▼シェア&フォローする▼

2021年6月1日、スーパー普通預金(メインバンク プラス)の改定により、三菱UFJ銀行との取引でPontaポイントがもらえるようになりました。

三菱UFJダイレクトでのポイントサービスの申込は6月13日からとなりますが、取引に応じて毎月Pontaポイントがもらえるようになります。

メガバンクが独自のポイントサービスではなく、利用者が多く利便性が高いPontaポイントのような大手ポイントプログラムと連携してくれるのはいいですね。

三菱UFJ銀行でPontaポイントを貯めよう

Pontaポイントをためるには、三菱UFJダイレクトでポイントサービスのお申し込みの上、以下の手続きをするともらえるようになります。

申込方法

❶インターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」にログイン
❷6月13日以降に、三菱UFJダイレクトから「ポイントサービス」に申込

取引で貯まるPontaポイント数

取引内容獲得ポイント備考
❶三菱UFJダイレクトへのログイン10Ponta㌽/月月内に一度でも対象
❷口座振替10Ponta㌽/月月内に一度でも対象となる取引があればOK
❸三菱UFJデビット10Ponta㌽/月同上
❹クレジットカード引き落とし10Ponta㌽/月同上
❺投信つみたて・外貨つみたて(1万円ごと)30Ponta㌽/月自動振替が行われた金額合計1万円ごとにポイント加算の対象
❻運用商品残高(50万円以上)50Ponta㌽/月運用商品残高は、外貨預金、投資信託、公共債、金融商品仲介、MUFGファンドラップの月末合計残高が50万円以上の場合対象
❼住宅ローン残高あり50Ponta㌽/月月末時点でお借入残高がある場合対象

さらに詳細な内容は、三菱UFJ銀行の案内ページにてご確認を。

条件クリアしやすいのは、❶~❹まででしょうか。

私の場合、現時点で確実に毎月確実にクリアできているのは❶❷。月によってクリアできるのが❹。月にして15~25㌽程度の獲得です。

大きく貯まるものではないですが、一度、申し込みをしておけば、後は放置なので、6月13日以降に申し込みをしようと思います。

三菱UFJ銀行の口座開設、7月以降は手数料必要

話は変わりますが、過去にTwitterにつぶやいたことがありますが、三菱UFJ銀行は7月以降に口座を作ると口座管理手数料がかかる場合が出てきます。

2021年7月1日以降に開設、2年以上未利用の普通預金口座については、不正口座の作成・利用の防止や口座の維持・管理に係る費用の一部に充当するための手数料「未利用口座管理手数料」年間1,320円(税込)が発生します。

結構、バカにならない手数料です。

なお、本手数料は2021年6月30日以前に開設済みの普通預金口座は対象外です。

今後、三菱UFJ銀行の口座が必要になる可能性があるなら6月中に開設することをお勧めします。

最後に

今回は、三菱UFJ銀行の取引でPontaポイントが貯まるようになった件について、紹介しました。

なお、Pontaポイントが最も貯まりやすいのはポイント還元が1.2%のリクルートカード。口座開設するなら週末の口座開設がおすすめ。口座開設特典が大きくなります。

私も一部支払いにこちらのカードを利用し、Pontaポイントを獲得しています。