毎年 5月22日はビットコイン・ピザー・デー。記念日に 誕生から15年の歴史と軌跡を振り返る

ビットコイン・ピザー・デー(Bitcoin Pizza Day)は、毎年5月22日にビットコインコミュニティで祝われる記念日です。

ビットコインが初めて決済に使われ「新しい価値交換」が実現した日として、ビットコインユーザーの間で「ビットコイン・ピザ・デー」と呼ばれています。ビットコインの可能性と成長を祝うと同時に、その始まりを思い出すための重要な日となっています。

本記事では、ビットコイン・ピザー・デーの記念日に、ビットコインの誕生からの15年間の歴史と軌跡を振り返ってみます。

[スポンサーリンク]

今月の読み放題:おすすめビジネス書・自己啓発  おすすめ小説

5月22日は記念日:ビットコイン・ビザ・デー

5月22日は記念日:ビットコイン・ビザ・デー

ビットコイン・ピザー・デーの起源は、2010年5月22日に遡ります。

この日、プログラマーのラズロ・ハニエツ(Laszlo Hanyecz)氏が、10,000ビットコイン(BTC)を支払い、2枚のピザを購入しました。これは、ビットコインを使った最初の実世界での取引とされています。

ハニエツ氏はビットコイントークフォーラムに「10,000BTCで2枚のピザを買いたい」という投稿をし、これに応じたユーザがピザの注文を代行し、BTCを受け取る形で取引が成立しました。

2010年5月22日時点では、1ビットコインの価格はおよそ0.0025ドル。当時の為替レートは1ドル約90円であったので、当時の10,000ビットコイン(BTC)の価値はおよそ2,200円程度ということになります。

2024年5月22日時点の1BTCの価格は、ザクっと1,100万円です。10,000BTC=1,100億円と言うことになります😝

ビットコインは、2024年で誕生から16年目です(満15歳)。以下に、これまでの価格上昇が巣覚ましいものであったかを物語るエピソードです。

ビットコイン:誕生から15年の歴史と軌跡を振り返る

ビットコイン:誕生から過去15年の歴史と軌跡を振り返る

ビットコインチャート

ビットコイン: 誕生から15年の歴史と軌跡

以下、ビットコインがたどってきた軌跡をBTC価格の推移と出来事で振り返っておきます。

終値(円)年間騰落率出来事
20090円1月3日:ビットコインの誕生日。ジェネシス・ブロックが初生成
20101万BTC
=2枚のビザ
5月22日:ビットコイン・ピザー・デー
2011360円1,421%6月19日:Mt.Goxのハッキング事件
20121150円215%初の価格急騰
8月28日:コインチェック創業
11月28日:初の半減期(報酬:50→25BTC)
20138.6万円7,378%3月28日:ビットコインの時価総額、10億ドル突破
10月1日:ダークウェブサイト「シルクロード」の創設者逮捕
11月28日:BTC価格、初めて1000ドル突破
20143.4万円-60%1月9日:bitFlyer創業
2月24日:Mt.Goxが経営破綻
20155.1万円50%1月6日:Bitstampハッキング、約2万BTCが不正流出
8月1日:Mt.Gox元CEO逮捕
10月:欧州司法裁判所がビットコインの取引はVAT(付加価値税)の課税対象外と発表
201611.6万円127%7月9日:2度目の半減期(報酬:25→12.5BTC)
8月2日:Bitfinexから約12万BTCが不正流出
2017167万円1,345%仮想通貨元年
5月20日:BTC価格、初めて2000ドル突破
7月14日:バイナンス設立
8月3日:BCHのハードフォーク
12月8日:BTC価格、日本円建で最高値(235万円)を更新
12月17日:米CME、ビットコイン先物取引を開始
201841万円-76%仮想通貨バブル崩壊
1月26日:コインチェックから5億2,300万XEMが不正流出
201978万円92%1月3日:ビットコイン生誕から10周年
3月15日:金商法と資金決済法の改正案が閣議決定。仮想通貨⇒暗号資産に
5月1日:令和スタート
6月22日:BTC価格、1年3ヶ月ぶりに1万ドル回復
2020297万円281%5月12日:3度目の半減期(報酬:12.5→6.25BTC)
12月16日:BTC価格が2万ドル突破、過去最高価格を3年ぶりに更新
12月:ビットコインの時価総額、過去最高の50兆円を到達
2021533万円79%NFT・メタバースの流行
9月7日:世界初ビットコインがエルサルバドルの法定通貨に
9月24日:中国で仮想通貨の取引とマイニングが全面的に禁止
11月10日:BTC価格が780万円、過去最高値に
11月14日:大型アップグレード『Taproot』の実施
2022217万円-59%2月:ロシアがウクライナに軍事侵攻
4月:中央アフリカ ビットコインを法定通貨に
5月:テラ(LUNA)ショック、3ACなど連鎖破綻
11月:FTXとアラメダ・リサーチ破綻
2023599万円176%2月:ビットコイン オーディナル ローンチ
3月:米国の銀行危機
6月:ブラックロック、BTC現物ETFを申請
7月:リップルラボ対SECの裁定
20241100万円
(5/21時点)
84%4月20日:4度目の半減期(報酬:6.25→3.125BTC)

※参考:CoinPostを参考に加工

半眼期の詳細は、以下をご確認ください。

今後、ビットコインはどう動く?4つのBTC価格形成フェーズと現在

今後、ビットコインはどう動く?ビットコインの4つの価格形成フェーズ

ビットコインには価格形成に関する「4年サイクル」があり、価格形成の4フェーズがあります。

急騰フェーズ(図:9~12)

半減期後の1-2年。ビットコインの価格が大幅に上昇することが多い。
この期間は、供給が減少することにより、価格に上昇圧力がかかり、上昇しやすい。投資家の関心が高まる時期。

2024年5月現在は、この時期の初期段階。まだ、大きな投資妙味がある時期。

バブルピークフェーズ(図:1~2)

急騰フェーズの後、価格はピークに達し、バブルの頂点を形成する。
ビットコインのピーク後も、アルトコインが盛り上がり、暴騰する銘柄が続出する。

この時期、多くの新規投資家が市場に参入し、価格が非常に高騰します。ここで参入する新規投資家の多くが、その後やってくるバブル崩壊に巻き込まれ。最終的に損をして撤退を余儀なくされる。

バブル崩壊フェーズ(図:2~3)

バブルで市場が盛り上がる中、一気に価格が急落し、崩壊フェーズが始まる。
ビットコイン以上に、アルトコインが大きく値下がりする。ビットコインでも、ピークの7割程度まで下がることがザラ。

底練りフェーズ(図:3~8)

崩壊フェーズの後、底値探りをする時期が長く続く。どこが底かわからず、ビットコインを含む、仮想通貨市場への投資が怖い時期。
一方で、長期投資家がビットコインを買い集め、次の半減期に向けての準備を始める。

最後に

今回は、ビットコインの記念日「ビットコイン・ピザ・デー」の由来と、ビットコイン誕生から15年間の歴史と軌跡を振り返りました。

私自身は、今はまだ、ビットコインの投資妙味のある時期だと考えています。まだ、ビットコインをお持ちでない方は、少し購入してホールドしても良いのではないでしょうか。