※2018年7月11日更新

発言に大きな影響力のある一人、ホリエモンこと堀江貴文さん
人が知らないことをいち早くしかもディープに知るホリエモンさんが、ビットコインや仮想通貨の未来をどのように見ているかは気になるところです。

過去、堀江貴文さんが仮想通貨やビットコインの将来について語った内容をまとめてみます。

2017年:【ホリエモンビットコイン対談】~堀江貴文のブログでは言えない話より
2018年:ホリエモン仮想通貨祭

【ホリエモンビットコイン対談】~「堀江貴文のブログでは言えない話」より

ホリエモンさんの有料ブログ「堀江貴文のブログでは言えない話【堀江貴文 × OZZ&ONZ ビットコイン対談】から、ホリエモンさんの発言の一部を抜粋しました。

ホリエモン、早くから仮想通貨投資を始める

もう2~3年ぐらい前からビットコインを扱う会社とかに投資してたりする

(換金所の問題はないの?の質問に対し、)もう現金化させる必要が無くなってるんじゃないですか? ビットコイン自体が使える場所が増えてますから。

ビットコインってすごく面白くて、確か9年前ぐらい前から始まったんじゃないかな。その頃はタダの石ころみたいなものだったのが、その石ころをせっせと集めていた人たちが、今は億万長者になってるわけですよ。

そもそも日本人って、FXが好きっていうか、金儲けが大好き。世界で一番最初に先物取引を始めたのも日本人
(途中省略)
昔から日本には、金儲けのためにアグレッシブに動く人間がいて、その反面でそういう人間に対して公が規制するっていう、今と同じようなことが起きてたんですよ。

当初、トークンエコノミーを盛り上げる

要はビットコインって、まったく何にもないところから始まってるわけじゃないですか。

日本の場合は、そのあぶくがなかったんで、「そういうあぶくを作んないと盛り上がんないな」ってことで、まずはモナーコインだったりnemっていう仮想通貨を盛り上げたんです。

それが割とうまくいって、nemなんか価値が1000倍ぐらいになったんで、その次に目を付けたのがトークンエコノミーなんですよ。トークンエコノミーっていうのは、要はビットコイン上の上場なわけですよね。ICOとかクラウドセールって言われる……

ICOにも参加

僕も2年前にICOに参加したんですけど、それがもう買った時から数百倍に上がっている。

今ってICOをやると、100億円とか200億円って簡単に集まるんです。

ビットコインとかイーサリアムとかそういうので儲かっちゃった人たちにとってみれば、要は20万円が1億円になったわけで、それってほとんどあぶくじゃないですか。だからすごく投資をしやすいんですよ。

しかも、株なんかを買うのとかよりも全然簡単に送金できるから。それこそクラウドセールのアドレスに対して、自分のウォレットから送るだけなんで……。

そろそろ規制が入ると思うんですけど。すごい世界ですよ。

仮想通貨は10年スパンでみればこんなもんじゃない

<ますますバブルっぽくなりそうな状況でしょ? だって、もう時価総額が5兆円とか6兆円あるんです、仮想通貨全体で。そこにいまバンバンICOが入ってて。それでいまICOのプロジェクトが盛り上がっているから、そこでまたキャピタルゲインを得た人たちが、また投資をするわけじゃないですか。<

うわぁと盛り上がったら、どーんと下がる時はあるけれど、10年スパンとか長期的なトレンドで考えると、「こんなもんじゃねぇだろう」って思うんですよ。

ホリエモンさんのディープでとがった考えが垣間見れるブログ、20日間お試し体験で無料
堀江貴文のブログでは言えない話

ホリエモン仮想通貨祭 2018年7月7日

2018年、仮想通貨が大暴落で崩壊し、多くの人が投資で損を出し、市場を去った中で開催されるも、堀江さんの名がつく仮想通貨イベントということで多くの方が来場し、盛り上がりました。その中での発言です。

金融庁の業務改善命令について

堀江さんは金融庁の業務改善命令に対して、「楽観視している」と回答。

これは、日本で初めて、FXサービスが開始された当時と同じ。
新規市場の黎明期には、あるべきルールが整備される過程で「問題発生→業界再編」の繰り返しが起こるもの。

FXでも、以下のようにルールがサービスの後追いで整備された。
・取引所が登録制
・レバレッジ規制などのルールが確立

仮想通貨についても、現在進行中の業務改善命令は、テクノロジー進展の過程で通らなければならない道だと結論付けました。

ビットコインが日常で使われるようになる瞬間は”ある日突然”やってくる

日本は、世界においてもキャッシュレスが遅れた国ですが、世界的に、キャッシュレス化の流れが急速に進んでいる。

今は、日本は現金主義ですが、世界的にキャッシュレスになる時代が来た時、タイミングとしては「2~3年後(2020~2021年)」には、ビットコインが突然日常生活で使われるようになるのではないか。

堀江さん最新刊:これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話

仮想通貨の技術について、さらに仮想通貨の進展により変わる今後の社会・お金の在り方について、非常に親しみやすい文章でまとめられた本です。

ブロックチェーン技術の基礎もおさえながら、社会の変化、お金の在り方、投資の考え方などについて重きをおいてまとめられ、我々自身にどう生きるべきかのヒントも与えてくれます。良書です。

未来に対して、ワクワクできる本はいい本だと思います。わかりやすいので仮想通貨初心者にもおすすめです!

“【ホリエモン ビットコイン対談/仮想通貨祭2018 発言まとめ】仮想通貨バブルは今からが本番。金融庁業務改善命令も楽観視” への1件のコメント

コメントを残す