4月から食料品など続々値上げ、年金支給額は下げ ― 家計圧迫に備えが必要
▼シェア&フォローする▼

間もなく始まる新年度。
4月は、国内の様々な制度や価格が改定されるタイミング。

2021年は、労働者の働く環境を改善させる制度改定が行われる一方、家計を圧迫する複数の値上げ、年金受給者にとっては支給額値下げなど、家計の打撃となる変更が目白押しです。
介護や固定資産税などで家計にプラスとなる制度改定があるものの、全体としては、家計圧迫の圧力が大きいい状況です。

今回は、家計を圧迫となる項目にどのようなものがあるか、解説します。

【10/18まで】Amazonタイムセール エントリーでポイントUP🥳

家計に打撃となる4月からの値上げ/値下げ

4月から、様々な値上げが実施。一方で、公的年金の支給額は引下げとなります。

項目変更内容
大手電力・都市ガス14社液化天然ガスや原油価格の上昇で、家庭向け電気・ガス料金が値上げ
日清オイリオグループ原材料価格の高騰で、家庭用食料油1kg当たり20円以上の値上げ
J-オイルミルズ原材料価格の高騰で、家庭用食料油1kg当たり30円以上の値上げ
マルハニチロ昨年の記録的なサンマ不漁でサンマ缶詰4品目を各30円値上げ
モスフードサービス資材コスト増などで、モスバーガー商品70品目で10~50円の値上げ
丸亀製麺地域・季節限定品を含む全商品の約25%で10~30円の値上げ
串カツ田中ホールディングス串カツ全商品で糖質を従来比4割抑えた衣を採用することに伴う原材料費上昇に伴い、全商品の9割で1品当たり平均10円程度値上げ
菊正宗酒造資材値上げに伴い、7商品で7~65円値上げ
三井住友銀行コンビニATMの手数料を値上げ。平日昼間は110円⇒220円、それ以外は330円に値上げ
18~74歳の新規口座開設者から、紙の通常利用料として、年間550円の徴収。有料化が開始
年金支給額引下げ年金支給額が前年度から0.1%引下げ。マイナス改定は4年ぶり

値上り品の傾向

全体として、原油価格の上昇に関連する原材料費高騰に起因する値上げが多いですね。
好きな食品が上記に含まれている場合は、値上がる前の3月中に味わったり、少し買いだめをしましょう。

銀行ATMの値上げは、キャッシュレス決済で対応しよう

皆さん、月に何回ATMでお金を引き落としていますか?

還元キャンペーンでお得に支払いが可能なキャッシュレス決済を上手に使えば、ATMで現金を引き出す回数は大幅に減らすことが可能です。

私は、2020年以降、最近は1ヵ月に1度も現金をATM引き出ししないこともあるほど、現金を使わなくなりました。
支払いは、お得なキャンペーンを開催してるスマホでのペイ払い、或いは、高還元率クレジットカードで支払いを済ませています。
そして、貯めたポイントは、基本的にポイント投資に回して、運用しています。

絶対持つべきおすすめクレジットカード

カード還元率
年会費
ポイント交換先
特徴
No.1!

Visa LINE Payカード
(LINEカード)

5/1から
3.0%→
2.0%還元
 
初年度無料
2年目以降、1回の使用で無料

LINEポイント

より詳細を確認

  • 5/1から還元率が3.0⇒2.0%に変更されても、最強還元率
  • 年会費は初年度無料。2年目以降は1回の使用で無料になるので、実質年会費無料
  • 積極利用でポイントランクがUP。チャージポイントやクーポン特典がUP
  • LINE証券でのポイント投資にも利用可能
  • マイナポイント対応
  • 【注意】公共料金・税金・iDの支払は1回あたり5万円以内のみ還元対象。ふるさと納税は対象外 詳細
リクルートカード

リクルートカード

1.2%還元

年会費無料

Pontaポイント

  • ポイント還元率が最高クラス
  • Pontaポイント、JALマイルに変更可能
  • au PAY×Pontaカードでポイント2重取り可能
  • au PAYふるさと納税で利用可能な㌽に高還元率返還可能
  • リクルート系のサービスで高いポイント!
  • 電子マネーへのチャージでポイントがたまる
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイに対応
楽天カード

1.0%還元

年会費無料

楽天ポイント

より詳細を確認

  • 楽天サービス理由でポイント還元率がどんどん上がる(最大30%
  • 楽天ふるさと納税での寄付にもポイント使える
  • 楽天証券でのポイント投資が可能
  • プリペイド型電子マネー「楽天Edy」搭載
  • スマホ決済:Apple Pay、Google Pay、楽天ペイも対応
  • マイナポイント対応
dカード

1.0%還元

年会費無料

dポイント
Pontaポイント
JAL

  • ドコモユーザ以外でもメリットが大きく、キャンペーン多数
  • d払いの支払い方法をdカードに設定すると、dポイントが2重もらえる
  • 日興フロッギー+ docomo」「THEO+ docomo」でポイント投資が可能
  • 電子マネーiDを搭載
  • スマホ決済:Apple Payに対応
  • マイナポイント対応

貯まったポイントは「ポイント投資」が最強!その理由は?

私は、カード決済などでたまったポイントは、基本的に、ポイント連携する証券口座に移行し、ポイント投資します。

理由は、ポイント利用でショッピングをしてもポイントがつかない、或いは、ポイント還元率が悪いからです。

相場が急変で大きく下落したとき、買い挑むのは怖いですよね?
そんな時、ポイント投資なら、現金投資に比べて圧倒的に気軽に大胆な投資ができるというメリットもあります。

以下は、大暴落時の投信買い=2020年3月のコロナショック時に買い付けたハイリスク投信「楽天日本株4.3倍ブル」の資産状況です。+388.43%のリターン(2021年1月19日現在)になっています。


原資47,332㌽が1年もたたず23万円以上に…
さすがハイレバ商品

ポイント投資ができる連携先は以下の通りです。各社、投資家登録キャンペーンをやっているので、それを利用すればさらに投資原資が増えます!

ポイントプログラム連携金融機関
LINEポイントLINE証券
楽天ポイント楽天証券
TポイントSBIネオモバイル証券 SBI証券
Pontaポイントau PAYポイント投資
dポイント日興フロッギー
永久不滅ポイントRimple(リンプル)(不動産クラウドファンディング)
PayPayポイントPayPay証券

上記の中で、最も利用しやすく特典が大きいのは「楽天ポイント」のポイント投資!毎月の投信買付など、お得すぎるのでやらないと損です。
以下の記事にて解説をしています。

まずは家計を見直そう

お金が溜まらないとお嘆きのあなた、「家計簿付け」していますか?

家計簿による「家計の見える化」は、無駄遣いを減らす第一歩。
家計の収入・支出の「見える化」すれば、支出の傾向や癖が丸わかり。無駄遣いを減らすだけでなく、毎月、毎年いくら必要かがわかるなど、将来にお金の不安を減らすことができます。

いやいや、でも、家計簿付けなんて面倒で続けられないとお思いのあなた、

しかし、多くの方が家計簿が続かない理由は「面倒」だから。しかし、キャッシュレス決済×スマホアプリ「マネーフォワード」を利用すれば、最初に設定は必要ですが、設定さえ済ませれば、家計簿づけはほぼ自動で完成します。故、私は家計簿付けに月10分と時間はかかりません。

もしまだ利用していないという方は、無料で使えるのでダウンロードして使ってみてください。

その他、ちょっとした改善で家計をスリム化する方法を以下で解説しているので合わせてご確認を。

最後に

今回は、家計を圧迫する4月からの値上げ/値下げを解説すると同時に、家計をスリムにする方法として、手間のかからない家計簿について紹介しました。
家計簿付けは最初の初期設定を面倒と感じるかもしれませんが、一度設定してしまえば、後は自動です。

無計画な支出で後で困って頭を悩ませるよりも、スマホでポチポチ設定を済ませ、月の支出を把握しながらお金を使える体制を作る方がずっと時間的・心理的負担は少なくて済みます。お金に苦労しない生活を手に入れるべく、頑張りましょう!