8月31日の満月は「スーパーブルームーン」。次回発生は2037年の珍しい月。 月と相場・お金のこと。

2023年8月30日から31日にかけて見える満月は、「スーパーブルームーン🌕

今年最も大きく満月が見える「スーパームーン」と
同じ月で2回目に見られる満月「ブルームーン」の
2つが重なる珍しい満月です。

満月は日本時間で8月31日 0時54分に地球に最も近付く地点=近地点を通過して、約10時間後の10時36分に満月となります。

満月時刻は日中で満月は見られませんが、今夜、空を見上げれば、最も小さい満月の月より14%大きな満月が見られます。

スーパーブルームーンはとても珍しく、今回見逃すと2023年まで見られません。今晩は空夜空を見上げましょう。

ちなみに、満月は下がった金運を上げる日です。「月とお金」「月と相場」の関係についても合わせて紹介します。

[スポンサーリンク]
Amazon新生活SALE
より安く買う!お得にAmazon残高チャージする方法 あれこれ

スーパーブルームーンとは

スーパーブルームーンとは

スーパームーンとは

画像:私と宇宙と~占星術~
太陽を公転する地球、地球を公転する月
太陽を公転する地球、地球を公転する月

スーパームーンとは「地球から月までの距離が36万キロ未満になった状態での満月新月です。満月の場合、月は地球から最も遠いときと比べて14%ほど大きく見えます。

このようなスーパームーンは、上図のように、月は地球の周りを「楕円軌道」を描いて回っているため起こります。

スーパームーンと聞くと、満月をイメージされると思いますが、地球に近づいた新月もスーパームーンです。(新月は、月が太陽との軌道上に重なり、月で反射した太陽光が地球から見えなくなる状態の月です。)この見ることもできない新月も合わせると、スーパームーンは年間は10回以上の頻度で発生します。

ブルームーンとは

「ブルームーン」というと「青白い月」が見られるような印象を受けますが、そうではありません。同じ月で2回目に見られる満月のことを言います。

月の満ち欠けの周期は約29.5日です。1カ月より少し短いので、月初に満月を迎えた場合、月末に再び満月を見られるときがあります。これがブルームーンで、2~3年周期で発生します。

最大のスーパーブルームーンが見れる日時

冒頭でも紹介した通り、満月は日本時間で8月31日 0時54分に地球に最も近付く地点=近地点を通過して、約10時間後の10時36分に満月となります。

満月時刻は日中で満月は見られませんが、今夜、空を見上げれば、最も小さい満月の月より14%大きな満月が見られます。

スーパーブルームーンの発生は、10〜20年に一度しか起こりません。次は2037年まで見られませんので、今晩は空夜空を見上げましょう。

【参考】18~19年に一度しか見られないエクストリーム・スーパームーン

実は、通常のスーパームーン以上に大きな月が見えることがあります。これを、エクストリーム・スーパームーンと言います。

通常のスーパームーンは、36万2000キロ以内に近づいたときであるのに対し、エクストリーム・スーパームーンの場合は、地球と月が約30万Kmまで近づきます。このエクストリーム・スーパームーンが見られるのは18~19年に一度だけです。

なお、巨大な月が見られる理由も、月の周回軌道が楕円形だからです。月が地球に最接近する距離も年によって異なります。

満月とお金:浄化で金運アップデー

「満月とお金」と言ってもピンとこない方が多いと思いますが、満月は、下がった運気を上げる「金運アップデー」です。

月の光には、ネガティブなエネルギーを取り除く「浄化作用」があり、この月のパワーが大きくなるのが「満月」です。しかも、本日は「今年最大の大きさの満月」なので、パワーも強くなります。

「お金は天下の周りもの」と呼ばれますが、この言葉通り、お金は人の手・財布を渡り歩き、経済を動かします。お金は、「幸せの源泉」である一方、「人の不幸の源泉」ともなります。人のトラブルの9割にはお金が絡むと言われます。そのため、お金(紙幣・硬貨)は、人の手を渡り歩くうちに、ネガティブなエネルギーを貯めこむと言われます。

結果、お金の休憩所でもある「財布」は、お金の持つ負のエネルギーを吸い取ってしまい、金運を下げしまうのです。

この負のエネルギーを取り除くためによいとされるのが、「満月の日に行う浄化です。

お金の浄化方法は以下の記事を参考にしてください。方法は簡単なので、是非、トライしてみてください。

満月と相場:満月は株式相場に変化をもたらしやすい

満月と相場:満月は株式相場に変化をもたらしやすい

天体の位置をもとに相場を予測する、金融占星術(アストロジー)というものがあります。

金融占星術は「統計学」

占星術というと、星占いのようでまやかしのような印象がありますが、金融占星術は統計学です。確率論としてリスクを測る一手段とすればいいものです。

「景気」も「人の気持ち」が大きく左右するように、金融占星術においても、投資家が意識をするからか、相場が反転したり、加速しやすいと言われます。

人の心と満月

ちなみに、狂気を意味する「ルナティック」は、ラテン語の月(ルナ)が語源です。満月は、狼男ではありませんが、昔の人も、満月に人は気持ちを左右されやすいと思っていたのかもしれません。

私はスピリチュアル系のまじないごとを信じる方ではありませんが、月の満ち引きによって起こる「潮の満ち引き」、「人のお産」「サンゴなどの満月日の産卵」など、物理的にも、月のサイクルが地球や生物にも影響を与えていることは間違いないので、月が人の身体・心に影響を与えてもおかしくないというのが私の考え。お金の浄化を含めて、良いとされる「行為」はやっておけばいいんじゃないの!?という考えを持っています。

金融占星術は、広い意味で、サイクル論とも言えるかもしれません。投資サイクルに関する良書は以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

最後に

今回は、2023年の最大の満月「スーパーブルームーン」、そして「月とお金」に関することをまとめて紹介しました。

忙しいと夜空を眺めることも忘れてしまいますが、時々、落ち着いて空を眺めるだけでも心は落ち着きます。特に、月はぼーっと眺めるだけで、心の平穏に良く作用するので、たまには月を眺めてください。

個人的なおすすめ

満月の夜、「満月にまつわる小説」を読んでみませんか。どちらも素敵な小説です。

created by Rinker
Kindle Unlimited 対象本
Audible 聴き放題 対象本
created by Rinker
Kindle Unlimited 対象本
Audible 聴き放題 対象本