東京都の全国旅行支援は10/20から開始。東京以外は10月11日から。都民割もっとTokyoとの違いは?
▼シェア&フォローする▼

政府が10月11日から始まる旅行の支援制度「全国旅行支援」。
「Go To トラベル」に代わる観光需要の喚起策で、これまで、近隣地域のみが対象の「県民割」からの「全国拡大版」。旅行代金割引とクーポン配布で、1人1泊当たり最大11,000円を支援されるので、旅行代金を安くすることができます。

この制度に対し、東京都を除く46道府県がは10月11日からの割引適用に向けて準備を始めていますが、東京都の対応がどうなるかが注目されていました。

この件に対し、東京都は、10月20日からの全国旅行支援の開始を発表。少し、遅れて始まることになります。

東京都の全国旅行支援と県民割「もっとTokyo」の違い

旅をお得にする「都民割」と東京都の「全国旅行支援」の違いは?

東京都の県民割に相当する都民割「もっとTokyo」と、東京都の全国旅行支援割は、その他道府県の「県民割(ブロック割)」と「全国旅行支援割」と少し異なります。

ポイントは以下の通りです。

変更点は大きく4つ(1人1泊当たりの違い)

❶割引率の引き下げ 一律割引割⇒40%OFF
❷交通事業者の支援を目的に、交通付宿泊は1人1泊あたり上限8,000円に増額
❸平日の利用促進(旅行分散)を促すため、地域クーポンは平日3000円、休日1000円に
❹対象を全国に拡大

交通付宿泊(交通付旅行商品)とは、鉄道、バス、タクシー・ハイヤー、航空、フェリーなどの交通費と宿泊費をセットにした場合で、最大8,000円がOFFになります。交通費を含まない場合は、最大5,000円OFFとなります。

県民割「もっとTokyo」東京都の全国旅行支援割
期間10月31日まで延長(予定)10月20日〜
※12月下旬までを想定
割引率6,000円以上で
5,000円割引の定額割
※18歳以下は1,000円上乗せ割引
40%OFF
割引上限5,000円OFF割引上限がUP
・交通付き宿泊 8,000円OFF
・上記以外 5,000円OFF
クーポンなし平日 3,000円分
休日 1,000円分
平日と休日で金額差
最大補助額5,000円
※18歳以下は6,000円割引
11,000円
※交通付旅行商品(交通付き宿泊)の場合
補助対象東京都在住者限定全国の都道府県からの旅行
条件・ワクチン接種歴3回
・PCR検査等の陰性結果 他
・ワクチン接種歴3回
・ PCR検査等の陰性結果 他

全国旅行支援と都民割「もっとTokyo」は併用できる可能性あり

旅をお得にする「都民割」と東京都の「全国旅行支援」の違いは?

9月28日に開かれた東京都議会では、全国旅行支援と都民割「もっとTokyo」が併用できるように調整が行われているようです。

都民割は、東京の独自予算で、2020年時においては、「GoToトラベル」と「都民割」が併用できました。

最終的にどうなるかは、結果を待ちましょう。

なお、このような支援策が盛り上がってくると、宿泊先の空き室が少なくなり、結果、一泊あたりの宿泊費が高騰する状況が見られます。全国旅行支援による割引を利用しない旅行、出張などにおいても宿泊費がアップする可能性があるので、日程が決まっているなら早めに宿を確保しておく方が良いかもしれません。

※全国旅行支援のクーポンが完了してるサイト・道府県がありますが、別の旅行サイトを確認すると、まだ開催中の場合もあります。


旅行予約サイト
貯まるポイント
特徴・メリット
楽天トラベル

楽天ポイント

全国旅行支援 キャンペーンページ
 全国旅行支援の割引+楽天独自割引で最大60%分お得
 楽天独自割引(㌽還元、クーポン割引)は 要エントリー

楽天トラベル 宿クーポン
楽天トラベルスーパーDEAL※最大40%還元
ふるさと納税も活用可能
 楽天トラベルクーポン JTBふるさと納税クーポン

じゃらん

Pontaポイント
dポイント

全国旅行支援 キャンペーンページ
最大1.5万円割引 じゃらん宿クーポン
リクルートカードで決済すればポイント還元3.2% 
 ※新規入会特典あり

JTB

JTBトラベル㌽

全国旅行支援キャンペーン
・独自最大15000円割引クーポン
 ※先着なのでまずは確認を

Yahooトラベル

PayPayポイント

全国旅行支援キャンペーン
いつでもだれでも最大10%お得
 ・PayPayポイントの「今すぐ利用」が可能
 ・旅行期間の設定なし
 ・Yahoo!プレミアム非会員も同様の特典

セントラル
短資FX
クラブオフ


いつでも
優待価格
【無料で会員になれる優待サービス】
口座開設するだけで入会金・年間費無料で優待サービスが受けられる
・20万か所以上のホテル・旅館・レジャー施設、映画、グルメなど優待割引
・【VIP会員】は毎週木曜 1泊500円の宿にエントリー可能
・すぐに使える各種クーポン配布

割引が大きい時に”遠方に行く”という考え

旅をお得にする「都民割」と東京都の「全国旅行支援」の違いは?

私は2020年の「GoToトラベル」の時は、全額自腹ではお財布の負担が大きい旅行先に行こうと考え「沖縄旅行」に出かけました。全国旅行支援でも宿泊費の40%が負担されるので、金額がかさむ旅行先に行ってみるというのは一つのアイデアです。

これからの生涯、国の支援を得て、割引価格で旅行ができるチャンスはおそらくないでしょう。

GoToトラベル利用したのはたしか、2020年9月。当時は沖縄の夏の旅行シーズンでありながら、立地抜群の有名ホテルもお客さんがまばらで閑古鳥状態。故、宿泊費や飛行機の価格高騰もなく、相当に安く沖縄旅行ができました。

2022年現在は多く人が旅行に出かけており、ホテルの宿泊価格が気になるところですが、リーズナブルに旅行できる機会を活かして旅行に行きたいと考えています。

旅行で「ポイ活マイル」を貯める

旅行に行くなら、移動でポイントが貯まり、かつ、手間なしで旅行行程の履歴も残る「トリマ」を利用しよう。
旅の思い出を振り返るために大変重宝!利用法は以下にて紹介しています。

最後に

国の割引制度や、旅行会社のクーポン、キャンペーンを活用すれば、お得に旅行が可能です。ふるさと納税の利用もその一つです。

私は、iDeCoNISAに見られる優遇税制、返礼品がもらえるふるさと納税、など、国策は大いに利用すべきとの考え。情弱やめんどくさがりで「わからない」と言っていると損したり、お得を取りこぼします。積極的に利用しましょう。