▼シェア&フォローする▼

Binance Launchpool(ローンチプール)は、Binanceに新規上場するプロジェクトのトークンが指定トークンをプールに預けることで、新規上場トークンがファーミングできる(もらえる)Binanceの独自サービス

このBinance Launchpoolに、6月2日、第20番目のプロジェクトとして、 6月7日に新規上場予定の Automata (オートマタ:$ATA)が登場!
BNB、BUSD、DOT を別々のプールにステークして、30日間にわたって $ATA トークンをファームすることができます。

今回は、Binance Launchpadで開催のAutomata ローンチプールについて紹介します。
追加情報として、Binance LaunchpoolやLaunchpad開催を利用したBNBの投資戦略案についても紹介します。

Automata $ATA ローンチプール

Binance Launchpoolは、Binance Launchpadプラットフォーム 内で開催されています。

Automata $ATA ローンチプール:詳細

内容は次のようになっています。

ATA ローンチプール

トークン名        :オートマタ(ATA) WEBサイト
最大トークン供給量    :1,000,000,000 ATA
Launchpool トークンの報酬:40,000,000 ATA(トークンの最大供給量の 4%)
初期循環供給量      :172,252,000 ATA (最大トークン供給量の 17.2%)
 
ステーキング条件     :上限なし KYC不要
ステーキングプール    :BNB 28,000,000 ATA(70%)
              DOT 8,000,000 ATA(20%)
              BUSD 4,000,000 ATA(10%)

ファーミング期間     :2021年6月2日 9:00 ~ 2021年7月2日 20:59 ※日本時間
              6/2~6の1日当たり報酬 4,000,000 ATA
              6/7~7/1の1日当たり報酬 800,000 ATA
              1時間ごとにスマップショットを取得し、報酬を配分 
備考           :ステーキングの解除は自由に可能

上場前の6/6までの1日当たりのファーミング報酬ががそれ以降より高くなっているので、既に該当プールの通貨を持っているならすぐにプールに預けるのがいいですね。

なお、$ATAは 6月7日(月) 15:00(日本時間)にBinanceのイノベーション ゾーンに上場します(通貨ペアはTA/BTC、ATA/BNB、ATA/BUSD、ATA/USDT)。

Automata $ATA ローンチプール:参加方法

Binance Launchpadプラットフォームにアクセス

❷ステーキングしたい通貨のプールの「今すぐステークする」ボタンをクリック

Automata $ATA Binance Launchpad pool

❸「ステーク」をクリック
Automata $ATA Binance Launchpad pool

❹ステークする数量を入力し、「ステーク」をクリック

Automata $ATA Binance Launchpad pool

❹以上で設定は完了です。少しずつ$ATAが溜まっていきます。
Automata $ATA Binance Launchpad pool

なお、上記画面の一番下「償還」リンクをクリックすれば、いつでも預けたトークンのステーキングを取りやめ、売ることができます。故、既に該当の通貨を保有しているなら、タダ、保有しているだけでなく、Launchpoolに一時的に預けておいた方がお得です。

一言

今回間に合わなくとも、このようなセールはちょこちょこ頻度で開催されています。また、Launchpool以外にもbinanceでできる運用はたくさんあります。まずは、口座準備の上、binanceで提供される様々なサービスに慣れてくと、国内取引所では決して手に入れられないチャンスを手にできる可能性が生まれますよ。

Automata(オートマタ、$ATA)とは

Automata の特徴

Automata(オートマタ)は、よく知られているETH、BSCなどとは異なる独自のパブリックパブリックチェーン。Alameda Research(アラメダ・リサーチ)等、複数の会社が先行投資しており、なかなか有望そうです。

理解が正しいか、ちょっと怪しいところがありますが、以下のような3つの特徴を持っています。

❶プライバシー機能がついたオフチェーンガバナンス
普通、ガバナンスに投票するとなると、自分のアドレスが分かってしまう(オープン)ですが、これをプライバシー保護できることを1つの特徴としています。簡単に言えば、匿名投票ができるということですね。

❷DEXのフロントランニング防止
通常、ETHチェーンなどではガス代をたくさん払うと、優先的に処理してもらえますよね。Automataではこのような仕組みは採用せず、順番通りに処理を行ってくれようです。庶民にとってはありがたい機能です。

❸スピーディーなクロスチェーン
複数のチェーンをまたいで取引が可能

Launchpad, Launchpool開催時のBNB戦略

さて、ここからは、ちょっと話が変わります。

有望らしい Automata $ATA のローンチプールの発表?のせいか、バイナンストークン $BNB が強含んでいます。

Launchpad や Launchpool が開催されると、新規上場トークン獲得目的で、多くのBNBがステーキングされるため、平時より売り圧が低くなります。

また、ロックされるBNBが増えることを見越して、BNBを買い増すトレーダーもいるので、BNBが上昇しやすい傾向があります。

故、Launchpad, Launchpoolの開催情報を見つけたら、早期にBNBを買ってみるのは一つの投資戦略となります。

もちろん、市場環境が悪ければそれに引っ張られて下落するので、その点は加味して対応ください。

なお、LaunchPadについては、以下の記事を参考にしてください。