楽天カード、2枚目発行で2000pt!カード申込月翌月までに1円以上1回利用で条件クリア(8/29 10時まで)
▼シェア&フォローする▼

持っていると何かと重宝する楽天カード

楽天カードでは、2枚目の楽天カードを作成&1回利用で、2,000ポイントもらえるキャンペーンが開催中です。
通常、1000ポイントの進呈のところ、期間限定で2000ポイント進呈になっています。

キャンペーン内容

特典
2,000ポイント(期間限定ポイント) ※進呈日の翌月末まで

期間
2022年10月14日10:00~2022年10月28日10:00  ※終了時間に注意

対象カード・対象者
・楽天カード     :年会費無料カード
・楽天PINKカード   :年会費無料、女性にうれしいカスタマイズ特典が充実
※国際ブランドは、VISA、MasterCard、JCB、AMEX など各種あり

特典獲得対象者
・2枚目の楽天カードを初めて追加で発行し、カードお申し込み日の翌月末までに1回以上カード利用

ポイント進呈予定日
お申し込み日の3カ月後の月末頃

ポイント獲得のクリア条件が極めて低い!1円以上1回利用すればいいので、コンビニで1本ドリンク買えばOKです。

2枚目発行にかかる時間と注意点

私は過去に楽天カードの2枚目カードを作りましたが、審査に約2日、カード到着まで2週間ぐらいの時間がかかりました(クレジットカードの発行は、どの会社も結構時間がかかるので、遅い部類には入らないと思います。もっとかかるところも結構ある)

カード申込時の注意点は、「楽天Edyつきにすると手数料がかかる」ようだという点です。1枚目についているなら、2枚目には楽天Edyをつける必要がない人は多いのではないでしょうか。

そもそも楽天Edyはスマホ決済の方が相性がいい(使いやすい)と思います。

クレカ2枚持ちのメリット

クレカ2枚持ちのメリット

ところで、同じ発行元のクレジットカードを2枚持つ意味はあるのでしょうか?

わかりやすいところでは、

・利用目的に合わせてカード・引落口座を使い分け(自家用、事業用、会社員の経費精算用など)
・磁気不良への備え

などがありますが、昨今、クレカの賢い利用で大変重要になってきているのが、電子マネーへのチャージ、クレカ間チャージ(ポイ活)です。

国際ブランドの違いで不便が生じる「コンタクトレス決済」

リアル店舗やオンライン決済ではVISAもMastercardもどちらも利用できるショップが多く、一方しか保有しないことによる不自由を感じることはあまりありませんが、ApplePay払い・チャージを含むコンタクトレス決済(非接触型決済)となると状況は異なってきます。

VISA    :Visaタッチ決済
Mastercard :Mastercardコンタクトレス

採用方式が異なることで、クレカ・電子マネーの組み合わせによってはチャージができません。
私は、iPhoneユーザなのでApplePay経由でチャージを行いますが、よくこの壁にぶち当たります。

しかし、年会費がかからないなら、2枚持ちをしておくことで、クレカチャージでお得の取りこぼしを減らせます。

【2枚持ちの参考例】三井住友カードゴールドNL

私は現在、ポイントがザクザク貯まるカードとして三井住友カードゴールドNLをメインカードとしていますが、VISAではお得な高還元率チャージができないケースがあるため、Mastercardブランドのカードも作ってVISA/Mastercardを2枚持ちすることにしました。より詳細な理由などは以下の記事にまとめているのでご確認ください。

最後に

今回は、楽天カードで、2枚目の楽天カードを作成&1回以上利用で2,000ポイントもらえるお得なキャンペーンを紹介しました。
1円の利用でも条件クリアとなるので、ポイント獲得したい方は申し込んではいかがでしょうか。
楽天カードなら、楽天市場でのショッピング、楽天ふるさと納税での寄付とも相性がよく、利便性は高いです。