最高値から半値まで下落したビットコイン。強気相場は終焉したのか?過去のサイクルと現状を比較&私の投資方針
▼シェア&フォローする▼

1BTC=700万円から約半値まで下落したビットコイン。

目の覚めるような大きな下落となり、SNS界隈では「仮想通貨バブルは終わり」「ビットコインは電気代の問題もあるから終わり」といった声も散見されますが、私自身は投資スタンスは特に変わっていません。淡々と、ビットコイン、イーサリアムを淡々と増やすことを軸に、DeFiでは新チェーンで中核となりそうな通貨を増やすことを念頭に投資を継続しています。

確かに、この1ヵ月で大きく含み益を減らしました。そして、自分自身が仮想通貨売買が上手であれば、一旦手放し、暴落を確認するのが正しいのかもしれませんが、私は仮想通貨の売買が下手で、値下がりしたとき、上手に買い戻せる自信もありません。

大き目な下落ではありましたが、今回程度の下落は、何度となく中国・米国の投資規制、電力消費問題が取りざたされる度に起こってきました。今回の下落も、上昇の過程で見られる調整と考え、保有を続けています。

まずは、少ない資金でですが、取り急ぎ、税制的に有利なSBI証券のレバレッジトラッカー(税率20.315%&分離課税)でビットコインとイーサリアムを購入しました。

今回は、私が投資の軸にしているビットコインの理論価格「S2F」をベースに、ビットコインが過去の2回の半減期後の動きと比較して、どのような位置にあるか確認してきたいと思います。

また、私の2021年5月時点における仮想通貨投資方針についてもまとめます。


7%還元対象の返礼品:家電📺 日用品🍴 お肉🍖 魚🐟 果物🍎

ビットコインの価格推移

ビットコイン日足チャート

上図は、2021年5月26日21時点までのビットコインの日足チャートです。

ビットコインは最高値700万円から350万円まで下落。最高値からの下落率は50.44%となり、これだけの下落は、ここしばらくは見られなかった大きな下落です。

下落の要因となったニュース

キッカケは、皆さんご存知の通り。ビットコインの下落を招くネガティブニュースが、次々に報じられました。

ビットコインに対するネガティブニュース

❶ 5/13:米ステラ、ビットコインによるステラ社購入の制度を撤廃 記事
    イーロン・マスク氏によるビットコイン採掘のエネルギー消費問題に言及 記事
❷ 5/20:米国で1万ドル以上の仮想通貨送金を義務図ける方針を発表 記事
❸ 5/21:中国のビットコインのマイニングと取引の規制を強化 記事

❶は何かと仮想通貨に対する発言力が大きいイーロンマスク氏が関係するニュースとは言え、一企業の話。
❷は他の資産と同様、あるべき方向性。

この中で厳しいのは❸です。過去にも中国規制強化の報は何度もありましたが、今回はその中で最も厳しい内容です。
5月25日には、大手デリバティブ仮想通貨取引所のBybitが中国人ユーザーの利用制限を強化する方針を発表。約3週間後の6月15日より、中国国内の携帯電話番号に紐づけている取引所ユーザのアカウントを停止を発表(記事 )この報を受けて、ビットコインは再び下落しました(現在は、再び上昇)。その他、企業の中でも中国撤退の方が続いています。

チャート分析

2021年5月26日21時現在、ビットコインは200日移動平均線での攻防中。この200日線水準を時間をかけずに突破できるか、ここで足踏みするかで、直近数カ月のビットコインの動きは大きく異なると思います。

なお、200日線が重要な理由は、以下の記事にてご確認ください。

ビットコインの理論価格「S2F」に見る現在のビットコイン

私は、ビットコインの価格は、有名な理論価格「S2Fモデル」に基づき上昇するとの考えは、年初来変わりません。
※以下の話は、このS2Fモデルがベースとなっていますので、ご存じない方は、以下の記事をまず確認ください。

現在のS2Fモデル

上記は、現在のS2Fモデルです。4月に細い水色線のモデル値を上振れ気味に動いていましたが、今回の大幅下落でで理論値水準を割り込んでいます。

しかし、私は再び理論値に回帰。そして、5月のネガティブニュースと下落は何だったのかと思うような上昇を見せると考えています。

半減期からの経過日で確認

上記は、2012年、2017年、2020年の半減期からの経過日数を基準とするビットコインの上昇率を対数表示したグラフです。確かに、過去の4年サイクルの中では、現時点で起きた下落は大き目です。

逆三角マークはそれぞれ価格がピークをつけた経過日地点です。2012年時は半減期から372日目、2017年時は半減期から525日目でピークをつけています。これを、2020年5月の半減期で同日数を当てはめると、それぞれ、2021年5月18日(372日目 ※既に経過)、202年10月18日(525日目)に当たります。

2012年からの4年サイクルと同程度の時期でピークアウトと考えるなら、既にピークアウトしていることになりますが、一般的には時価総額が大きくなると上昇には大きな資金が必要なので、素直に考えるなら、2017年時よりも日数がかかると考えるのが自然であり、2021年年末ぐらいまでにピークを迎えてもおかしくないかなと考えています。

今現在、爆損を出している人

仮に、今回の最高値700万円が4年サイクルのピークであったとしましょう。

その場合は現時点では、底値が350万円で、2017年の最高値230万円と比べれば、100万円も上です。また、バブル崩壊後の2018年の大底35万円と比較すれば10倍以上に切り上がっています。現在、大きな含み損、或いは、大きな損失を出しているのは、21年にビットコインが盛り上がり始めてからビットコインを買った方か、頻繁にビットコイン売買を繰り返してきた方です(或いは、アルトコインで勝負をかけた方)。

単純に2020年にビットコインを買ってそのままホールドしていた人は、この暴落でもプラスです。

仮に、今回の下落が4年サイクルの終焉だったなら…

今後、どのようにビットコインが価格形成するかは誰にもわからず、さらに下落する可能性もないとは言えません。

しかし、仮に、今回の最高値700万円が4年サイクルのピークであったとしても、一旦の底を迎えたとみるなら、ここから次の半減サイクルに向けて、気長にレンディングをしながら待つのもよいと考えます。

時間を味方につけて増やす方法は、長期投資の基本です。
仮想通貨の場合は、レンディングで増やすにしても、利率が高く、しかも、BTCなら賃借料分がBTCで支払われるので、BTCが値が上がれば、資産の伸びも加速的に増えます。
chami
chami

現在のビットコインの運用方針

私は従来より、次のような仮想通貨の運用方針を持っています。

仮想通貨の運用方針

  • 基本、長期投資
  • 時価総額の大きな主力コイン(ビットコイン、イーサリアムなど)をコツコツ買い増す・増やす
  • 2番手中隔コインは、レンディングやDeFiで増やす(リップルはレンディング、バイナンスコインはDeFiで増やす 等)
  • DeFiで今後伸びると考える新チェーン(Solona、Fantom)で中核となりそうなコインはDeFiを利用し増やす。ただし、投資額は限定的。基本、重要コイン以外の保有コインを売却し、資金に充てる

新規投資

今回の下落では、少ない資金でですが、取り急ぎ、税制的に有利なSBI証券のレバレッジトラッカー(税率20.315%&分離課税)でビットコインとイーサリアムを購入しました。

5月27日の引け(23:30現在)では、以下のリターンとなっています。現時点では、週初の買付額に対し、20.2%のリターンが出ています。

増やす運用

なお、私は現在、ビットコインについては以下の運用で増やしてます。

【初心者向け】

Metamaskなどのウォレット不要で初心者でも簡単に始められる運用です。
coinloan:様々な主要通貨のレンディングが可能
SwissBorg:$ETHと$CHSBのレンディングが可能
Binance 様々な通貨のレンディングやステーキングが可能

【中級者以上向け】

MetamaskやDeFiの知識が必須です。リスクも高いです。
私は、利回りは劣りますが、ファーミングよりステーキングを重視(インパーマネントロスの回避のため)した運用をしています。

BSC(バイナンススマートチェーン)

※基軸通貨:$BNB
growing:$BNB、$BUSD、$CAKEの利回りが高い
NERVE:$BTCとETHの運用利回りが高い
Acoconut:$BTCの利回り高め
Alpaca Finance 他:$BNB、$ETHの運用利回り高め 他

Solana チェーン

※基軸通貨:$SOL
Raidium:Solanaで中核となりそうなプロジェクト。IDO(トークンセール)も開催

Fantom チェーン

※基軸通貨:$FTM
ester.finance:FantomのメジャーなLPの預入可能。貯まるESTのStakeで基軸通貨FTMが溜まる

Elrond チェーン

※基軸通貨:$EGLD
maiarウォレット:$EGLDをステークスし、$EGLDと$MEX ダブルでもらう

最後に:DeFiの投資を始めてみたい方へ

今回は、ビットコインを過去の半減期後相場と比較すると同時に、現時点の私の投資スタンスをまとめました。

DeFi投資/運用を始めてみたい方の初心者本を以下の記事で紹介しています。最新金融であるDeFiはまだまだ先駆者メリットがある世界。驚くような高い利率での運用も実在しています。ただし、勉強が必須な世界で挫折者も多いです。その辺の心得が必要となりますので、その点、承知の上、Try下さい。

第一目標は、手数料極小で始められるPancakeswapが使えるようになること。ここで運用ができるようになれば、後は応用が効きます。