人の行動原則に従うと”時間・お金”は搾取される!サラリーマンが陥りやすい「パーキンソンの法則」とは
▼シェア&フォローする▼

仕事を今まで以上に頑張っても、全く時間的な余裕ができない
毎月の給料、貯金したくてもその余裕がない

こんな悩みをお持ちの方は多いはず?

そんな方、「パーキンソンの法則」をご存知でしょうか?

搾取される側の人間=サラリーマン、貧乏人、情報弱者は大いに注意すべき法則です。

今回は、パーキンソンの法則が何かを解説したうえで、解決策を紹介します。

シリル・ノースコート・パーキンソン氏提唱の「パーキンソンの法則」とは

パーキンソンの法則は、イギリスの歴史学者・政治学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが1958年に提唱した法則です。役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続けるというもので、2つからなります。

役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続ける

第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する
第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

どちらも、ビジネスパーソンが日々の生活で意識した方がいい法則です。

第1法則:仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する

パーキンソンの法則:第1法則

時間を意識しないで仕事をすると、作業が長引くことありませんか?

サラリーマンにありがちな仕事スタイル

例えば、資料作り。
PowerPointで提案資料を3日後16時までに作成・提出しなければならないとしましょう。

こんな時、1日目はちょっと気になるのでとりあえずPowerPointを開いて、何か書き始めてみる。案をメモしながら書き進めてみるもののうまく進まないので、凝った絵を描くことにはまってしまう。結果、本腰を入れてまとめ始めたのは提出日の13:00以降で、期日の16:00ギリギリまでかかってやっと完成、なんて時間の使い方、よくある事だと思うのです。

上記は例ですが、人は、常に時間を意識して行動しないと、数時間で終わる作業も、締め切りいっぱいまでかかってしまう→仕事が膨張してしまうのです。

解決策・改善的思考1

では、どのようにしたら、この時間貧乏を解決できるのか?

例えば、3日後が締め切りの改善提案レポートを依頼されたら、簡単な提案を当日中に送ってみてはいかがでしょうか。
この時、凝ったパワーポイント資料などを作成する必要は一切ありません。メールなどでさらさらっと回答すればOK。

数時間で作成して提出する資料に対して、ボリュームが足りない、中身が薄いと問われることはあまりありません。むしろ、すぐに着手し対応してくれたことを相手は素直に喜び、そして、そこに感謝や信頼が生まれます。

即レスの効果

自分が使う時間を最小限にしながら、信頼も感謝も得られる
⇒圧倒的に得なやり方

仕事ができる人は、このような無駄を省いて、さらに評価を得たり、知識をつけたり、副業したりする時間を生み出します。

さらに副次的な効果として、「●●日までに資料作らなくちゃ…」といった嫌な気分から解放されるので、気持ちも軽くいられます。

解決策・改善的思考2

自分の年収が時間換算すると時給いくらに相当するか確認しましょう。

そして、毎日サービス残業+2時間した場合と、残業0時間で帰宅した場合の時給の差を計算してみましょう。
残業が自分にとっていかに損かが分かるはずです。

自分の年収を時給換算する簡単な方法は以下の記事にて解説しています。

第2法則:支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

パーキンソンの法則:第2法則

簡単な言葉で表現すると、「おカネを持っていたらその分使ってしまう」ということです。

これは、、貯金や投資ができない貧乏人の典型的なパターンです。
お金持ちは、まずは、消費欲求を抑えて、まずはタネ銭を貯めてそれを投資します。

解決策・改善的思考

では、どうしたら、お金を使わずに貯めることができるのか?

今どき、今どき、ただ支出を減らた分を「銀行口座」に貯えていても、お金が増えることはありません。「お金が増える仕組み」を作ることが大切です。

まず、「第1法則」の改善で生み出される時間を利用して、「iDeCoやつみたてNISAなどの税制優遇のある投資法を用いて、毎月投資をする仕組み」を早々に設定することを行ってみてください。

iDeCoは非常に優遇税制が大きい制度なのに、未だに利用率が低い制度。毎年の所得税を減らす効果が減らすだけでも非常に大きな効果があります。

以下のページでは、iDeCo、つみたてNISAのメリットや、具体的にどの金融商品に投資をすればいいかなど、解説をしています。
まずは、仕事を適度に切り上げ、投資について勉強しましょう。