楽天銀行1週間定期

※更新日:2019年1月25日

楽天銀行から、「円定期預金金利 7日もの」が1/25~1/31までの預け入れで年0.15%(税引後 年0.11%)にUP」の連絡を頂きました。(預入上限1000万円)まで

通常、楽天銀行の1週間金利の定期預金金利は0.02%。
楽天銀行と楽天証券連携で楽天銀行の普通預金金利が5倍になる「【楽天証券】マネーブリッジ」利用者でも、1週間定期の金利は0.1%です。

確かに通常時よりお得な金利なのですが、定期預金はいくらで預け入れても同じ利率・利回りだと思っていませんか?

実は、預入額によって、実質利回りは変わってしまうのです!

では、なぜ、実質利回りが変わるのはなぜでしょうか?

預入額で受取金利に差がでる。最適な預入額は?

預入額によって、実質利回りは変わってしまう理由は、税金の計算時に1円以下の端数は切り捨てが発生するから。

では、いくらで預け入れると得になるのでしょうか?

定期預金最適化シミュレーターで最適預入額を計算してみよう

最適金額の計算は、定期預金最適化シミュレーター Ver.2を用いると簡単です。

すると、最もお得な預入額は以下のようになります。

元本    104,286円
受取利息  3円(利息3円-国税0円-地方税0円)
-----------------------
実質利回り 0.150%

つまり、104,286円で預け入れると、税金がかからずに済むのです!

100万円を預け入れたい場合は、分割して定期を組もう

では、もともと100万円を定期預金に預けようとしていた場合は、どうしたらいいでしょうか。
最適に合わせて複数口の定期を組むのです。

具体的には、

104,286円の定期を9回申し込むことで、税金なしで利息が1週間で54円が受け取れます
※合計預入金額は938,574円になります。

節税上手・支出上手でないと定期預金で貯蓄努力してもムダ

正直、頑張って銀行に預けても、54円の利息ではちょっと物足りなさすぎですね・・・

生きていくためには必ずものを消費しなければなりませんから、支出上手節税上手にならなければいけません。

【節税上手】ふるさと納税で上手に節税:楽天ふるさと納税

ふるさと納税すれば、納税額の~30%(最大50%)の税金を実質的に減らせます。

仮に年収1000万円なら約18万円、年収500万円なら6万円ですから、それぞれ、還元率30%なら5.4万円、1.8万円の税金が減らせることになります。
定期預金するより圧倒的に効果ありです。

楽天ポイントユーザなら、
今は、定期預金よりもまずはまずは楽天ふるさと納税。こちらは確実に得をします。

楽天ふるさと納税のメリット
①楽天市場の会員情報を使って寄附できるので、手続きが簡単!
②お買い物と同じ手続きだから分かりやすい!
③楽天スーパーポイントが貯まる!使える!

③の利点は大きいですね。
納税額は普通のサラリーマンでも数万~数十万円。年間所得が大きい人なら数百万円単位ですから、これらをふるさと納税で支払えば、ポイントががっつり貯まる!
ふるさと納税して、楽天ポイントがたまってさらにお得です!
楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税ランキング

【節税上手】楽天ふるさと納税<”ふるなび”の金券(2019年1月迄)

しかし、実は、魅力的な商品、実は、楽天ふるさと納税より以下の方が断然お得。
しかも、1月末で申込が終ってしまうので、今すぐ申し込みの必要ありです!

2019年高還元率金券ならいなら申し込みを急げ!
和歌山県高野町:還元率50%!「日本旅行ギフトカード」の申込は1/31迄とアナウンスが出ています。超得なので、是非とも今月中に申込んでおくべきです。

申し込みは全国の日本旅行の各支店・店舗、ホームページからの申込でも利用可能です。有効期限のないカードなので、忙しい方でも、いつか行く自分へのご褒美旅行のためにとっておくことができます。

+1%の「ふるなび」からのAmazonギフトコードによる還元があるので、実質的な還元率は51%になります。

 ふるさと納税 日本旅行ギフトカード
 日本旅行ギフトカード 1万円分:寄付金2万円
 日本旅行ギフトカード 2万円分:寄付金4万円
 日本旅行ギフトカード 3万円分:寄付金6万円
 日本旅行ギフトカード 4万円分:寄付金8万円
 日本旅行ギフトカード 5万円分:寄付金10万円
 日本旅行ギフトカード 10万円分:寄付金20万円

 それ以外(寄付金は2万円から200万円まで)の寄付はこちら

高額のギフトカードをお求めの方は、こちらのリンクから確認ください。

【支出上手】最強カード+裏技で、3.2%の還元率で買い物しよう

カードに使われる(高い金利を払って買い物をする)なんて論外。カード会社には利子など払わず、ポイントなどお得だけを利用する消費者にならないといけません。

そのうえでうまく活用したいのが、高還元率のカード

コンビニでのお弁当購入から、スーパーでの買い物まで、(無駄遣いではなく)必要な買い物を現金払いからカード払いにするだけで、年間、数万円の実質的支出を減らすことだって可能なのです。

仮に、毎月10万円=年間120万円の支払いをカードに変えるだけで、還元率1%だって、12000円の得になります。さらに、高還元率なら、もっと得することは容易にわかりますよね。

今、最強な支払い方法の一つが、「Kyash VISA カード」
裏技を適用すれば、還元率2%を3.2%にUPすることができます。

詳細は以下にて確認を