仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)のスマホ取引アプリの使いやすさは秀逸。私は今でも簡易チャート分析はコレ
▼シェア&フォローする▼

2018年1月のネム(XEM)流出事件以降、マネックスグループの完全子会社として取引所を続けるCoincheck(コインチェック)

事件前、国内仮想通貨取引所No.1と言われておりましたが、現在は、bitFlyer、bitbankの取引高には及びません。しかし、従来より好評だったスマホアプリの取引画面(UI:ユーザインターフェース)のわかりやすさは健在で、私Chami(@poststand)も、今現在もチャート確認に利用しています。

初心者に限らず、仮想通貨市場の価格変動・動向をさっと確認するには抜群のスマホ取引アプリ。

今回は、Coincheck取扱いの10通貨のチャートを並べて、その見やすさを確認すると同時に、私が、どのように仮想通貨の市場把握に利用しているか紹介します。

1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資ができる
自己研鑽の"神サービス"


対象者は2ヵ月199円での利用も可能!
※対象者にはアイコン↑クリックでキャンペーン価格が提示

仮想通貨取引所Coincheck:コインチェックの特徴

Coincheckの特徴を簡潔にまとめると以下のようになります。

Coincheck(コインチェック)の特徴

①初心者にも簡単でチャートチェックも簡単。操作性抜群のスマホ取引アプリ
②取引通貨は13種類で国内最多
貸仮想通貨サービス利用で仮想通貨が増やせる
④毎月1万円からのの仮想通貨積立投資が可能
⑤東証一部上場企業のマネックスグループの傘下で、徹底したセキュリティ強化
⑥電気料金の支払いでビットコインがもらえる、つかえる「Coincheckでんき」
⑦ガス代の支払いでビットコインがもらえる、つかえる「Coincheckガス」

以下で、上記特徴について詳細解説していきます。

Coincheck利用の最大のメリットは、「わかりやすいスマホ取引アプリ」

Coincheck利用の最大の利用者メリットは、なんといっても非常にわかりやすいスマホアプリ。

ユーザインターフェースのわかりやすさは秀逸で、初心者の方でも直感的に利用できます。今現在も、国内仮想通貨取引所の取引ツールでCoincheckより使いやすい取引ツールはありません。

取引はせずとも、価格チェック用にだけでもアプリを利用する価値が十分あります。

取扱通貨は13通貨。チャート画面は見やすい

Coincheckは、BTC (ビットコイン)、ETH (イーサリアム)、XEM (ゼム)、XRP (リップル)などを含む、合計13個の通貨を取扱っています。

取扱通貨

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)

取扱チャート

新アプリのチャート画面です。
チャートは、1分、5分、15分、1時間、4時間、1日の時間足に簡単に切り替えが可能です。

下図は、チャート表示画面。下にある通貨一覧からクリックすると、各通貨のチャートが表示されます。同画面に「購入」「売却」のボタンもついていて、直感的に利用が可能なアプリです。

choincheckのアプリ表示画面

貸仮想通貨サービスで貸して増やせる

ビットコインをはじめとする仮想通貨は将来的には大きく上昇すると考え保有しているなら、利用したいのが「貸仮想通貨サービス」。
保有中の仮想通貨を期間貸しすることで、金利相当がもらえます。預入期間も、14日・30日・90日・180日間・365日の5通りから選べます。

詳細は以下の記事にて解説しているのでご確認を。

月1万円からの仮想通貨積立投資が可能!

値動きの激しい仮想通貨。いきなり急騰、急落するため、日中仕事をしているビジネスマンにとって、投資タイミングを見極めるのが非常に難しいといえます。

だからこそ、投資スタイルとして取り入れたいのがドルコスト平均法による「積立投資」。株式投資のインデックスファンド投資の王道ともいえるドルコスト平均法による積立を実施し、価格が下がったときは安く多くの量を買うことで、値上り時に一気に資産を増やすことができる投資方法です。

Coincheckなら「Coincheckつみたて」で毎月、毎日のいずれかから低資金で積立投資が実現できます。

この方法なら、価格が半値になっても同じスピードで上昇すれば資産は投資額の2倍も増やせます(一般的には値下がりの期間が短く、値上りの期間は長いので、もっと投資効率が高いと思われます)。なぜ、半値になっても儲かるかや、Coincheckつみたてについては以下の記事で詳細解説しているのでご確認を。

電気料金の支払いでビットコインがもらえる、つかえる「Coincheckでんき」

Coincheckでんきは、電気料金の支払いをビットコインでの支払いで割引が受けられたり(ビットコイン決済プラン)、ビットコインを貰ったり(ビットコイン付与プラン)できるサービスです。

サービスは沖縄電力、その他離島を除く日本全国で、契約形態(アンペア数など)により最大7%お得になります。Coincheckに口座を持っていれば申込が可能。

電気切り替えでいくら得するかはこちらのシミュレーションページから確認できます。

Coincheckでんき

ガス料金の支払いでビットコインがもらえる、つかえる「Coincheckガス」

Coincheckガスは、ガス代のビットコインでの支払いで割引が受けられたり(ビットコイン決済プラン)、ビットコインを貰ったり(ビットコイン付与プラン)できるサービスです。

サービス提供エリアは東京ガス管轄で、一律3%分お得になります。Coincheckに口座を持っていれば申込が可能。

電気切り替えでいくら得するかはこちらのシミュレーションページから確認できます。

Coincheckガス

Coincheck、セキュリティは大丈夫か?

Coincheckを使う際に不安になるのは、セキュリティ体勢でしょう。

Coincheck(コインチェック)は、事件発生から3ヵ月後の2018年4月にはマネックスグループ株式会社の完全子会社傘下に入り。マネックスと共に経営体制・内部管理体制などの抜本的な改革を実行し、再度、仮想通貨取引所のライセンスを獲得するために、サイバー攻撃・情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見のある外部専門家の協力のもと、セキュリティの強化を行いました。

もちろん、今現在は、全通貨、ネットワークにつながっていない場所に資産を保管するコールドウォレットにも対応。万全のセキュリティ体制に努めています。

私は、Coincheckの最大メリットは、使いやすいスマホチャートですので、取引はせずとも、これを利用するためにアカウント開設するのでも問題ないかと思います。