「iDeCo・NISA」の記事一覧

楽天銀行iDeCo:2019年の節税対策で支払う税金を最大限取り戻したいなら、早く資料請求&申し込みしないと「損」するよ

楽天銀行iDeCo:2019年の節税対策で支払う税金を最大限取り戻したいなら、資料請求&申し込みしないと「損」するよ

iDeCo(イデコ)

サラリーマンなら毎年の年末調整、それ以外の方なら確定申告で提出した控除の書類が、控除関連書類が、医療保険、地震保険などにとどまっているとしたら・・・・ きっと、あなたは、十分節税できてません。結果、多・・・

国民年金(老齢基礎年金)以外の老後資金、いくら必要?不足分はどう貯める?

国民年金(老齢基礎年金)以外の老後資金、1億円必要?ホントはいくら必要?不足分はどう貯める? 2018年

iDeCo(イデコ) 年金・社保

若い人でも多くの人が心配している老後資金。 よく、老後生活には1億円が必要と言われます。確かにこの金額をそのまま受け取ると非常に不安になりますね。しかし、本当でしょうか? 漠然としたお金の悩みは解消さ・・・

ライフプランニングの重要性

漠然とした不安が最もダメ!「将来いくらお金がかかるのかわからなくて心配」の解消ためにまずすること

iDeCo(イデコ) 年金・社保

20代の若者が老後に心配を持つ昨今。 既にピークを迎えた感のあるアベノミクス相場でも、恩恵を受けたのは株式・不動産などの資産を持つ年配者と大企業勤務者のみ。お金に恵まれた人たちだけが潤っただけでした。・・・

iDeCoは掛金上限まで利用し"節税"が鉄則。毎月定額拠出がつらい人はボーナス月に掛金UPして有利に資産形成しよう

iDeCoは掛金上限まで利用し”節税”が鉄則。毎月定額拠出がつらい人はボーナス月に掛金UPして有利に資産形成しよう

iDeCo(イデコ)

所得控除で税金を安くしながら、利益に対してもほとんど税金がかからないiDeCo。 掛金上限は働き方によって異なりますが、貯蓄の余裕があるならイデコ掛金上限枠すべてを使って投資することで、節税&資産形成・・・