▼シェア&フォローする▼

ゴールデンウィーク前半のこと。スマホに見たことのない着信。
何だろうと思って出てみると、相手はセゾンカード

私の保有する「JMBローソンPontaカードVisa」が不正に使われた疑いがあるとの連絡。
なんでも、東京ディズニーシーで使われたと言います。私がカードを利用していない旨を伝えると、即刻、現カードは使用停止。別番頭のカードを再発行することとなりました。
不正利用に怖さを感じましたが、一方で安堵しました。

なぜ、不正利用と分かった?

不正利用のキャンセルも実施され、一安心なのですが、なぜ、不正利用されてしまったかは不明です。
しかし、不正利用ではないかと疑い連絡を下さった理由は、「通常とは異なる明らかに決済があったから」とセゾンの担当者から確認することができました。

使用していないことを伝えると、不正利用分の請求は取りやめ、かつ、カードは即刻廃止となり、新しものを7~10日で送付するとのことでした。

不正利用のあったクレジットカードの使い道

実は不正利用のあったJMBローソンPontaカードVisaは、高還元率で定評のあるリクルートカードで獲得したリクルートポイントをPontaポイントに変換してチャージするためだけに利用しているカードで、クレジットカード決済用には使用していないカードでした。

利用の流れをまとめると以下のような感じです。

・年会費無料のリクルートカード高還元率ポイントを獲得
・その後、リクルートポイントをPontaポイントに変換
・PontaポイントをJMBローソンPontaカードVisaにチャージ
・ローソンなどのリアル店舗で利用

最近は食料品からコンビニまでクレジットカード払いができるので、高還元率カードを使用しているとそこそこポイントが溜まります。オススメです。

さて、話を不正利用カードに話を戻しますが、不正利用のチェックをクレジットカード会社が行ってくれていることはありがたく思います。一方で、すべての不正利用を見つけてもらえるわけではありませんので、皆さんも定期的に自分のクレジットカードの利用明細をちゃんとチェックしてください。

私が利用中のクレジットカード