▼シェア&フォローする▼

Appleのギフトカード 「Apple Gift Card」

かつてはAppleのギフトカードといえば「App Store & iTunes」でしたが、2021年11月に「Apple Gift Card」になってからは、iPhoneなどのハードウェアからAppStoreでのコンテンツ・サブスクリプション利用まで、欲しいもの全部をこの1枚で買えるようになり便利になりました。

さて、このApple Gift Cardですが、時折、ポイント還元付きで買えるキャンペーンやセールを開催しています。このような機会にギフトカードを入手して、残高チャージしておくと、お得です。

Apple Gift Cardを実質的に安く買う方法(コンビニ編)

時々、キャッシュバックや特典付きでApple Gift Cardキャンペーンを開催しています。
現在は、ローソンでが「Ponta会員・d ポイントカード会員限定」で以下のキャンペーンを開催中です。

期間が2つに分かれていて、それぞれ、からあげクン4個の無料回数券、マチカフェコーヒーM6杯分の無料回数券がもらえます。

特典・期間など
【第1弾】
・購入対象期間:2022年5月24日(火)~5月30日(月)
・無料回数券 からあげクン(レギュラー/レッド/北海道チーズ/レモン味)4個無料
・引換期間:2022年7月1日(金)~7月15日(金)
【第2弾】
・購入対象期間:2022年5月31日(火)~6月6日(月)
・無料回数券:マチカフェコーヒーM(アイス・ホット)/カフェラテM(ホット) 6杯無料
・引換期間:2022年7月16日(土)~7月31日(日)

対象商品
Apple Gift Card 5,000円、10,000円、バリアブル5,000円以上

その他条件
・ローソンアプリでエントリー
・Pontaカードまたはdポイントカードを掲示

Apple Gift Cardを実質的に安く買う方法(楽天編)

上記コンビニのキャンペーンは、常時開催されているキャンペーンではありません。次、いつ、そのようなチャンスがあるかは?です。

そんな時に便利なのが、定期的開催している楽天お買い物マラソン時に【楽天市場】Apple Gift Card 認定店で購入する方法です。

Apple Gift Card 認定店
Google Play ギフトコード認定店

楽天経済圏をよく利用する方ならSPUのポイント還元にプラスして、お買い物マラソンでショップ買い回りをすると、1ショップ1000円以上の買い物で1店舗につき+1%ポイントUP(最大10%ポイント還元率)。これらSUPと買い回りのポイント還元を合計すると、10%以上の還元で購入することも十分可能です。

Apple Gift Cardなら1500円カードを購入、Google Play ギフトコードならバリアブルカードで1000円分購入すれば、お買い物マラソンでポイントアップ対象の1店舗になります。

Apple Gift Cardとは?買い方・使い方徹底解説

Apple Gift Cardとは?買い方・使い方徹底解説

Apple利用者だけど、Apple Gift Cardはよく知らないという方のための基本情報を簡単に紹介します。

Apple Gift Cardとは?何に使える?

Apple Gift Card用途の制限がないギフトカードです。Apple Gift Cardでは以下の通り、Appleのほぼすべての支払いに利用できます。

・Apple StoreでのiPphone・Macなどのハードウェア、App 内課金のアイテム
・iTunes Storeでの音楽、映画購入
・Apple TV App、Apple Booksでのコンテンツ購入
・Apple Music、Apple Arcade、Apple TV+でのサブスクリプション利用
・iCloud ストレージの利用

利用者本人であれば、Apple Gift Cardの残高でApple Gift Card自身は買えないけれど、それ以外は大体利用できるということですね。

Apple Gift Cardの種類は4種類

カードには以下の種類があります。

<

a href=”https://a.r10.to/hMARAp” rel=”noopener noreferrer” target=”_blank”>
楽天市場:Apple Gift Card 認定店

Apple Gift Cardの使い方

利用にあたっては、Apple IDに残高チャージ登録して利用します。
通常、Apple IDでの支払いは通常はID登録時に指定したクレジットカードですが、Apple Gift Cardでチャージ残高は、クレジットカードなどの通常の支払い方法よりも自動的に優先されます。そのため、有料コンテンツはもちろん、サブスクリプションの料金に対しては、更新日に自動的にApple IDの残高から支払われます。

通常、高還元率クレジットカードを利用しても還元率が10%以上になることはありませんから、キャンペーンで実質割引購入したApple Gift Cardで支払うのがお得ということになります。

Apple IDへのチャージ方法

iPhone、iPad、iPod touchを利用して、Apple IDにチャージにチャージする方法は以下の通りです。

❶App Store を開く
❷画面の上部にある人型アイコンをタップ
❸「ギフトカードまたはコードを使う」をタップ
❹Apple Gift Card裏のコード(英数字16桁)をカメラで読み取る
❹チャージ完了





Apple Gift Cardの使い方

Apple IDへの残高チャージが完了していれば、あとは、購入時の支払い方法に「Appleアカウントの残高で支払う」を指定するだけです。

また、サブスクリプション払いの場合は、優先的に「Apple ID チャージ残高」から支払いが行われます。

私の活用法:チャージ貯金を実施

私はiPhoneユーザ。故、Apple製品は一定期間ごとに買い替えますが、最新機種の発売と同時に公式サイトで買うほどの信者ではありません。

ただ、私は毎月iCloudストレージのサブスク料金払いや、一部アプリを利用(年間更新必要)をしているのでAppleからの支払い請求があります。

これまでは、高還元率クレジットカードで支払うことにしていましたが、支払いをApple Gift Card払いに変更すれば、実質10%OFFになるので、キャンペーンを利用して支払い方法を変更。年間分の支払い+α分のチャージ貯金をしておくことにしました。

最後に

今回は、Appleのギフトカードを10%還元で購入しチャージ貯金した経緯、利用方法などを紹介しました。

是非、お休みを利用して、各種支払い方法を見直してみてください。