アップル、アプリも値上げ…10月5日日から3割アップ。少しでも安く利用する方法を紹介
▼シェア&フォローする▼

Appleが、2022年10月5日よりApp Storeでのアプリの販売価格の値上げを発表約3割程度の値上げとなります。
iPhone14などの製品価格の値上げにとどまらず、急激な円安の進行した影響が止まりません。

10月5日から約3割UP。iPhone14と同程度の値上げ

今回の値上げは、アプリの価格だけでなく、アプリ内課金や定額制の価格にも適用されます。
税込価格が120円のものは160円に、250円のものは320円に値上げとなります。

これはiPhone14の円安進行を受けたiPhone13からの値上げが20~30%だったので、同程度の値上げが実施されたことになりますね。

なお、日本国内でのアプリの値上げは、消費税率が10%に引き上げられた2019年10月以来。日本のほか、欧州、韓国、ベトナムでも値上げとなります。
 
現行価格 新価格
120円  160円
250円  320円
370円  480円
490円  650円
610円  800円
より高い金額のものも、すべて値上となります。

Appleのサービス・製品を少しでも安く購入するには

欲しいアプリがあったり、アプリ内課金をを行う予定だった方は、10月4日までに購入しておく方がいいことになります。

また、アプリの購入の際は、都度、クレジットカード購入するよりも、キャンペーン・セールを利用して、Apple Gift Card(Appleギフトカード)を利用する方が、ポイント付与などで実質的に安くなります。

Apple Gift Cardは、アプリ購入だけでなく、iPhone14をはじめとするApple製品の購入でも利用できます。

以下の記事では、Apple Gift Cardを実質的に安く手に入れる方法(キャンペーンなど)を複数紹介しています。ご存じのない方は、是非、ご確認を。