電動歯ブラシ

今、虫歯で歯医者に通っているのですが、歯医者って早めに行くに越したことがないと感じるこの頃。
保険適用外の治療受けようとすると、すぐに数万~数十万かかるって、う~ん、今年最大の臨時出費になるかもしれない。。

さて、みなさん、どんな歯ブラシ使ってますか?

電動歯ブラシって高いって思ってませんか?
実は1000円以下でも買える格安電動歯ブラシものがあるんです。

コスパ抜群!ブラウン オーラルB プラックコントロール(乾電池式電動歯ブラシ)

もともと、1-2年前までは手で磨く歯ブラシで磨いていたんですが、現在は、ブラウン オーラルB プラックコントロール DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式を使っています。

たまたま、お店で電動歯ブラシの前を通って、1000円以下の電動歯ブラシがあることを知って購入。
1000円以下の電動歯ブラシってどうなのよ?とも思ったのですが、実際に磨いてみたら満足。
同じ時間をかけて磨くなら、手で磨くより、断然電動歯ブラシの方がよく磨けるね、ってことで、現在に至るまで電動歯ブラシです。

ブラウン オーラルB プラックコントロール
DB4510NE 電動歯ブラシ 乾電池式

価格:902円

Amazonで2500人以上がカスタマーレビューする人気商品
評価も上々の★4

使用感:ブラウン オーラルBの電動歯ブラシはコスパ抜群

本品は、オーラルBの電動歯ブラシの中で、一番ベーシックな機能を備えた製品。

有名ブラウンブランドの商品で1000円を切る値段は破格。
1000円でも性能は全く問題ないですしで、磨き午後値はパワフル。長く使っていても壊れません。
電動歯ブラシには10000円以上の高性能品もたくさんあるけど、じゃあ、10倍以上の機能差があるかといわれれば、おそらくないと思うのです。

乾電池式は置き場所に困らない

乾電池タイプなので、充電式のものに比べて重量が重たくなりますが、一方で、充電コード&コンセントが不要なので、どこにでも置けます。
洗面台には、ドライヤー、電気シェーバーなどコンセントを必要な機器が結構あって、これ以上、コンセントがある機器を増やしたくない方も多いと思います。
そんな方には、乾電池式はオススメです。

家族みんなで使える

替えブラシは取り外し式。だから、替えブラシを使い分けることで、家族でも一緒に電動歯ブラシを利用できます。

難点は純正品の替えブラシが高いこと!でも純正品でなければリーズナブル

この歯ブラシ、一つだけ、難点があります。
それは、純正品の替えブラシが非常に高いこと

純正品の替えブラシ「ブラウン オーラルB 替えブラシ ベーシックブラシ 3個入り EB20-3EL 正規品」の価格は 1,840円。
1本当たり613円もしてしまうのです。

これはランニングコスト高すぎ。

初期投資である電動ブラシ自体は格安にして、ランニングコストになる替えブラシで、稼ごうという販売戦略なんでしょうね。
(裏返せば、電動歯ブラシ自体は非常にお買い得な商品ともいえます)

これまで、純正品を買ってきたのですが、やっぱり高いよねということで、今回は以下の非純正品をAmazonで購入してみました。

これなら1本132円。純正品替えブラシの価格で約6本購入でき、また、普通の歯ブラシよりも安い価格です。

ちょっと不安もありましたが、使ってみると特に問題なし。

確かにブラウンの純正品の方がしっかりしていて長持ちします。
しかし、最初の1ヵ月ぐらいは特に問題なし。歯のへたり方は磨き方によるので人それぞれですが、6倍も利用可能期間が違うことはまずありませんので、非純正品に比べて十分なコストパフォーマンスと言えるでしょう。

特に、本数が必要な家族使いの場合は、リーズナブル。替えブラシに色分けもされているので、どれが自分用かも判別できます。

電動歯ブラシは高機能版と格安版が人気

今回紹介した電動歯ブラシは1000円以下ですが、どうせ買うならもう少しいいものをとお思いの方も多いと思います。
傾向として、費用も高い高機能版か、超格安版の二極にニーズが集まっているようです。

以下は、Amazonの価格別ベスト商品です。是非ご参考に。

コメントを残す