2018年、明けましておめでとうございます。

2017年は投資対象をFX・株から仮想通貨に大きく舵を取り、
長期ホールド+暴落時買い増し+ICO投資を実践することで、
利益確定はまだなものの、資産を増やすことができました。

ブロックチェーン技術は、お金と技術が相まって、
世の中の仕組みを大きく変えるワクワクする技術です。

人より少し早く仮想通貨・ブロックチェーンにブレーク前に出会えた機会を大事に、
一つのやり方に固執しすぎることなく、世の中の動きと自分の直感を大切にして、
投資家として成長していきたいと思います。

2018年の抱負

仮想通貨に出会って痛切に感じることは、
世の中の動き、そして、マネーの動きはとてつもなく早いということ。

このような時代において求められることは、「思い立ったら即行動する」こと。

情報はネット上にいくらでも溢れているので、後は、やるかやらないか。
もはや、情報格差ではなく、アクション格差の時代です。

私の場合、もし、昨年、仮想通貨を支える技術に気づいても、
よくわからないし危険だからと注視しているだけだったら、今の資産は築けていません。
即行動=ポジションを持ち、さらに見識を広め、行動したからこそ、
今の資産が築けています。

即アクションで邁進します。

仮想通貨はバブルといわれるが、技術が普及し世の中が変わるのはこれから

たしかに、現在の仮想通貨は投機熱も激しくバブルかもしれません。

しかし、ブロックチェーンの技術が普及し世の中を変えるのはこれから。
実態のない通貨の淘汰が進む一方、実態が伴う仮想通貨はより価値を上げていくと考えます。

幸い、世の中に認知される形で仮想通貨がバブルといわれたのは2017年から。
仮想通貨に対して肯定的な先進国日本ですら、本格化するのはこれからです。

単純に1つのマーケットとして仮想通貨とFXを比較して
仮想通貨もFXと同じような普及形態をしていくとすれば、
国内のSBI/GMO/DMMなどの大手仮想通貨取引所の本格稼働もこれからと言えると思いますし、
税金を含めた法整備が進むのもこれからです。

一般的に、バブルと騒がれ始めてからがホントのバブルが始まります。
数年後のバブルの終焉は意識しつつも、今年も即行動で仮想通貨とお付き合いしていきます。

最後に、本ブログが、読んでくださる読者様のお役に立てれば幸いです。
本年もよろしくお願い致します。

コメントを残す