Adobe、「Creative Cloud」 20%強の大幅値上げ、3月5日から。値上げ前に40%以上の割引で安く買う方法

Adobe「Creative Cloud」の個人版プランの価格が2024年3月5日より値上げとなります。

既ユーザの場合は、次回の更新日のタイミングで新価格が適用されます、更新日までは旧価格で利用可能なので、3月5日前までに年間プランなど長期契約プランを買っておいた方がよいです。

どうせ買うなら、少しでも安く買いたい。

そこで、本記事では、値上げ前に、Adobe Creative Cloud の年間ラインセンスを安く買う方法を紹介します。

【3/5~】Creative Cloud個人版の価格改定(値上げ)

【3/5~】Creative Cloud個人版の価格改定(値上げ)

AdobeCreative Cloud 個人版プランが、2024年3月5日から、以下の通り、値上げされます。(前回の値上げは2022年)。

【3/5~】Creative Cloud個人版の価格改定(値上げ)

Adobe Creative Cloud のプラン、20%以上の値上げ

いろいろなプランがありますが、利用者が多いのは、以下の2つのプランでしょう。

コンプリートプラン全部のアプリが使える。20種類以上
3つ以上利用する場合は、単体よりコンプリートプランの方がお得
単体プラン1つのアプリしか使わない方向けのプラン
Photoshop, Illustrator, Adobe Premiere Pro, After Effects, InDesign, Animate, Dreamweaver, Audition など

これ以外に、組み合わせプラン、ストレージがオプションでついたパッケージ、学生教職員版、法人版などがあります。

後述しますが、Adobe Creative Cloud コンプリートプランは20%強、Adobe Creative Cloud 単体プランは20~30%強の値上げとなっています。

生成AIなど機能強化

値上げに当たって、2024年は 生成AIが搭載されるなど、AI関連の機能強化が実施されています。

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン:値上げのインパクト

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン

Adobe Creative Cloud コンプリートプランは、20種類以上のアプリが1つにパッケージ化されたプランです。

グラフィックデザイン、動画、写真、イラスト、マーケティング、SNSでの発信に役立つ編集ツールをすべて含んでいます。さらに、20以上のアプリやサービスに加え、20,000種類のフォント、ストレージ、テンプレート、チュートリアルが付属しています。
3つ以上のアプリを使うならAdobe Creative Cloudコンプリートプランがお得です。

DTP関係Illustrator、InDesign 他
Webデザイン関係Photoshop、Illustrator 他
Web制作関係XD、Dreamweaver 他
動画編集関係After Effects、Premiere Pro 他

Adobe Creative Cloud コンプリートプラン、値上額・値上げ率

支払い方法現行価格新価格値上額値上げ率
月々プラン、月々払い10,280円12,380円2,100円20.4%
年間プラン、月々払い6,480円7,780円1,300円20.1%
年間プラン、一括払い72,336円86,880円14,544円20.1%

上記のように、値上げとなります。20%強の値上げです🥀値上げのインパクトが大きいです。
次回更新日まで、旧価格のまま利用できるので、年間プランの一括払いの購入がベターです。

各プランを「月当たり」「年間合計」で比較してみたものが以下の表になります。

支払い方法現行価格
月当たり
新価格
月当たり
現行価格
年間合計
新価格
年間合計
月々プラン、月々払い10,280円12,380円123,360円148,560円
年間プラン、月々払い6,480円7,780円77,760円93,360円
年間プラン、一括払い6,028円7,240円72,336円86,880円

少なくとも、Adobeで買うより、Amazonで購入した方が安いです。
3年分36カ月分のプランを購入すれば、より月当たり/年間費用は安くなります。Amazonなら36か月版が購入できます。

Adobe Creative Cloud コンプリートプランはもっと安く買える!

デジハリオンラインのAdobeマスター講座:Adobe Creative Cloud コンプリートプランはもっと安く買える!

実は、通常にAdobeやAmazon・楽天などで買うよりも、「デジハリオンラインのAdobeマスター講座」を利用した方が安く買えます

価格は39,980円です。

オンライン教材を0円として価格比較しても、Adobe公式現行価格で購入するより、
32,356円(=72,336-39,980円、44.7%OFF)安い
です。

「デジハリオンラインAdobeマスター講座」とは

デジハリオンラインのAdobeマスター講座」は、Adobe公認のスクールパートナーによる、アドビが認定のオンライン講座です。

この講座には、以下が含まれています。

デジハリオンラインのAdobeマスター講座:含まれるもの

Adobe Creative Cloud 学生・教職員版ライセンス1年分
・基礎が学べる約46時間分のオンライン動画教材
・1ヵ月の動画視聴期間
・2ヵ月の課題添削期間
※オンライン講座、課題添削などは、任意受講

つまり、オンライン授業もついて、個人向けのAdobe Creative Cloud コンプリートプラン(年間プラン、一括払い)を購入するより安いのです!

なお、Adobe Creative Cloud 学生・教職員版ライセンスも値値上げされるので、価格改定となる可能性もあります。いずれにせよ、早めに申し込むのがよろしいかと。

決済後最短10分で利用可能

申込・支払いが済むと、最短10分で利用可能です。受講者IDおよびライセンスは、お支払い後すぐにメールが届きます。

まだライセンス期間が残っている方も利用可能

「デジハリオンラインAdobeマスター講座」のAdobe Creative Cloud 学生・教職員版ライセンス1年分には、使用開始の制限がありません。

つまり、現在、使用中のライセンス期間が残っている場合、値上げ前に購入して、アクティベーションコードの入力は次回ライセンス時期の更新に合わせて行えばOK。これで、ライセンス期間の無駄は発生しません。

※オンライン講座は購入したタイミングでのスタートになります。

1年ライセンスが満了。再度申込可能?

「Adobe Creative Cloud(Adobe CC)」ライセンスが切れた後、Adobeマスター講座へ再度申し込むことができます。次年度以降も継続して講座受講申込で、通常価格よりはるかに安い価格でライセンスが利用できます。

【注意】法人利用不可

最大の注意点は、学生・教職員版なので法人名義での購入はできません。個人名義での購入となります。
なお、商用利用は全く問題ありません。

Adobe Creative Cloud 単体プラン:値上げのインパクト

Adobe Creative Cloud 単体プランも3/5より値上げ<

Adobe Creative Cloud 単体プランは、1つしかアプリを使わない方向けのプランです。
こちらも、3月5日から値上げとなります。

Adobe Creative Cloud 単体プラン、値上額・値上げ率

支払い方法現行価格新価格値上額値上げ率
月々プラン、月々払い3,828円4,980円1,152円30.1%
年間プラン、月々払い2,728円3,280円552円20.2%
年間プラン、一括払い28,776円34,680円5,904円20.5%

上記の通り、大幅な値上げです。20%~30%強の値上げとなります🥀
こちらも、次回更新日まで、旧価格のまま利用できるので、年間プランの一括払いの購入がベターです。

各プランを「月当たり」「年間合計」で比較してみたものが以下の表になります。

支払い方法現行価格
月当たり
新価格
月当たり
現行価格
年間合計
新価格
年間合計
月々プラン、月々払い3,828円4,980円45,936円59,760円
年間プラン、月々払い2,728円3,280円32,736円39,360円
年間プラン、一括払い2,398円2,890円28,776円34,680円

Adobe Creative Cloud 単体プランを安く買うには

Adobe Creative Cloud 単体プランを安く買うなら、Amazonで年間プランを購入しましょう。公式で買うより安いです。


Illustrator
12ヶ月/24ヶ月/36ヶ月版

Acrobat Pro DC
12ヶ月版

Lightroom
12ヶ月/24ヶ月/36ヶ月版

Adobe Creative Cloud フォトプラン
12ヶ月/24ヶ月/36ヶ月版

最後に

今回は、Adove Creative Cloud の値上げと、値上げ前に、Adobe Creative Cloud の年間ラインセンスを安く買う方法を紹介しました。

どこで買っても、機能です。少しでも安く購入してくださいね。
マイクロソフトの業務ソフトを安く買う方法も、是非、参考にしてください。