▼シェア&フォローする▼

クレジットカード、電子マネー払いでお買い物をする人にとって当たり前になった「ポイント還元」。割引ももちろん嬉しいですが、ポイント還元はポイントがたまっていくのが嬉しいという方も多いのではないでしょうか?

では、10%ポイント還元」と「10%割引」。どちらがお得に感じますか?

同じなのでは?と思われたかもしれませんが、お得度がまったく異なります。

楽天ふるさと納税もポイントUP対象

よりお得にセールを利用

10%還元 VS 10%割引:どっちがお得か対決

10%還元 VS 10%割引:どっちがお得か対決

「還元」も「割引」もお得に買い物できる点は同じですが、実質割引率を見ると、全くお得度がまったく異なることが分かります。
「10%還元」と「10%割引」の実質割引率を比較してみましょう。

10%割引の場合

1000円の商品なら900円で買えます。割引率はそのまま10%割引ですね。
割引率は計算するまでもありませんが、計算式は以下のようになります。

実質割引率:100円÷1,000円×100%=10%

10%還元の場合

1000円の買い物をすると100ポイントが付与されます。
ポイントは後日お買い物に利用できるので、見方を変えると、1100円の商品を100円割引で買うのと同じです。この割引率を計算すると、以下の通り、10%得した!と見せかけて、実際のお得度は9.09%となります。

実質割引率:100円÷1,100円×100=9.09%(小数点第2位以下は四捨五入)

還元率と割引率:還元率と実質割引率の対応表

還元率と割引率:還元率と実質割引率の対応表

このように同じパーセンテージでの「還元」と「割引」では、「還元」のほうがお得度は小さくなります。特に、この差は、「率」が大きくなるほど顕著に差が開きます。以下は●%還元は▲%OFFになるかを示した「還元率と実質割引率の対応表」を見てみましょう

●%還元は▲%OFF?:還元率と実質割引率の対応表

還元率  実質割引率
1%    0.99%
2%    1.96%
3%    2.91%
4%    3.85%
5%    4.79%
10%    9.09%
20%    16.7%
40%    28.6%
50%    33.3%
100%    50.0%

割引率が大きくなるほど、お得度に大きな差が出ることがよくわかりますよね。

「100%還元」「実質0円」に注意!

例えば100%ポイント還元!」「実質タダ」というと、ものすごくお得感を感じませんか?しかし、これは、冷静に割引率で考えてみると「50%=半額です。

タイトルに示した「実質タダ VS 80%OFF」どちらがお得か の答えは、「80%OFFの方がお得」となります。

「実質0円」で検索するとまずヒットするのが「スマホ実質0円」です。スマホ端末と同額分をポイント還元するというマーケティングセールスですが、これも半額。しかも、多くの場合、付与されるポイントは「期間限定ポイント」です。期日でポイントの価値は消滅するので、半額よりも価値が低いと考えてもいいでしょう。

スマホ0円で利益なしで売ってもお店はつぶれないのか?と思った方、実は割引50%セールと同じでなので、普通の経営状態である限りつぶれません。最近、「割引セール」よりも「ポイント還元セール」が多いですが、ポイント還元でセールをした方が、宣伝インパクト効果に対し、お店の利益は確保しやすいからです。賢い消費者でいるためには、このことを知っておいた方がよいでしょう。

私は実質どれだけ安くなるかが大事なので、ポイントを貯めることは重視していません。故、還元率と割引の同率のキャンペーンがある場合は「割引」を選びます。

人は数字に騙されやすい

人は数字に騙されやすい

上記の「還元率VS割引率」に限らず、人は数字に騙されやすいものです。

例えばクレジットカード払いのポイント還元は、通常0.5%。高くても2%程度です。そのため、ポイント還元10%と聞くととてもお得な気がします。一方、買い物が安くなるバーゲンでは10%割引では魅力がありませんよね。

これは、アンカリング効果(Anchoring Effect)と言われる心理学における認知バイアスの一つです。最初に与えられた数字(アンカー)を基準に考えることで、その後に提示された別の数字への認識がが変わり、判断や行動に影響が出ます。10%割引では魅力に感じないのもこの一例です。

最後に:数字への苦手意識

人は数字に限らず、意味のわからないものは嫌いです。数学が分からない数学アレルギーなので文系を選んだなど、よくある話です。
しかし、仕事や生活の上で数字に強くなるためには、高い計算力は必要ありません。また、数学ができるかどうかも関係ありません。小学生レベルの四則演算で十分事足りることが大半です。

日頃から、ちょっと、関心を抱くだけで、見えてくる世界が変わってきます。いつの間にか損をしないためにも、「数字」に強くなった方がいい。

【参考】数字に興味を持つための良書

数字・数学に関する面白い本を読むと、興味も沸いてきます。以下の本は数字・数学に関心を持つための良書です。

特に、「数学に感動する頭をつくる」はおすすめ!お子様の算数力・数学力UPのための本ですが、大人自身にとっても学びが多い本です。
算数力、数学力なんてものはない。数学を解く力は、計算力(マニュアルにそって作業をする能力)だけでなく、頭の中に図形をイメージする連想力、推理する能力、工夫する力、抽象的なことを理解する力、論理的に考える能力、実験し観察し整理する能力、発想力、見抜く力(洞察力)、さらには、反省してミスを防ぐ力(自己反省の力)など実に様々な能力を必要とすることを知り、なるほど…となりました。

created by Rinker
¥990 (2022/11/26 19:20:02時点 Amazon調べ-詳細)
Kindle Unlimited 対象本
created by Rinker
¥1,400 (2022/11/26 03:11:42時点 Amazon調べ-詳細)
Kindle Unlimited 対象本
created by Rinker
¥484 (2022/11/26 03:11:42時点 Amazon調べ-詳細)