年内、Amazonで開催中の是非とも利用すべきキャンペーン:まとめて紹介
▼シェア&フォローする▼

Amazonプライム会費はクレジットカードでしか払えない、と思っている方は多いのではないでしょうか。私もそんな一人で、これまでクレジットカードで支払いをしてきました。

しかし、Amazonプライム会員はAmazonギフト券でも払えます!

私は来月10月に会員更新日がやってきます。Amazonギフト券で支払う方がメリットが大きいので(後述)、早速、Amazonギフト券での支払いに設定を変更しました。

今回は、Amazonプライム会費をAmazonギフト券で支払う方法を図解します。

Amazonプライム会費をAmazonギフト券を支払うメリット

Amazonプライム会費をAmazonギフト券を支払うメリット

Amazonプライム会費をAmazonギフト券を支払うメリットは大きく2つあります。

Amazonプライム会費をAmazonギフト券を支払うメリット

❶キャンペーンやふるさと納税などでもらったAmazonギフト券で支払えば、現金持ち出しなし
❷事前にAmazon現金チャージをすることで、Amazonポイントが最大2.5%つく

❶もらったAmazonギフト券を利用する

Amazonのギフト券がもらえるキャンペーンは非常にたくさんあります。
今すぐ申込可能なキャンペーンリスト

また、複数のふるさと納税サイトが行っている寄付でAmazonギフト券還元など、Amazonギフト券をもらう方法は多数あります。
ふるさと納税サイトキャンペーン

これらを利用することで、現金持ち出しやクレカ請求を抑えられます。

❷Amazon現金チャージを利用する

Amazonギフト券チャージタイプで事前チャージをすれば、チャージ金額に応じて以下のようにポイントが付与されます。ポイントがつく分、お得になります。

Amazonギフト券で支払う方法(設定方法)

Amazonプライム会費をAmazonギフト券払いにする方法は簡単です。
以下はPCでの設定画面ですが、スマホでも同様のアクセスURLから設定可能です。

Amazonプライム会員情報ページにアクセスする。

【Amazonプライム会費】Amazonギフト券で支払う設定1

❷画面上部にある「支払い方法の変更」をクリックと表示されるプルダウンから、最下部にある「支払方法を変更する」をクリックする。

【Amazonプライム会費】Amazonギフト券で支払う設定2

❸「お支払い方法を選択」の「Amazonポイント・Amazonギフト券・Amazon種類別商品券」にチェックを入れて「続行」をクリック
これで、「現在の支払い方法」に「Amazonギフト券」が追加されます。

【Amazonプライム会費】Amazonギフト券で支払う設定3

設定画面の記述に「残高が残る場合は、今後の支払いに自動的に使用されます。」とあります。故、Amazonギフト券の残高がある場合は先にAmazonギフト券で払い、残高不足の場合は不足分をクレジットカードで支払うということだと思います。

最後に

今回は、Amazonプライム会費を「Amazonギフト券」で払う方法とそのメリットについて紹介しました。

ちなみに、9/25 9時から、「Amazonタイムセール祭り」が開催となります。こちらでお買い物をする場合も、上記で紹介したAmazonギフト券チャージタイプで事前チャージの上、お買い物をする方法は、実質的な購入価格を安くできます。

是非、有効に活用してくださいね。

皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、 Twitterフォロー RSS(feedly)登録をしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。