▼シェア&フォローする▼

冬のデスクワークの悩みといえば「寒さ対策

部屋が寒い
足元が寒くて集中できない
長時間の暖房器具使用で電気代が心配 など悩みいろいろ。

しかし、今年は、電気代も安くて、しかも使い勝手がいい着るコタツとも言える「電熱グッズ」が多数登場!モバイルバッテリー利用で暖かい電熱ベスト/電熱パンツなどは外出時も利用できますし、電熱ブランケットは従来の電気コードがついた電気毛布と異なり、室内での移動性&保温性が格段にUPしています。ワークマンなどでは、バカ売れで品切れしている状態です。

寒さを我慢していてはいい仕事はできません。生産性が確実に落ちます。
そこで今回は、今年 人気爆発!導入費用も安く、電気代も安くて、保温性・移動性も保てる「電熱グッズ」を紹介します。

クリスマスプレゼントとしても喜ばれること間違いなしです。

1/22~24 3日間限定
エントリー必要

賢く・簡単に税金対策

電気代を節約しながら温かくする冬の暖房節約術

電気代を節約しながら温かくする冬の暖房節約術

寒いのは嫌だけど、電気代は押さえたい。まずは、これを実現するために押さえておくべきことからおさらいしましょう。

部屋の暖房は「全体暖房」「補助暖房」で分けて考える

暖房は、部屋全体を温める暖房と、部分を温める暖房を分けて考えるのが省エネの原則です。
理由は、暖かい空気は上、冷たい空気は下に沈むので、部屋全体を温めても、上半身はちょうどでも、足元は寒いままとなってしまうからです。

この現象が顕著に表れるのが、同じ場所に長時間座ったままになる「デスクワーク」。足元が寒いと部屋を暖め過ぎても頭が熱さでぼーっとするだけで、仕事効率・電気効率の両面から非効率です。

故、まずは、以下のように、暖房器具を使い分けるのが鉄則です。

部屋全体暖房と部分暖房を使い分ける

部屋暖房:エアコン、石油ファンヒーター、ガスファンヒーター、オイルヒーター 等
補助暖房:こたつ、ホットカーペット、パネルヒーター など

【全体暖房】実は総合的に電気代が安い「エアコン」

冬の暖房器具の代表格といえば「エアコン」。
しかしつけっぱなしにすると電気代がかかりそうと、使用を控えているご家庭も多いのではないでしょうか。しかし、部屋全体を暖めるという観点から、エアコンはどの暖房器具よりも効率が良く、電気代が安く済みます。

足元など部分に寒さを感じる場合は、エアコンの温度設定を高くするのではなく、もっと電気代が安くて済む足元暖房を導入するのが効果的です。

なお、エアコンをつけっぱなしにした場合の電気代は、以下に詳細をまとめているので気になる方はご確認を。

私の失敗談(エアコンがない部屋)

過去にエアコンのついていない狭い部屋の暖房に、ハロゲンヒーター、セラミックファンヒーターなどを使った経験がありますが、電気代が3倍ぐらいかかりました…
エアコンがない部屋の場合、ランニングコストが安いのは、石油ファンヒーターやガスファンヒーターです。

【部分暖房】体を部分的に温める補助暖房

デスクワークをする方の場合、一番の問題は「デスク下の足元の寒さという方が大半ではないでしょうか。
従来より、この手の商品には、ミニホットカーペット(ホットマット)、パネルヒーター、電気ひざ掛け、フットウォーマーなど様々な商品がありました。

しかし、2021年以降、商品数が俄然増えたのが「電熱グッズ。モバイルバッテリー利用接続で目的の体の部位を温められる、電熱ベスト/電熱パンツ/電熱ブランケット/電熱スリッパなどが、圧倒的に増えました。

これらの商品は、温かさはもちろんのこと、コンセントにつながなくて移動できるので、極めて移動性がいい(着心地がいい)点です。私もこれまでは「電気ブランケット」を利用していましたが、今年は「電熱ブランケット」を導入!

超快適!腰から下の下半身が温かいと、上半身暖房があまり必要でなく、エアコンの利用時間も減り、電気代の節約にもなっています。

以下ではおすすめも商品を紹介していきます。

おすすめ電熱グッズ

おすすめ電熱グッズ

基本的に、足元が冷える人が多いと思いますが、人それぞれ、暖を取りたい場所は異なります。そこで部位ごとにAmazonでよく売れていてコメント数も多いあったかグッズ・電熱グッズを紹介します。

【足元】デスクヒーター

デスク下にパネルを広げて使うタイプ、デスク下に張り付けるタイプなどいろいろ。人感センサータイプもあります。広げて使うパネルヒーターの場合は、床暖のように足裏も温められるタイプがおすすめ。また、マグネット式でデスク下やわき机にに張り付けタイプなら、部屋の見た目もすっきりです。

【足元】電熱ブランケット

電熱ブランケットは、デスクワーク、テレビ視聴など、家での足元の寒さを守るのに最もおすすめな商品。
肩から掛けたり、腰にまいてもずり落ちないようにホックがついているので便利さ抜群。しっかり体をラップすることで、従来の電気ブランケットより、格段に使いやすいです。

女性なら、外にはいていけるスカートタイプもよろしいかと。

【足元】電熱スリッパ・フットウォーマー

電熱スリッパフットウォーマーは、足先が超冷える人におすすめ。

【足元】電熱ソックス・電熱インソール

電熱ソックスや、電熱インソールもあります。冬のアウトドアにも強い味方!
ゴルフやバイクに乗る方も、電熱ベスト+電熱パンツ+電熱ソックスの3点セットがあれば、寒さ知らずです。

電熱パンツ・電熱ズボン

電熱パンツ・ズボンは、一枚で吐いて過ごすことが可能。デスクワークはもちろん、バイクや自転車利用時なども冷たい風の寒さから体を守ってくれます。

【上半身】電熱ベスト

電熱ベストは、電熱パネルを複数枚搭載したベスト。多くの商品は3段階ぐらいの温度調整が可能で、丸洗いも可能です。外出用としても使えて便利。

電熱ジャケットもあります。これなら、外出時も寒くありませんね。

【上半身・首・手】電気カイロ

家で使うのはもちろん、外出時も使えて便利。首筋を温められるタイプは、首筋に通り大きな血管を温め、あたたかい血液が体をめぐるようにするのでかなり体があったかいです。
私は、首筋も温められる電気カイロを首から掛けてジム通いを始めて、寒くなって表面温度が下がりかきにくくなってしまった汗を再びかけるようになりました。同じ運動をしても汗をかけないと満足感が薄いので、再び汗をかくまでにかかる時間が短くなって満足しています。

首を温めると、暖かい理由

首を温めると体が暖かい理由は、首元には心臓から頭に血液に循環させる頸動脈と経静脈という2つの太い血管が通っていますが、そこを流れる血液を温めることで、暖かい血管が体を巡り体感温度を温めることができるから。夏のネッククーラーはこの逆バージョンです。

冬は暖かく、夏は涼しい、両用タイプをお探しの方には、以下のような商品があります。

最後に

今回は、デスクワークの寒さ対策として、只今人気爆発!導入費用も安く、電気代も安くて、保温性・移動性も保てる「電熱グッズ」をを紹介しました。
寒さを我慢していてはいい仕事はできません。快適に仕事をするためにも、是非、検討してみてください。

電気代を安くするための方法については、以下の記事の後半に記載しています。電気代を安くする方法は、様々なあるので、是非合わせてご確認くださいませ。