ビットポイントが暗号資産貸出サービスの受付開始─「30日間年率20%」は驚き!申込予定!
▼シェア&フォローする▼

暗号資産取引所BITPOINT(ビットポイント)で、12月8日(火)から暗号資産貸出「貸して増やす」サービスの開始を発表。

サービス開始を記念し、驚き😆の「年率20%!「貸して増やす」サービス開始記念キャンペーン」を開催。また、並行してビットコインがもらえる!「冬の新規口座開設キャンペーン」も開催中です。

今回は、ビットポイントの「暗号通貨貸出サービス」「新規口座開設」の2つキャンペーンと、暗号資産貸出に預けるとどのぐらいの金利分が受け取れるか、まとめて紹介します。

chami
chami
暗号資産貸出サービスは、お金でお金を増やす「不労所得」!
1BTC預けた場合の30日後の受取額を計算してみたけど、凄いね。
追記 2020年12月8日
締め切り当日の12/7に3通貨をビットポイントに送金。貸出申し込みを行いました。
・ビットコイン
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

申込画面は極めてシンプル。申込数量を入力して申込ボタンをポチるだけで完了。
 
なお、一つの仮想通貨取引所に資産を集中させたくないので、資産の一部を送金。
 
また、リップルは貸出期間中にエアドロップを控えているため、今回は申し込みませんでした。
※貸出期間中はエアドロップが受けられないため

申込が多い場合は「抽選」となります。結果は12月8日にわかるそうです。
 ↓
【結果】3件とも抽選から外れたと連絡がありました。残念!

chami
chami
1000円の本を毎日読めば、1ヵ月で3万円分の自己投資可能な"神サービス"

解約方法を事前に確認

ビットポイントの暗号通貨貸出「貸して増やす」キャンペーン

暗号通貨貸出サービスは、ユーザーが保有する暗号資産を「BITPOINT(ビットポイント)」に貸し出すことで、貸出条件に応じた貸借料を受け取れるサービスです。保有している暗号資産を有効活用して新たな収益機会を得ることができます。

キャンペーンは申し込み多数の場合は抽選となりますが、申込の上、当選すれば、30日間、年率20%が適用されます。このレートは破格です!

キャンペーン期間
申込期間:2020年11月26日(木)13:00~2020年12月07日(月)16:00までの申込
抽選期間:2020年12月07日(月)16:00~2020年12月08日(火)16:00
貸出期間:2020年12月08日(火)16:00~2021年01月07日(木)16:00(30日間)

キャンペーン対象
・「貸して増やす」サービスに申込した方が対象
申し込み多数の場合は抽選

特典
・抽選に当選した方を対象に、対象の暗号資産6通貨の30日間の貸出しが年利20%

対象暗号資産と貸出可能条件
暗号資産           :貸出可能数量(貸出可能単位)
ビットコイン         :0.001BTC以上(0.001BTC単位)
リップル           :100XRP以上(10XRP単位)
イーサリアム         :0.1ETH以上(0.01ETH単位)
ビットコインキャッシュ    :0.5BTC以上(0.05BTC単位)
ライトコイン         :1LTC以上(0.1LTC単位)
ベーシックアテンショントークン:500BA以上(50BAT単位)

<

本キャンペーンで獲得可能な賃借料をシミュレーション(銀行定期との比較)

ビットコインを1BTCを、30日間貸出すと受け取れる貸借料は、いくらになるでしょうか。
現在のビットコイン価格は約200万円ですが、仮に30日後も同値であると仮定してシミュレーションを行ってみましょう。

受け取れる貸借料= 1 BTC × 20% × 30日 / 365日 =0.016438 BTC

受取時も1BTC=200万円とした場合、賃借料(円貨)は32,877円!

受取金利の差(本キャンペーンVS銀行定期預金)

貸出場所利率貸出期間受取賃借料(BTC)受取賃借料(円貨)
ビットポイントキャンペーン利用20.0%30日間0.016438BTC32,877円
普通定期0.1%30日間156円

キャンペーン終了後の貸借年率

現時点では、キャンペーン終了後の「貸して増やすサービス」の年率や貸出期間、申込方式は不明です。

ただ、他社の貸仮想通貨サービスの状況を見ていると、申込多数で新規申込み打ち切られてしまっているのが現状(後発だと、申し込みができない)です。

それ故、サービス開始の段階で申込を行っておくのが賢明と考えます。

BITMAXの暗号資産貸出サービスの現状

今年10月7日にサービスがスタートした、LINEの暗号通貨取引所BITMAXでは、開始後、しばらくしてから新規受付が打ち切られました(多分、枠が常に一杯状態)。それ故、貸し出しを行いたくても、できないのが現状です。
 
私はサービス開始時に申し込んだ貸付をそのままキープしているので、現在も毎日賃借料を受け取っています😄
※BCHはハードフォークのために、貸出解除になってしまいましたが。

現在、ビットコインをはじめとする通貨が値上がりしたことにより、開始時から2ヵ月弱でもらった不労所得(=賃借料)は円貨で2.2万円を超えています。
 
BITMAXの賃借料

ビットポイントの冬の新規口座開設キャンペーン

ビットポイントでは、11月30日から冬の新規口座開設キャンペーンも開催中。
キャンペーン期間中に、口座開設申込から口座開設完了までの手続きが完了した方を対象に、1,000円相当のビットコインがもらえます。

キャンペーン期間
申込期間:2020年11月30日(月)13:00~2021年2月1日(月)16:00まで

キャンペーン対象
キャンペーン期間中に、口座開設申込から口座開設完了までの手続きが完了した方

特典
1,000円相当のビットコイン(BTC)
※プレゼントされるBTC数量は、「2021年2月1日(月)16時時点の価格」にて算出
※2021年2月15日(月)に進呈予定

キャンペーンの流れ
❶メールアドレスとSMS認証のための携帯電話番号を入力し「口座開設」申込
❷個人情報の入力とスマホでの本人確認
❸審査完了すると、完了通知がメールで届く→1,000円Get!

ビットポイント口座開設申込の流れ

最後に

今回は、BITPOINT(ビットポイント)の暗号資産貸出サービス(仮想通貨レンディングサービス)について紹介しました。既に対象の通貨をお持ちなら、ビットポイントに資産を移管・貸出申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

なお、他社の暗号資産貸出サービスについて知りたい方は、以下の記事にて詳細解説しているので、是非、ご確認を。

手軽に始められる不労所得策

ちなみに、私は、不労所得を増やす策として、融資型クラウドファンディング(レンディングサービス)も実施中。銀行に預けても金利は尽きません。1万円から投資がはじめられるサービスが多いので、まずは、1万円から銀行以外にお金を預ける先を作ってみることをお勧めします。
以下は、融資型&不動産型クラウドファンディングの会社の特徴・金利などをまとめたリストです。

暗号資産のレンディングサービスよりも、
融資型クラウドファンディング=ソーシャルレンディングの方が、リスク/スキルが少なくとも始められます。
chami
chami