仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)のスマホ取引アプリの使いやすさは秀逸。私は今でも簡易チャート分析はコレ
▼シェア&フォローする▼

2018年1月のネム(XEM)流出事件以降、マネックスグループの完全子会社として取引所を続けるCoincheck(コインチェック)

事件前、国内仮想通貨取引所No.1と言われておりましたが、現在は、bitFlyer、bitbankの取引高には及びません。しかし、従来より好評だったスマホアプリの取引画面(UI:ユーザインターフェース)のわかりやすさは健在で、私Chami(@poststand)も、今現在もチャート確認に利用しています。

初心者に限らず、仮想通貨市場の価格変動・動向をさっと確認するには抜群のスマホ取引アプリ。

今回は、Coincheck取扱いの10通貨のチャートを並べて、その見やすさを確認すると同時に、私が、どのように仮想通貨の市場把握に利用しているか紹介します。



仮想通貨取引所Coincheck:コインチェックの特徴

Coincheck(コインチェック)の特徴

コインチェック
初心者にも簡単でチャートチェックも簡単。操作性抜群のスマホ取引アプリ
②取引通貨は10種類で国内最多
③東証一部上場企業のマネックスグループの傘下で、徹底したセキュリティ強化

スマホアプリ
PC版取引ツール
トレードビュー

Coincheck利用の最大のメリットは、「わかりやすいスマホ取引アプリ」

Coincheck利用の最大のメリットは、なんといっても非常にわかりやすいスマホアプリ。

ユーザインターフェースのわかりやすさは秀逸で、初心者の方でも直感的に利用できます。今現在も、国内仮想通貨取引所の取引ツールでCoincheckより使いやすい取引ツールはありません。

取引はせずとも、価格チェック用にだけでもアプリを利用する価値が十分あります。

取扱い10通貨のチャート一覧

Coincheckは、BTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、XEM (ゼム)、XRP (リップル)などを含む、合計10個の通貨を取扱っています。

以下は、取り扱い全通貨のチャート(直近1ヵ月間)を一覧表示したものです。
チャートは、1時間、1日、1週間、1ヵ月、1年表示に切り替えが可能です。

以下のように並べてみると、直近、右肩上がりで上昇しているのはビットコインのみ。ライトコイン、ビットコインキャッシュは多少なりとも反発していますが、あとの通貨は、横ばいで弱さが目立ちます。

ビットコイン:BTC
イーサリアム:ETH
イーサリアムクラッシック:ETC
リスク:LSK
ファクトム:FCT
リップル:XRP
ネム:XEM
ライトコイン:LTC
モナコイン:MONA
ビットコインキャッシュ:BCH

Chamiの仮想通貨市場把握方法

私Chamiは、Coincheck(コインチェック)アプリを使った、仮想通貨市場の確認は、朝の通勤電車の中で始めるのが日課です。

Coincheck:スマホアプリでの簡易チャート分析

Coincheckのスマホアプリでは、期間中の「最高値」「最安値」とその「中間値」をベースにチャートが表示されます。
そこで、上記の画像のように、表示期間=「1ヵ月」にした上で、表示期間で最高値から何%程度価格が回復しているかを、10通貨分確認し、どの通貨に勢いがあるかを確認しています。

その際、フィボナッチ・リトレース面とで重要な戻し位置(押し目位置)となる、23.8%、38.2%、50%(半値戻し)、61.8%、76.4%の戻しを意識して確認します。
なお、上記中でも重要なのが、38.2%戻しと61.8%戻し。それぞれ「強いトレンド」「弱いトレンド」の戻り目安としてよく機能します。

フィボナッチを使ったチャート分析は、以下を参照ください。

Coincheck、セキュリティは大丈夫か?

Coincheckを使う際に不安になるのは、セキュリティ体勢でしょう。

Coincheck(コインチェック)は、事件発生から3ヵ月後の2018年4月にはマネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り。マネックスと共に経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行し、再度、仮想通貨取引所のライセンスを獲得するために、サイバー攻撃・情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見のある外部専門家の協力のもと、セキュリティの強化を行いました。

もちろん、今現在は、全通貨、ネットワークにつながっていない場所に資産を保管するコールドウォレットにも対応。万全のセキュリティ体制に努めています。

私は、Coincheckの最大メリットは、使いやすいスマホチャートですので、取引はせずとも、これを利用するためにアカウント開設するのでも問題ないかと思います。