▼シェア&フォローする▼

Binance Launchpool(ローンチプール)は、Binanceに新規上場する/新規上場したプロジェクトのトークンが指定トークンをプールに預けることで、新規上場トークンがファーミングできる(もらえる)Binanceの独自サービス

ちょっと開始から時間が経ってしまいましたが…
このBinance Launchpoolに、第22番目のプロジェクトとして、 MBOXが登場!
ただ、MBOX、BNB、BUSDをステーク(預け入れるだけで)して、30日間にわたって $MBOX トークンをファームする(増やす)ことができます

今回は、Binance Launchpadで開催のMBOX ローンチプールについて紹介します。
そして、最近、成長鈍化がみられるBinance、バイナンススマートチェーンについて状況をまとめてみました。


7%還元対象の返礼品:家電📺 日用品🍴 お肉🍖 魚🐟 果物🍎

ローンチプール:対象通貨預入でMBOXが増える

ローンチプール:対象通貨預入でMBOXが増える

Binance Launchpoolは、Binance Launchpadプラットフォーム 内で開催されています。

Mobox($MBOX)とは

Mobox($MBOX)は、自動化され最適化されたDeFiのイールドファーミングとゲーミングNFTを組み合わせてGameFiを実現するゲーミングプラットフォームとのこと。

流行の分野ですね。以下のレポートでも、ゲーミングNFTが流行分野であることが示されています。

預入による得られる利回り

MBOX、BNB、BUSDをステーク(預け入れるだけで)して、30日間にわたって $MBOX トークンをファームする(増やす)ことができます。
利回り(APY)はどの通貨をプールに預け入れるかによって異なります。

各Poolの利回り

MBOX:59.01%
BUSD:4.36%
BNB:6.11%

投資においては、リスクとリターンはトレードオフの関係にあるので、APYが高いとその分、リスクも大きいことを示します。

あえてMBOXを購入してプールに投じる必要はないと思いますが、運用できてない$BUSDや$BNBを保有しているなら、利用するのは一つの手です。

BNBの運用を楽にするBNB Vault

Binanceの新規案件を、適宜追うのは片手間で仮想通貨投資をしている投資家さんにとって大変なことです。

何も運用をしてないBinance Coin($BNB)を口座に保有したままになっているなら、Binance側で勝手に最適に運用してくれるBNB Vaultの利用がおすすめです。
セービングリワード、ローンチプールリワードなどで自動運用してくれます。一度設定してしまえば、基本、放置できます。

利用方法は以下の記事をご確認ください。

最後に

今回は、Binance Launchpool に新登場のプロジェクトについて紹介しました。
もしBNBやBUSDなどをただ口座に置いておくのはもったいないので、是非、ご活用ください。