Amazonプライムデー前にキャンペーン利用で1000円以上のAmazonポイントをGetする方法
▼シェア&フォローする▼

買い物はAmazon、本はKindle、映画はAmazon Video、音楽はAmazon Musicといった具合に、ほぼ毎日、Amazonのサービス利用するという人は、結構多いのではないでしょうか。
私もKindle本やAmazon Videoなど、ほぼ、毎日Amazonのサービスを利用しています。

今、Amazonのアカウントが永久凍結(使用停止)になって「Kindleの4000冊の蔵書が吹っ飛んだ」という記事が話題になっています。

正直、Amazonアカウントが使えなくなると相当にしんどい人は多いと思います。
そうならないためにも、知っておくべきことを初回します。

利用停止理由は転売サイトからのAmazonギフトの利用

Amazonアカウントが突然使えなくなった理由は「アマゾンギフトを他から安く買って、定期的に使用していたため」とのこと。

つまり、転売サイトからのAmazonギフト券を定期的に使っていたら、審査に引っ掛かりアカウント停止。その後、「Amazonギフト券細則の規定」に基づいてアカウント永久凍結されたということかと思います。

審査に引っ掛かってから、2日ぐらいの間に永久凍結となったそうですから、なんとも厳しい処置です。

Amazonサイトでも転売サイト利用禁止のアナウンス

Amazonサイトでは、こちらのページにて、
・Amazonギフト券を転売サイトから購入しないでください
・Amazonギフト券を転売しないでください
とアナウンスしています。

転売業者を名指しリストアップ

特に転売については、詐欺など不正取得の可能性のあるAmazonギフト券が販売されている事例が多数報告されているとして、問題のある転売業者を名指しでリストアップしています。
名指しでリストアップされている転売業者

転売ギフト券利用者に対する処置も厳しい

転売ギフト券使用者に対する処置についても以下のようにアナウンスされています

転売もしくは不正に取得された可能性のある Amazon ギフト券のロック(凍結処置)および無効化ならびに関連するアカウントの停止を随時行っております。

また、Amazonギフト券の転売も、アカウント停止の対象です。

くれぐれも、転売業者を利用しないように、そして、ご自身も、もらったAmazonギフト券などを転売しないようにしてください。