒河江市
20,000円

【15kg×4回】そうじゃ応援ブレンド米60kg

岡山県総社市
60,000円

【15kg×4回】そうじゃのお米

岡山県総社市
60,000円
 
食品よりも、長く使えるものがお好みの場合は、以下をご確認を。

【支出上手】高還元ポイントを利用しよう

消費税10%増税の実施で導入される国のポイント還元策のおかげで、キャッシュレス企業は顧客獲得に必死。消費者は、これらキャンペーンを賢く利用して、いわゆるバラマキに乗ることが大事です。

よくわからない、面倒といって、利用しないでいると、どんどん損することになります。面倒に感じても導入するメリットは十分あるので、無駄な消費はする必要はありませんが、必要なものを買うために利用しましょう!

今、お得なキャッシュカードとキャッシュレス決済のリンクをつけてきます。