▼シェア&フォローする▼

iPhone13の登場で値下げになったiPhone12を格安で購入することを決めたことを以下の記事で紹介しましたが、先日、iPhone12が無事到着。

これに合わせて、スマホケースウォレットスタンドを新調しました。
購入したのは、以下の2点。

RANVOOの超薄型軽量スマホケース ※上図内:右
MOFTのiPhoneウォレットスタンド(Magsafe対応、iPhone12, 13対応) ※上図内:中

iPhoneに取り付け数日使ってみた感想は、大いに満足。今回はこれら商品の使用感、便利ま点について紹介します。

スマホケース選びでこだわったこと

おっちょこちょいな私は、過去、数回、うっかりスマホを落としてしまい、画面が見るも無残に壊してしまった経験があります。そこで、抜本的な落下破損改善策として、スマホ本体を丸ごとカバーし衝撃から守れる手帳型ケースを長らく愛用してきました。

しかし、今回は、iPhone液晶の強化ガラスも性能はUPしてきていますし、iPhone本来の薄さも実感しつつ持ち歩きたいという気持ちが募り、通常のスマホケースを購入することにしました。

商品探す上でこだわったのは、以下の3点。

スマホケースに求める3つの条件

条件1:ケースは、シンプルで軽い。質感はマットで落ち着いたデザイン
条件2:クレジットカードも最低2枚、iPhoneと一緒に持ち歩きたい
条件3:価格やできれば安いもの

上記を考慮して選んだのが、以下の商品です。

RANVOOの超薄型軽量スマホケース
MOFTのiPhoneウォレットスタンド(Magsafe対応、iPhone12, 13対応)

以下ではそれぞれの商品を実際に使ってみた使用感を紹介します。

RANVOO:超薄型軽量スマホケース

私がマットな質感のケースが好きな理由

iPhone使用者がスマホケースを選ぶ場合、iPhone そのものの美しさを堪能するために、クリアタイプのスマホケースを選ぶ方は多いと思いますが、私は、表面が光反射するようなクリアケースは好きではありません。デスクワークをしているときに、キラキラするものがあると気が散るのと、汚れが目立つのがあまり好きでない理由です。

そんな、私が上記の条件1・3を満たす商品として選んだのがRANVOOの超薄型軽量スマホケースです。

デザイン・機能性も十分でコスパも抜群

なんと、ケースのみでなく、「日本旭硝子製ガラスフィルム2枚」もついたお値段が1,980円Amazonなら5%OFFクーポン適用価格での購入が可能です。

カラーはブラックとブルーの2色ありますが、私は iPhone 本体のカラーに合わせ、ブルーを購入しましたが、安っぽさはありません。重さも16gと軽く、iPhoneを裸で持ち歩いているのとあまり変わりません。

付属のガラスフィルムについても、値段が値段だけに、正直期待していなかったのですが、ガイド枠なしでも一発で気泡が入ることもなくきれいに貼れました(保護フィルム装着用にアルコールシートと拭き取りクロスも付いていました)。フィルム装着後の操作性もつけてない時と変わらず、指すべりが滑らかです。

期待以上のコスパの良い買い物になりました。

MOFT:iPhoneウォレットスタンド


従来、手帳型スマホケースのポケットに入れて持ち歩いていたクレジットカードを持ち運ぶためのポケットとして購入したのが、MOFTのiPhoneウォレットスタンド(Magsafe対応、iPhone12, 13対応)です。

スタンドの近い方は3種類

MOFTは、ノートPC、タブレット等のスタンド商品で定評のメーカーです。今回はMOFTのスタンドシリーズの中から、iPhoneウォレットスタンドを購入しました。スタンドの質感は、人工皮革ですが高級感があります。
お値段は3,180円ですが、Amazonなら10%OFFクーポン適用価格での購入が可能です。

スタンドとして使用する場合は、縦立て、横立て、掛け立ての3つの方式で利用が可能。ワンタッチでスマホを60度に固定することができます。これで、デスクワーク時もスマホ画面の確認がしやすくなります。

世界初のMageSaFe対応ウォレットスタンド

MOFT iPhoneウォレットスタンド(折り畳み時)
MOFT iPhoneウォレットスタンド(スタンド利用時)

本スタンドは、Magsafeを完全にサポートする世界初のウォレットスタンドで、裸のiPhone12に取り付けるとかなりしっかり吸着。ウォレットポケットに納められるカード枚数は最大3枚ですが、3枚入れるとちょっときつめ(使っていると緩くなるのかは不明)。持ち運び時も、上下さかさまになっても
カードが落ちることはありません。

スタンドを閉じているときは、クレジットカードのの券面が完全に隠れますが、スタンド利用時はカード券面が見えるので、安全のためには、カード番号の記載のない完全ナンバーレスカード(表にも裏にもカード番号の記載がないカード)をおススメします。

6.1インチ以上の画面ならiPhone12 に限らず、iPhone13でも利用できます。上記のケースの上から装着すると磁力の吸着力落ちてしまいますが、まあ、使えるレベルです。磁力の強化については、おいおい検討してみたいと思います。

値下がりしたiPhone12について

ここからは、本体iPhone12の値下げ品に関する情報です。

楽天モバイル

残念ながら、楽天モバイルでは、本体値下げとなったiPhone12は既に在庫なし。その他の商品については、在庫があります。
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 mini  ※残り僅か

ソフトバンクオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップでは、9月24日(金)から、「iPhone 12」「iPhone 12 mini」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」の4機種が値下げとなりました。

料金シミュレーションは、以下から確認できます。
iPhone 12/iPhone 12 mini:料金シミュレーション
iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max:料金シミュレーション

最後に

今回は、値下げになったiPhone12への機種変で合わせて購入したスマホケース・ウォレットスタンドを紹介しました。各商品購入の検討材料になれば幸いです。

スマホは毎日持ち歩くものです、自分が納得がいくものを探して利用くださいませ。

なお、只今、機種変更に伴うデータ変更を行っておりますが、いろいろな気づきや反省がありました。こちらも、近日中にまとめて紹介したいと思います。

皆様へのお願い🙏

本記事が少しでもお役に立ったなら、記事を書く励みになりますので、 Twitterフォロー RSS(feedly)登録をしてもらえると嬉しいです。新規記事公開時にお知らせいたします。