▼シェア&フォローする▼

投資の世界から撤退をせざるを得なくなる典型的なパターンは「コツコツドカン」。

人は本能に従ってトレードすると、「利益は少しでも確定したい。損は少しでであっても許容できない」という本能が働きます。そのため、「損大利小」となるのは避けられません。

含み損が拡大すれば、一旦冷静になって一旦仕切る(損を確定する)どころか、損を取り返したいという気持ちが強くなり一発勝負に出たり、どうにでもなれといった自暴自棄が加わって、さらに損失を拡大し、投資の世界から撤退せざるを得なります。だからこそ、「資産管理ルール」は必須です。

今回は、破産を避けるためにも知ってくべき「バルサラの破産確率」を解説。さらに、この破産確率を用いて自身のトレードスタイルを見直す際に間違いやすい「落とし穴」について解説します。

\ふるさと納税で高還元!/

さらに還元率を+3%UPする方法

バルサラの破産確率とは

バルサラの破産確率

バルサラの破産確率は、数学者であるナウザー・バルサラが考え出した理論で、トレード方法を繰り返していった時に、最終的に破産してしまう確率を表したものです。

『勝率』『リスクリワード・レシオ』『一回のトレードでリスクにさらす資産の割合』の3つの条件から『破産確率』を求めることができるのですが計算方法は正直複雑。しかし、その『破産確率』を見れば、そのトレードが安全なのか危険であるのか一目瞭然になります。

バルサラの破産確率を理解する上で重要な「3つの数字」

FX関連本を読んでいると、「破産を避けるために一度の取引で損をしてもいい許容範囲は2%までにしましょう」という記述をよく目にします。これは、資金が100万円なら、1回の損失は2万円までにしましょう(損切りを徹底しましょう)というものですが、バルサラの破産確率がベースとなっています。

バルサラの破産確率は、数式で理解するのは難しいですが、3つの重要な数字の意味を理解の上、破産確率表を見れば、合点がいきます。

バルサラの破産確率を理解する上で重要な3つの数字は、以下の3つです。

重要な3つの数字

❶勝率
❷ペイオフレシオ(損益率)
❸リスクにさらす資金比率

❶勝率

勝率 =利益トレード数 ÷ 全体トレード数

勝率は、総トレード開始の中で利益になったトレードの割合です。

10回の売買で7勝3敗なら勝率は70%です。勝率がたとえ90%でも、コツコツドカンでやられれば、トータルの成績はマイナスになります。多くの投資初心者は、コツコツドカンでやられて投資の世界から身を引きます。

❷ペイオフレシオ(損益率)

損益率 = 利益平均額 ÷ 損失平均額

ペイオフレシオは、勝ちトレードの平均利益と負けトレードの平均損失の比率です。「損益率」「損益レシオ」「リスクリワードレシオ」とも呼ばれます。
ペイオフレシオが1.0なら、勝率51%以上であれば、トータルで利益が出せることになります。

❸リスクにさらす資金比率

リスクにさらす資金比率 = 1回の許容損失額 ÷ 総資金額 × 100

リスクにさらす資金比率は、毎回のトレードで相場にさらす資金比率のことです。

バルサラの破産確率表

具体的な破産確率表は以下のようになります。上から、❸リスクにさらす資金比率が~5%まで1%ずつ増加したときの結果で、赤:破産確率100%緑:破産確率0%を示しています

※クリックで拡大表示
※表は、ラプラスFXより引用

バルサラの破産確率(資金比率1%のとき)

バルサラの破産確率(資金比率2%のとき)

バルサラの破産確率(資金比率3%のとき)

バルサラの破産確率(資金比率4%のとき)

バルサラの破産確率(資金比率5%のとき)

バルサラの破産確率の問題点

自分のトレード結果を集計し、バルサラの破産確率に当てはめてみることで、トレードの改善ができます。ただし、取引所からダウンロードした取引データをもとに自己分析をする場合、罠にはまらないようにすることが大事です。

陥りやすい落とし穴

ご自身の取引データをもとに破産確率を計算する場合、間違いやすいのが「❷ペイオフレシオ(損益率)の求め方」です。

【再掲】ペイオフレシオ

損益率 = 利益平均額 ÷ 損失平均額