▼シェア&フォローする▼

楽天モバイルで「月1GB以下0円利用」が可能だった「Rakuten UN-LIMIT VI」を2022年6月末で終了。7月からは、新プランに自動移行となり、最低でも月額1,078円の費用が発生します。

これに伴い、サブ回線の乗り換え先を考えている人は多いのではないでしょうか。

私もサブ回線の乗り換え先を探している一人。できるだけ安く、現在の楽天モバイル0円利用と同等の環境、つまり、携帯番号を維持しつつ、1GB程度の高速通信を実現するにはどうしたらいいか?

今回は、楽天モバイルからの乗り換え先候補となるサービスを3つ紹介します。

【楽天モバイル契約者限定】タダでポイントをもらっておこう!

楽天モバイルへの引き留め策でしょうか。
楽天モバイル契約者限定で楽天マガジン初めてで31日間無料+500ポイント もらえるキャンペーンが開催中(6/25まで)。
以下ページからのエントリー&楽天マガジン申し込みが必要です。途中解約すれば、ポイントタダ取りが可能です。

povo2.0:携帯番号維持だけなら最も安い

povo2.0

今、最も乗り換え先として話題となっているのはpovo2.0です。

回線維持だけなら最低440円

基本料金はゼロ円。期間縛りもなく、使いたいものを、使いたい分だけ選べるという料金プランが新しい。引き続き携帯電話・SNS番号を無料で維持したいだけなら、au回線の「Povo2.0」一択。通信回線は低速(最高速度128kbps)ながら、利用が可能です。

ただ、「180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがある」ため、これをクリアするには、少なくとも、半年に1回はトッピング購入が必要です。最安のトッピングは、月220円のトッピングで、これを利用するなら、年間440円で回線が維持できます。

問題は低速通信に耐えられるか?

この方法で、回線は維持できますが問題もあります。
果たして、低速通信に耐えられるか? 楽天モバイル移行組が急増することで、益々遅くなる可能性が十二分に考えられます。

楽天モバイル0円範囲の高速データ通信1GB程度は使いたいとなると、データトッピング 3GB(30日間、税込990円)を利用する必要があり、楽天モバイル継続利用と、金額的な大差はなくなります。

では、楽天モバイル0円利用と同様1GBのデータ通信も格安で利用したい場合、候補となるのはどこでしょうか。調べてみた結果、候補となるサービスは2つあります。

HISモバイル:最安290円~

HISモバイルから、楽天モバイルの0円廃止を受けて登場したのが、新プラン 料金重視派向けのドコモ回線「自由自在290プラン」。

楽天モバイル同程度で月額550円

楽天モバイル0円利用範囲1GB程度は使いたい場合、HISモバイルなら約半額の月額550円(年間 6,600円)で利用できます。
楽天モバイルをそのまま利用し続けた場合、月額1,078円なので、年間6,336円お得になります。

しかも、100MB未満の月は税込290円になります。また、1GBに達した場合は、低速(最大200Kbps)での通信が可能です。解除料金も必要ありません。

メイン回線の候補先にもなり得る

HISモバイル 料金比較

メイン回線を楽天モバイルで利用している方にとっても乗り換えの検討の余地が十分あり!
通信はWi-Fiを使うことが多くデータ量は3GB未満で十分という方なら、楽天の最安料金よりも安い月額770円に抑えらます。また、7GBでも1000円以内に抑えられ、上図「1000円内料金比較」でもHISモバイルはお得なことがわかります。

複数回線同時申込なら、家族でも家族じゃなくとも同一住所なら、同時契約申し込みでキャッシュバックキャンペーンも開催しています。

また、サブ回線はデータ通信にしか使っていない場合は、音声通話付より安いデータ通信専用「データ定額440プラン」で月額440円に抑えられます。

日本通信:1GBで最安290円

日本通信にも、楽天モバイル0円利用廃止、さらに、HISモバイルにも対抗したプランがあります。
それが、ドコモ回線の「合理的シンプル290プラン

・家のWi-Fiを使うことがほとんどなので、データ量は1GB未満である
・電話番号を維持しておきたい
・長期間使わない月がある
・待ち受け電話として使いたい

といったニーズを満たすプランで、データ量は1GB未満なら290円なので、HISモバイルより安い料金設定です。
ただし、安いのには理由があり、上限値に達すると、通信ができなくなります。使い切った場合は、申し込みをして、1GBあたり220円を追加支払いしていく形になります。

サブ回線は1GB以上は絶対に使わない方にはよさげです。

ポイントUPやかけ放題の特典利用者はさらなる考慮必要

上記で紹介した格安回線は、楽天経済圏でのポイント獲得を重視しておらず、かつ、「楽天モバイル0円利用」を高速データ通信1GB利用をメインとしたサブ回線として利用している場合に有効な回線です。

例えば、私のように楽天モバイルで2回線(1回線はメイン回線で継続利用、2回線目はサブ回線でこれまで0円利用、現在移行検討中)利用しているような場合も該当します。

しかし、「楽天経済圏でのポイントUP」を狙ったり、かけ放題となる「楽天LINK」を無料で利用することを目的とした場合は、これらのメリットも加味して移行を考える必要があります。

0円廃止の代わりにポイントUP

楽天モバイル0円廃止で最低でも1078円/月となる代わりに、楽天SPUの還元ポイントがUPします。

5/31まで:楽天モバイル利用で+1倍
6/01~ :楽天回線利用で+1倍、ダイヤモンド会員なら+1倍 (※楽天モバイル利用+1倍もつく)

よって、楽天モバイルから移行した場合はポイント+0倍となるのに対し、継続利用の場合はポイント+3倍となり、楽天経済圏での1か月の合計利用額が多い人は楽天モバイルを継続した方が特になります。

単純計算の場合、損益分岐点は月の利用額が35,934円(=1078円/3%)となります。毎月楽天で3.6万円以上使っている方は、そのまま継続の方がよさそうです。

かけ放題をどうするか

毎月3.6万円以上、楽天経済圏使わないの場合は、楽天LINKで使ってきた通話分の代替を探さなければなりません。

この場合、上記で紹介した3社とも比較すると月額料金は以下のようになります。

楽天モバイル:基本料金 1078円+楽天LINK 0円
Povo2.0  :基本料金 0円+5分かけ放題 550円、かけ放題 1,650円
HISモバイル:基本料金 290円+5分かけ放題 500円、かけ放題 1,480円
日本通信  :基本料金 290円+70分通話 700円、かけ放題 1,600円

上記は高速データ通信を含まないため、あくまで通話がメインの人の乗り換えです。

賭けだが考慮の余地ありのLINMO ミニプラン

LINMOのミニプラン一時的に限定するなら、最安での利用が可能です。
個人的には、楽天モバイルの実質無料が終了する10月末の段階で、LINMOが最大半年実質無料キャンペーンを継続しているなら、一時利用したいキャンペーンです。

ただし、キャンペーンが継続しているかは??です。

最後に

今回は、楽天モバイル0円利用廃止の乗り換え先となる、格安プランを紹介しました。

調べてみて思ったのは、探せば、安いプランはいろいろあるということ。過去にスマホ維持にかかっていた費用を考えると驚きます。

携帯回線を10年以上同じキャリアを使っていると自慢げに話す人がいますが、今の時代においては、同じところを使い続けるのは、「リテラシーが低い人」「めんどくさがりな人」であることを露呈しているようなものです。

同程度のサービスなら安い方に切り替えた方が、よいに決まっています。この記事を読んでくださっているような、楽天モバイル0円廃止で移行を考えているような方は情報に敏感な方が多く、そんな心配がない方がといえますが、むしろ、そういうニュースを知っても、なんとも思わない人に、是非、回線乗り換えの検討を勧めたいです。