▼シェア&フォローする▼

楽天経済圏を利用するなら必須の楽天カード
私は、楽天証券でのクレカ積立(ポイント利用可)と楽天市場でのお買い物に利用しています。

さて、楽天カードでは、2枚目の楽天カードを作成&1回利用で、2,000ポイントもらえるキャンペーンが開催中です。
通常、1000ポイントの進呈のところ、期間限定で2000ポイント進呈になっています。

キャンペーン内容

特典
2,000ポイント(期間限定ポイント) ※進呈日の翌月末まで

期間
2022年4月18日(月)10:00~2022年4月25日(月)10:00 ※終了時間に注意

対象カード・対象者
・楽天カード     :年会費無料カード
・楽天PINKカード   :年会費無料、女性にうれしいカスタマイズ特典が充実
※国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX など各種あり

特典獲得対象者
・2枚目の楽天カードを初めて追加で発行し、カードお申し込み日の翌月末までに1回以上カード利用

ポイント進呈予定日
お申し込み日の3カ月後の月末頃

ポイント獲得のクリア条件が極めて低い!1円以上1回利用すればいいので、コンビニで1本ドリンク買えばOKです。

クレカ2枚持ちのメリット

ところで、同じ発行元のクレジットカードを2枚持つ意味はあるのでしょうか?

同じ発行元のカードでも、以下のケースで利便性が広がります。

❶利用目的に合わせてカード・引落口座を使い分け

自宅用、事業用、会社員の経費精算用など、カードを分けておくと、利用額確認のための手間が減ります。

❷カード・電子マネーチャージの条件克服

ポイント2重取りが可能になるクレジットカードや電子マネーへのチャージの際、利用できる国際ブランドに条件があるケースがよくあります。
例えば、最近キャンペーンが多い、ApplePayへのチャージキャンペーンなどもその一つです。
1つの経済圏でポイントを貯めたいときの障害になるので、国際カードを複数(少なくともMastercardとVISAカード)そろえているとポイントがたまりやすくなります。

❸万一の磁気不良時への備え

私はかつて海外に行く際に、空港に行く道すがら、一枚のカードが磁気不良で使えなくなっていることが発覚して、大慌て慌てた経験があります。
幸いクレジットカードを3枚携帯していたので、最悪な状況にはなりませんでしたが、再発行してもらうと数週間かかるので、複数枚クレジットカードを持っておくことは必須です。

2枚目発行にかかる時間と注意点

私も2枚目カードを作りましたが、審査に約2日、カード到着まで2週間ぐらいの時間がかかりました(クレジットカードの発行は、どの会社も結構時間がかかるので、遅い部類には入らないと思います。もっとかかるところも結構ある)

カード申込時の注意点は、「楽天Edyつきにすると手数料がかかる」ことです。1枚目についているなら、2枚目には楽天Edyをつける必要がない人は多いのではないでしょうか。

そもそも楽天Edyはスマホ決済の方が相性がいい(使いやすい)と思います。

最後に

今回は、楽天カードで、2枚目の楽天カードを作成&1回以上利用で2,000ポイントもらえるお得なキャンペーンを紹介しました。
1円の利用でも条件クリアとなるので、ポイント獲得したい方は申し込んではいかがでしょうか。
楽天カードなら、楽天市場でのショッピング、楽天ふるさと納税での寄付とも相性がよく、利便性は高いです。