BITPOINT、口座開設でもれなくトロンTRX 3000円相当もらえる TRONの特徴と将来性は?(4/30 16:00まで)
▼シェア&フォローする▼

3月17日から日本初でトロン(TRON/TRX)の取扱いを開始した 暗号資産取引所BITPoint

取扱いを記念して、TRX(トロン)がもらえる!口座開設キャンペーンを開催中。
期間中に口座開設でもれなく3,000円相当のTRXがもらます。

別取引所・別通貨のお話ではありますが、取扱開始キャンペーンを上手に利用することで、将来的に大きな資産に成長することも、仮想通貨市場では十分あり得ます。

以下記事では、私がキャンペーンでタダでもらったコインが、60万円以上(記事記載時。4/3現在は160万円以上に拡大中)に化けた実績を紹介しています。

トロン(TRON/TRX)の価格が将来的にどのように推移するかは誰にもわかりませんが、タダでもらえるコインを上手に運用してみてはいかがでしょうか。

今回は、TRONの特徴とこれまでのチャート推移。そして、今回のBITPOINTのトロン(TRON/TRX)がもらえるキャンペーンについて紹介します。

私は、3月に開催されていた2000円相当のトロンもらえるキャンペーンで約10万円分のTRXを購入。
現在は含み益になりました♪
chami
chami

仮想通貨トロン(TRON/TRX)とは

仮想通貨トロン(TRON/TRX)とは

TRONの特徴

BITPOINTに上場したTRON(トロン:TRX)とは、2017年8月にローンチした仮想通貨です。デジタルコンテンツに特化した分散型(非中央集権型)プラットホーム上で使用される通貨で、ユーザが自由に、ゲーム・動画・音楽などのデジタルコンテンツにおいて、ユーザーが作成するコンテンツに正しく対価が支払われる事で、クリエイターに正しく利益が還元されるような仕組みを設ける事で業界が発展することを目指しています。。スマートコントラクトを利用して独自トークンを発行したり、アプリケーション(DApps)の開発を行うことができます。
TRON:公式ホームページ

現在、中国最大の音楽配信サービス企業Peiwoとの提携、自転車シェアリングサービスoBIkeとの提携、分散型ゲームプラットフォーム「BitGuild」そして分散型SNS「steemit」を買収を行っています。また、韓国大手企業サムスンとの提携するなど、提携を薦めています。

このトロンは、只今、国内取引所ではBITPOINTのみが取扱いを行っています。

トロン(TRON/TRX)の時価総額と価格推移

トロン(TRON TRX)のチャート推移

2021年4月1日現在、トロン(TRON/TRX)は時価総額20位のコインです。130以上の取引所で取扱いされています。

2017年12月に仮想通貨バブルで急騰し25円まで上昇、その後、バブル崩壊とともに一気に値を崩した過去があります。その後、韓国の大手取引所BitHumbに上場し急騰しましたが、再び下落し、長期、底値停滞していました。

しかし、2020年秋以降はビットコインの上昇による仮想通貨市場への投資が活発になったことで、トロンも上昇傾向にあります。直近では、ビットコインの上昇、ビットポイントの取扱開始などの良い材料に支えられて、急騰しています(直近1週間で40%の上昇、時価総額順位も上昇しています)。

ただし、2020年以降、急騰してきたDeFi銘柄、今年になって注目を集め始めたNFT銘柄などと比べて、大底からの上昇は限定的です。最高値の半値戻しも達成できていません。他の人気通貨に比べて上昇余力は十分あると言えるのではないでしょうか。

口座開設でもれなくトロンTRX 3000円相当もらえるキャンペーン

キャンペーンは以下の通りです。

特典
3,000円相当のTRXをプレゼント

期間
2021年3月31日(水)16:00~2021年4月30日(金)16:00まで

条件
キャンペーン期間中に、口座開設完了の手続きが完了した方

進呈期日
2021年5月17日(月)を予定

条件は口座開設のみなので、簡単ですね。
chami
chami

空きがあれば利用したい「貸して増やす」

私は現在、BITPOINTでは、レンディングサービス「貸して増やす」を利用しています。
現在はBCHのみ貸出し。現在、各通貨満枠で新規で申込ができない状況ですが、待機中です。

4月1日の段階では、BATのレンディング(年利2.0%)の申込が可能です。BATを長期保有予定なら、預け入れましょう!

もし、BTC、ETH、XRPなどメジャーな通貨を保有しているけど、レンディング申込ができる先がないという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

最後に

BITPOINT

今回は、BITPOINT(ビットポイント)のTRX(トロン)取扱いキャンペーンについて紹介しました。
タダでもらえるものはもらっておきましょう!

なお、正直、国内仮想通貨取引所はサービスが世界最先端から随分と遅れているのが現状です。海外の取引所を1つでもいいので解説しておくことをお勧めします。
お薦めは世界最大の取引所Binance

冒頭で説明した通り、LINEの取引トークンLNが驚く上昇を見せていますが、Binanceの取引所トークンBNBも驚く上昇を見せています。価格上昇しやすい仕組みは、以下で解説しています。