JR東日本パスなら新幹線も乗り放題に!3日間乗り放題で22,150円特別切符が期間限定発売 ※東京発なら仙台以北行きで十分メリット
▼シェア&フォローする▼

JR東日本が、鉄道開業150年記念としてJR東日本パスが、期間限定で復活。
JR東日本のエリア内が乗り放題。特急、急行、快速列車はもちろん、新幹線も対象です。

1か月前から販売開始で、1回につき、6名分まで購入が可能なので、家族旅行などでも利用しやすい。
遠方旅行に行くなら、メリットのあるパスです。

新幹線も3日間乗り放題「JR東日本パス」

■発売期間:
2023年2月2日~2023年3月10日
※利用期間開始日の1か月前から3日前までの発売。

■利用期間:
2023年3月2日~2023年3月15日
※有効期間は、連続する3日間

■料金:
大人 22,150円
小人 10,150円

■フリーエリア:
JR東日本全線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、三陸鉄道線、北越急行線、伊豆急行線、富士急行線の各全線及びえちごトキめき鉄道線(直江津~新井間)の普通列車と特急等(新幹線含む)の普通車自由席およびJR東日本が運行するNRTが乗り降り自由。
※北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)、北陸新幹線(上越妙高~金沢間)は利用不可

■販売場所:
えきねっと(WEB)
※フリーエリア内の指定席券売機や窓口等で受取。受取は利用当日でも可

3日間の自由旅行・帰省にはメリット

全国旅行支援制度の利用は考えず、自由に旅行サイトの割引旅行などをベースに旅行を計画するなら、新幹線も乗り放題の「JR東日本パス」は十分利用価値はありです。
少なくとも、東京~新青森を往復すれば、元が取れます。

私は昨年の夏に東京から仙台に2泊3日の旅行をしましたが、その際のJR東日本分の交通費は約24,000円(新幹線はえきねっと予約)でした。

■東京⇒仙台 3日旅行 交通費(JR東日本分)
東北新幹線(上野-仙台往復):22,800円 ※3日間往復、指定席
仙山線(東照宮-仙台片道) :189円
仙石線(仙台-松島海岸往復):836円
合計           :23,825円

東京発なら仙台以北に旅行・帰省するなら、「新幹線往復だけでもメリット」があります。

その他、自宅から最寄り新幹線駅までJRで行けば、プラスでお得になりますし、1日にいくつかの地点を新幹線で移動するなどすれば、十分なメリットが得られます。

旅行の参考にしてもらえればと思います。

全国旅行支援を利用して、宿泊費を安くしよう

2023年1月10日以降の全国旅行支援制度については、以下の記事をご参考に。

※全国旅行支援のクーポンが完了してるサイト・道府県がありますが、別の旅行サイトを確認すると、まだ開催中の場合もあります。


旅行予約サイト
貯まるポイント
特徴・メリット
楽天トラベル

楽天ポイント

全国旅行支援 キャンペーンページ
 全国旅行支援の割引+楽天独自割引で最大35%分お得
 楽天独自割引(㌽還元、クーポン割引)は 要エントリー

楽天トラベル 宿クーポン
楽天トラベルスーパーDEAL※最大40%還元
ふるさと納税も活用可能
 楽天トラベルクーポン JTBふるさと納税クーポン

じゃらん

Pontaポイント
dポイント

全国旅行支援 キャンペーンページ
最大1.5万円割引 じゃらん宿クーポン
リクルートカードで決済すればポイント還元3.2% 
 ※新規入会特典あり

JTB

JTBトラベル㌽

全国旅行支援キャンペーン

Yahooトラベル

PayPayポイント

全国旅行支援キャンペーン
いつでもだれでも最大10%お得
 ・PayPayポイントの「今すぐ利用」が可能
 ・旅行期間の設定なし
 ・Yahoo!プレミアム非会員も同様の特典

セントラル
短資FX
クラブオフ


いつでも
優待価格
【無料で会員になれる優待サービス】
口座開設するだけで入会金・年間費無料で優待サービスが受けられる
・20万か所以上のホテル・旅館・レジャー施設、映画、グルメなど優待割引
・【VIP会員】は毎週木曜 1泊500円の宿にエントリー可能
・すぐに使える各種クーポン配布