▼シェア&フォローする▼

昨日、ドトールに行って気が付きました。

期間中に対象のドトールグループ店舗で「Visaのタッチ決済」を用いて支払いすると、利用金額に応じて、最大2,000円相当のVポイントギフトがもらえる「ドトールグループに行けば行くほどオトク!Visaのタッチ決済で使った分だけ!最大2,000円プレゼントキャンペーン」が開催中です。

非常にお得なので、是非利用しましょう。

なお、最近、三井住友カードはキャッシュレスユーザの獲得、及び、ナンバーレスクレジットカード(券面にナンバーがない、スマホのみでも決済できるカード)の利用ユーザを増やすべく、頻繁に還元キャンペーンを開催しています。年会費無料のカードもあるので合わせて紹介します。

ドトールで得するキャンペーン:内容

特典
ドトールグループの対象店でVisaのタッチ決済で最大2,000円分のVポイントギフトをもれなくプレゼント
・エントリーは不要
・三井住友カード発行のVisaのタッチ決済が使える個人カードなら、どれでもOK🙆
・利用金額によって、もらえるVポイントが変動
 利用金額1,000円(税込)~1,999円(税込)⇒1,000円分のVポイントギフト
 利用金額2,000円(税込)~       ⇒2,000円分のVポイントギフト

1000円、或いは、2000円税込みでピッタリ使えば、実質無料ということになりますね😄
できるだけ、1000円or2000円に近づけて(少しオーバー気味に。不足は×)利用しましょう。

条件
以下、8つのお店のいずれか1つ以上のお店をご利用し「Visaのタッチ決済※」した額を合算し、税込1000円以上となった場合、利用金額に応じて特典付与

①ドトールコーヒーショップ ②エクセルシオール カフェ ③カフェ レクセル ④神乃珈琲
⑤本と珈琲 梟書茶房 ⑥ドトール珈琲店 ⑦ドトール珈琲農園 ⑧パンの田島

対象とならない店舗もあるので、以下にてご確認を。
対象とならない店舗一覧

期間
2021年7月1日(木)~7月31日(土)

進呈
9月頃を予定
Vポイントギフトは三井住友カード株式会社にご登録のメールアドレスあてにメールで連絡

注目ポイント

特典は、お手持ちのカードごとなので、対象となるカードを複数持っている場合は、最大2000円×保有枚数分 のVポイントがもらえます。
 
該当カードをお持ちでないなら、ナンバーレスカードなら発行が早いですよ。リアルカードが届く前でも、メール審査結果が届けば、後述の②Apple Pay方式で決済できます。
新規発行&利用で、最大10,000円分のポイントプレゼントキャンペーンも実施しています。

ところで、Vポイントって何?

Vポイントは、「Vポイント」アプの利用で、貯まったVポイントが1ポイント1円としてそのまま店頭でのお買物やネットショッピングの支払いに使えます。iOSの場合はiD加盟店、 Android™ の場合はVisaのタッチ決済対応加盟店の店頭での支払いや、Visa加盟店でのネットショッピングで利用可能です。

また、三井住友銀行の振込手数料に充当したり、オンラインギフト券へ交換(Amazonギフト券、Google Play ギフトコード、App Store & iTunesギフトカード 等)に、1ポイント1円分・500ポイント単位で交換することも可能です。

ほぼ現金として、様々な場所で利用できるので、貯めて損のないポイントです。

「Visaのタッチ決済」の利用方法

VISAタッチ決済オン使い方

Visaのタッチ決済の利用方法はとても簡単。支払い時に「VISAタッチで」と伝えて、カードかスマホを決済機にかざすだけです。
なお、「Visaのタッチ決済」でお支払いする方法は、①Visaのタッチ決済対応カード、②Apple Payの2種類があります。

①Visaのタッチ決済対応カード
②Apple Pay

三井住友カード(ナンバーレス)をすすめるもう一つのワケ

上記で紹介した「三井住友カード(ナンバーレス)」ですが、上記以外にも、おすすめする理由があります。

それは、SBI証券で三井住友カードを利用した「クレカ積立」(投信積立サービス(クレカ積立)が2021年7月から開始されたからです。
三井住友カード(ナンバーレス)※を使って積み立てることで、12/10までの積立で、上乗せポイント付で積立ができます。
※三井住友カード(ナンバーレス)もカードも対象ですが、新しく申し込むなら、このカードが特典も大きくオススメです。

クレカ積立上限額の5万円にて設定を行った場合、1ヵ月ごとに、5万円×1.5%=750㌽相当のVポイントが獲得できます。
※キャンペーン終了後は毎月の獲得ポイントは、250Vポイントとなります

詳細は以下にてご確認ください。

最後に

今回は、ドトールグループでの利用で得するキャンペーンについて紹介しました。

私個人としては、ドトールのキャンペーンより、「クレカ積立」のメリットを強調したいです。コツコツ積み立てることが将来の自分の幸せにつながると考えて、長期投資を実践しているからです。
年会費は無料なので、まずは、クレジットカードを作ってみてはいかがでしょうか。