2017年1月から主婦や公務員にも加入が可能になった確定拠出年金。その中で、企業年金がない会社員や専業主婦などが加入できる「《個人型》確定拠出年金」は愛称をiDeCo(イデコ)と言い、只今、注目を浴びています。

iDeCoは最低5000円から加入でき、1000円単位で掛け金の変更が可能。働き方によって、掛け金の上限は異なりますが、企業年金のない会社員や専業主婦の上限額は毎月23,000円です。

節税メリットシミュレーション~独身30才会社員の場合

それでは、今回は以下のようなモデルケースで計算してみましょう。

・家族構成  :独身男性1人暮らし
・職業    :会社員
・年齢    :現在30才、60才までiDeCo投資
・年収    :450万円(日本の2015年平均年収415万円よりやや上)
・毎月の掛け金:2.3万円(企業年金がない会社員の掛け金上限

拠出時の節税額は165.6万円!

年収450万円の方の課税所得の概算額はiDeCoポータルのシミュレーションを用い計算すると、課税所得200万円(200.5万円)で、所得税率は10%が適用となります。また、住民税や所得額に限らず一律10%です。これをもとに計算します。

(1)年額の所得税還付金=23,000円×12ヵ月×10%=27,600円(A)
(2)翌年の住民税の軽減額=23,000円×12ヵ月×10%=27,600円(B)
(3)年間の年間の節税額=(A)+(B)=55,200円
(4)30年間の所得控除による年間節税額=1,656,000円(55,200×20年間)(C)

30年間で合計165.6万円の節税とは大きいです。これを使わずに老後資金としましょう。

私がiDeCo投資に利用している金融機関

積立金+運用益=1900万円!

上記所得控除による節税以外に、iDeCoで運用がうまくいった場合、通常は税金が20.315%かかりますが、iDeCoでは運用益が非課税!さらに複利運用も可能です。
独身30才の場合、60才まで十分な時間があるため、積極投資が可能です。先進国、および、新興国の外国株式型投信などを中心に積極運用すれば、過去データから運用利回り7%での運用が可能です。仮に、少なく見積もって、運用利率5%で運用できた場合の、結果は以下のようになります。

60才時点で
(1)積立元金: 8,280,000円
(2)運用益 :10,861,949円
(3)合計  :19,141,949円( =(1)+(2))←これが貯まった老後資金!

つまり、運用益は積立元本を上回る10,861,949円に!この内、2,172,390円は、運用益の非課税による節税効果です。

合計すると、60才の時には1900万円以上の老後資金ができ、拠出時の節税分166万円も手元に残りますね。そうすると、老後資金は1914+166=2080万円!2000万円以上が貯まりますね。

試算結果はあくまでシミュレーションですが、いわゆる公的年金以外に2000万円を貯めることが、月々2.3万円の拠出で実現できるなら、やらない手はありません。

私がiDeCo投資に利用している金融機関

利回り1%,3%,5%で比較してみよう

利回りはどうなるか正直わかりません。長期投資を前提にすれば、株価が全般的に上昇したときに運用を止めることで5%の運用を確保することは十分に可能。過去を見れば、7%程度の利回りを実現できます。

しかし、心配な方、或いは、利回りを犠牲にしても安定度の高い金融商品に投資したい方のために、もう少し少ない利回りで、どのぐらい増えるかシミュレーションしてみます。

どんな利回りであれ、拠出時のメリット(C)1,656,000円は確保されます。

平均利回り 積立元金 運用益 合計
1% 8,280,000円 1,371,449円 9,651,449円
3% 8,280,000円 5,122,948円 13,402,948円
5% 8,280,000円 10,861,949円 19,141,949円

利回りがほんの2%違うだけで、大きく将来の老後資金に大きな変化が出ることがわかりますね。

結婚後の生活資金、教育資金の準備、住宅購入後のローン返済状況、定年が近づいてリスクが取りにくくなった場合など、状況に合わせて、掛け金の見直しやポートフォリオを見直すことができます。掛け金の金額は年に1回変更が可能です。

さて、確定拠出年金(iDeCo)のようなコツコツ投資は、長期投資することで、複利効果で大きなリターンが得られます。是非、今、行動し、将来の安心を手に入れましょう。

iDeCoの場合は、紙の資料提出が必須です。まずは、申込書類を申し込みましょう。

私がiDeCo投資に利用している金融機関