洗濯物が乾かない... 洗濯が加速・時短できる数千円~のおすすめ便利グッズ

6月21日(木)、気象庁は関東甲信地方が梅雨入りしたとみられると発表。平年・昨年よりも遅い梅雨入りです。

洗濯物が乾かない、生乾き臭が気になる、自宅内に洗濯物を干す場所がない…
梅雨シーズンは、洗濯物の悩みが一気に増えます。
そもそも、多くの人が普段から間違った洗濯方法で、大切な衣類を痛めています。特に、梅雨明け後の本格的な夏は衣類を痛めやすくなります。

そこで、本格的な夏到来の手前、ジメジメ梅雨時期に、洗濯の仕方を見直ししてみてはいかがでしょうか。

梅雨の季節に取り入れたい、洗濯を加速する便利グッズ、コスパのいい洗濯グッズも合わせて紹介します。

[スポンサーリンク]

おすすめ読み放題:ビジネス書 自己啓発  お金・投資マネー本  小説

2024年梅雨入り・梅雨明け

入り明け降水量の平年比(%)
2020年6月11日ごろ8月1日ごろ174
2021年6月14日ごろ7月16日ごろ128
2022年6月6日ごろ7月23日ごろ90
2023年6月8日ごろ7月22日ごろ110
2024年6月21日ごろ
平 年6月7日ごろ7月19日ごろ

関東の梅雨入りが6月21日だとして、例年、梅雨のシーズンはどのぐらい続くのでしょうか?より梅雨入りだとして、いつ、梅雨明けはいつ頃なのか。

上記は、2020年以降、過去の平均です。結構長いですね。

今年は普通に比べて随分と梅雨入りが遅いことがわかりますね。

【6/24まで】Amazon 最大10%還元 & Fashion✕夏先取り タイムセール祭り

最大10%ポイントアップの要件

プライム会員会員なら+2%
Amazon MasterCardでのお買い物で最大+3%
❸1度に6点以上の買い物で+1%
服・靴・バック・財布・腕時計・ジュエリー商品は+5%

傘、レインコートなどは、「ファッション」カテゴリーの商品です!

多くの人は、正しい洗濯の仕方を知らない

外干しは衣類を痛める

さて、梅雨の時期は洗濯物の悩みが増えますが、それとは別に、そもそも、これまで洗濯の仕方を習ったことがありますか?多くの方はないのではないでしょうか。

だから、多くの人は、正しい洗濯の仕方を知らない!その結果、衣類を痛める洗濯をしています。高性能の洗濯機・洗剤を使えば、黄ばみ、型崩れ、ゴワゴワなどはの問題が解決するわけではありません。

私にこの事実を教えてくれたのが、洗濯ブラザーズの著書「間違いだらけの洗濯術」。

正しい洗濯方法を学ぶことで、「洗い上がりの質感が違う」「においが消えた」「シミが残らなくなった」「肌触りがよく居心地がいい」「いつまでも新しく見える」「肌荒れが改善した」などの効果が得られるはずです。一読の価値ありです。

正しい洗濯のポイントの一部は、以下の記事でまとめています。是非、チェックしてみてください。

洗濯物を素早く乾かすことが重要な理由

洗濯物を素早く乾かすことが重要な理由

度が高い梅雨時は水分が蒸発しにくく、洗濯物がなかなか乾きません。この場合、特に気になるのが、洗濯物の匂い。

室内干しの洗濯物の匂いが気になってしまう理由は、洗濯物に残った汚れの酸化や雑菌の繁殖してしまうから。これを防ぐためにも素早く乾かすことが大切です。

洗濯物の匂いを防いで早く乾かすために私が気を付けていることは以下の3つです。

洗濯物の匂いを防いで早く乾かす5のポイント

❶洗濯物をため込み過ぎにに洗濯する:容量オーバーは汚れ残りの元
❷洗い終わったらすぐに干す    :基本中のキ
❸洗濯物は適度な間隔をあけて干す :早く乾かす工夫
❹換気をしながら洗濯物を干す   :送風機などで乾きを早める
❺定期的に洗濯槽掃除をする    :洗濯機に貯まる衣類カスや水垢・カビの除去

❸❹を守って早く乾かすためにも、❶の洗濯物はため込まずに洗濯することが大事です。

毎日雨で乾かないから…と洗濯物を控えてしまわないように!

雨の季節の洗濯物:あると便利なグッズあれこれ

雨の季節の洗濯物:あると便利なグッズあれこれ
以下では、梅雨シーズンの洗濯物の悩みを解決するグッズを紹介していきます。

・乾かす場所を見直す:突っ張り干し
・洗剤・洗濯機洗浄で汚れのもとを絶つ
・ハンガーを見直す:ステンレスハンガー

乾かす場所を見直す:突っ張り干し

できるだけ早く乾かすには、干す場所を見直すことも大事です。

窓枠付近を有効活用:窓枠物干し

w90
w80

Amazonで評価4.5以上、コメント3000件越えの人気商品です。
洗濯台を家の中に広げると、家の中が手狭になります。そんなご自宅に重宝するのが、窓枠物干しです。

使用時は、竿を簡単につまんで引き出すだけ。物干しを設置したままカーテンを閉められるので、取り付け・取り外しの手間がかかりません。窓枠(天井に突っ張る)竿受け(ホルダー)を固定するだけなので、女性でも楽々組み立てが可能です。

壁面に突っ張るだけでの仕様なので、取り付ける場所次第で、物干しとしてだけでなく、ハンガーラックとしても活躍可能します。

その他以下のような商品もあります。

取付場所自由:室内物干しワイヤー

壁に穴をあけてもOKなら、ワイヤータイプもあります。インテリアになじみやすいデザインです。
最高荷重:約25kg、ワイヤーの長さ:最大 約4.3mで、長さは自由に調節できるので、お好きな場所に取り付けられます。

エアコン活用で早く乾く!速乾エアコンハンガー

早く乾かすには「風」を利用することが大切です。そんな時に重宝するのが、エアコンの風を利用して乾かすことができる速乾ハンガー

取り付けに工具不要で、本体についている金属部分をエアコンの後ろに挟み込むように引っかけるだけで設置できます。

w90
w90

ベランダ 便利シート

w90
w80

サイズ:180×160cmのシートで、急な雨でも安心 洗濯物を雨からガード。下部は通気性の良いメッシュネットになっているので風も通する。
半透明なので目線よけや簡単な日よけにも!

洗剤・洗濯機洗浄で汚れのもとを絶つ

最近は消臭除菌の洗剤も充実しています。積極的に利用しましょう。

消臭洗濯洗剤

洗濯槽クリーナー

洗濯槽の掃除は大事です。下記商品の中で最も効果が高いと評判なのは、見慣れない容器の商品ですが「洗濯槽クリーナーSK-1」。殺菌効果が最も高く、全洗濯槽で利用できます。

なお、洗濯槽クリーナーの種類は大きく分けて2種類あります。

洗濯槽クリーナーの種類と特徴

❶塩素系:こまかい汚れを落としに適。素早く掃除可。掃除頻度は2ヵ月に1回
❷酸素系:厚みのある汚れを落とすのに適。じっくりつけ置き掃除。掃除頻度は半年に1回

❶塩素系洗濯槽クリーナー

❷酸素系洗濯槽クリーナー

ハンガーを見直す:ステンレスハンガー

洗濯干し用ハンガーで最も一般的なのは、プラスチック製。しかし、プラスチック製の洗濯ハンガーは2年ぐらいすると劣化し、ピンチがどんどんとれてなくなってしまいませんか。また、洗濯物を取り込んで折りたたんで収納する際も、結構なスペースを食います。

故、私が使用しているのはステンレス製の物干しハンガーです。

コスパ抜群!ステンレス洗濯物ハンガー

購入時はステンレス製よりプラスチック製の方が価格が安いですが、ステンレス製ならプラスチックのように劣化しないので、各段に長く使えて、コストパフォーマンス的には上。ピンチが取れてしまうこともありますが、予備ピンチ付きの商品などを使えば取り換え可能。予備のピンチも売っているので、それだけ買えばOKです。

また、ステンレス製は折りたたんでしまう場合に省スペースでも収納が可能。だから、私はステンレス製しか買いません!

たたむ時間も時短!滑らないハンガー

洗濯ものをたたむ手間や時間を省きたかったら、乾いたらハンガーそのままクローゼットに収納!丈夫でさびにくくて滑らないステンレスハンガーなら、それが可能です。

広げて干せない室内干しに!くるくるハンガー

手狭で広げて干せないバスタオルやシーツ干しに。

工夫フックでいろんなものが効率的に干せるハンガー

どんな衣類でも、洗濯ものに優しく掛けることができる多目的ハンガー。
襟ぐりを伸ばすことなくするっとかけられるだけでなく、ジーンズからネクタイ、タンクトップまで1つのハンガーで効率的に干すことができます。衣類に合わせてハンガーを選ぶ必要がないので、とても便利です。

w90
w90

最後に

今回は、梅雨の季節の洗濯について、私が気を付けていること、および、おすすめの洗濯グッズについて紹介しました。
まだしばらく雨に悩む季節が続きます。参考になれば幸いです。