【悲報】税・社保を割引払いが可能な nanacoギフト1.5%割引券が販売終了... 今、利用すべきは Apple Pay経由の高還元率チャージルート
▼シェア&フォローする▼

数少ない 税金・社会保険料(社保)が支払える電子マネーnanaco

割引、或いは、ポイントもらってチャージをすることで、通常安くならない税金・社保が割引払いできる、貴重な支払い手段です。

さて、2022年6月まで、ベネフィットステーションやJ’sコンシェルといった複利厚生サービスを利用するとnanacoギフトが1.5%割引で購入可能でした。しかし、本日7月5日に確認したところ、nanacoギフトの1.5%割引販売が姿を消していました…

nanaco 1.5%割引が姿を消す

nanaco 1.5%割引が姿を消す

私は、これまで、140万種類以上の割引が受けられる福利厚生サービス「ベネフィットステーション」のベネフィット会員資格を、年会費無料のJaccsカードの無料特典である「J’sコンシェル」を利用することで獲得し、nanacoギフトを割引購入してきました。

しかし、2022年7月より、J’sコンシェルでnanacoの1.5%割引購入ができなくなりました。

現在も、「1%割引のnanacoギフト」は、少なくとも、2023年03月31日まで購入が可能(1か月 合計30万円分まで)なアナウンスがされていますが、割引率の大きい1.5%割引購入ができなくなったのは非常に残念です。

今現在も購入可能なnanaco割引券

・nanacoギフト1,000円分(1,000円 ⇒ 990円) × 100枚まで
・nanacoギフト2,000円分(2,000円 ⇒ 1,980円) × 50枚まで
・nanacoギフト3,000円分(3,000円⇒ 2,970円) ×33枚まで

過去、2021年の前半?まで「2%割引購入」ができたこともありました。しかし、それが姿を消した後、2021年12月に「1.5%割引販売」が降臨してよかったと思っていたのですが、それも姿を消してしまったという次第です。
また、どこかで復活する可能性もないとは言えませんが、期待せずに待つしかありません。

なお、J’sコンシェルでは、nanaco以外にも、EdyギフトID、クオカード、こども商品券、すかいらーく割引券 他の金券が割引価格で購入ができるので、J’sコンシェルの優待メリットはあるので、興味のある方は、以下の記事をご確認ください。年会費などの維持費不要で特典を獲得する方法を紹介しています。

今、最もお得なnanacoチャージ方法

1.5%割引購入はできなくなってしまいましたが、今現在は、 Apple Pay × 高還元率チャージルートを使うことで、よりお得にnanaco利用をすることが可能です。

以下の記事では、お得なチャージ方法、チャージに使うべきクレジットカードなど、詳細解説しています。nanacoで税金・社保払いをするなら、是非、ご確認を!