▼シェア&フォローする▼

仮想通貨に関するニュースなどを普段聞いたことがないワードをよく見かけます。

「エアドロップ(Airdrop)」という言葉もその一つです。
Appleのデバイス同士でデータをやり取りできる機能「「AirDrop(エアドロップ)」とは全く別物です。

どう意味なのでしょうか?

最後にChami(@poststand)が最もエアドロップでお世話になった仮想通貨取引所も紹介します。

エアドロップ(Airdrop)とは

AirDrop。英語をそのまま訳せば、「空から(何かが)降ってくる」という意味ですね。

仮想通貨におけるエアドロップもまさにその通りで、登録やtwitter連携、ツイートなど簡単なアクションをしたり、特定期日までにコインを所有したりすることで、コインが配布されることを言います。

なんでタダでコインを配布するの?その目的は?

例えば、新しくできたばかりのコインの場合、保有している人が少なく、流動性がありません。また、認知度もありません。

このような時、エアドロップで無料でコインを配布するとアナウンスすることで、認知度と流動性を高めることができます。

Webのアフィリエイト同様、多くの人を紹介してくれた人により多くのエアドロップ(タダコイン)を配布するなどのマーケティング手法がとられていることが一般的です。人々の紹介により、より多くの人がコインの存在気づき、指示してくれれば、そのコインの価値も上がり、コイン運営者、そして、コイン保有者にも嬉しい環境が構築されます。

上場すると数百円~になるよ

Airdropは上場前のものが多いため、配布直後は値がついていません。しかし、上場して、値が付くと価値を持つようになります。

以下の図は、私がAirdropやエントリーした覚えもないけれどももらったコイン/トークンの一部です(2018年2月9日現在)。

タダでもらったコインに500円~4000円の値がついてますね。市場全体が上昇することで価格がUPすることを期待できます。

【ご参考まで】Chamiが最もエアドロップをたくさんもらった取引所

ちなみにChami(@poststand)がこれまで最もおいしい思いをしたエアドロップは、仮想通貨取引所のCoinEx(コイン・イーエックス)です。

仮想通貨取引所CoinEx(コインイーエックス)

取引所への通貨預け入れ、或いは、新規通貨上場祝いとして、取引所トークン「CET」を大盤振る舞いで配布していました。
新規取扱い通貨も続々増えており、今でも、時折、新取扱い通貨上場の際にエアドロップを開催しています。

口座を持っておいて損はないのではないでしょうか。

仮想通貨取引所:CoinEx(コイン・イーエックス)公式口座開設ページ