Kindle Unlimited 必読のおすすめ本/良書・名著80冊(ビジネス書、小説、古典、文学、投資 他 ラインナップ)【2020年3月更新】
▼シェア&フォローする▼

Amazonのkindle本が読み放題になるサービス『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)
多読家のChami(@poststand)にとっては、定額料金で対象本が月額定額料金で読める本サービスは、神サービス。

kindle Unlimitedは、最初の30日間は体験サービスで無料、その後は月額980円ですので、漫画や雑誌なら2~3冊、文庫本なら2冊、ハードカバーなら1冊読めば十分元が取れます。

過去にKindle Unlimitedには読みたい本がない、素人本ばかりでラインナップがつまらないと言われたことがありますが、2019年12月現在、そんなことはありません。毎月、対象本の入れ替えがありますし、話題のタイトルも対象になっています。私の場合、読みたい本がたくさんあるけれど、読み切れないといった感じです。

今回は毎日1冊本を目指して読書をしているChamiが読んだ本の中から、「ジャンル別:是非とも読むべき良書ラインナップ」を紹介します。

Kindle Unlimited:必読の良書の選書法について

今回は、Kindle Unlimited対象本の中からジャンル別に必読の良書をラインナップし紹介。
※Amazonの本の選別ラインナップと本ページのラインナップは分け方が異なります。

良書・名著の選出は、①只今人気上位のKindle本②時代を超えて長く読み継がれている名著 を中心にピックアップしています。
正直、まだまだ紹介したいおすすめ名著がたくさんありますので、適宜、本ページの選書を更新していく予定です。

現在開催のKindle Unlimitedキャンペーン

上述の通り、以下で紹介する本はすべてkindle Unlimitedの対象本です。つまり、すべて読んでも通常月額980円以上かかりません。

しかも、今なら以下のキャンペーンを開催中。
こちらをクリックして、キャンペーン価格申込ボタンが表示されれば、格安価格でKindleUnlimited対象本が読ます。

初回利用なら、いつでも30日間は体験無料が利用できます。

Kindle Unlimitedの解約方法 など事前に確認してきたい情報

kindle unlimitedのお試し方法、解約方法、メリット・デメリット、Kindle Unlimitedのジャンルなどは以下の記事でまとめているので是非ご確認ください。

非常に低コストに自分のスキルアップを図るチャンスです。通勤や朝の時間、寝る前など読書の習慣化をすれば、1年後にはあなたの、教養は間違いなくUPしていることでしょう。
是非、kindle Unlimitedを有効にお使いください。

Kindle Unlimitedおすすめ良書 セレクション

「モチベーション」の維持に役立つ本

思考は現実化する:ナポレオンヒル

人は自分が思い描いたような人間になるという。すなわち思考は現実化する。

人は、自分で思い描けない目標に向かうことはできません。確固たる願望を持ち、「欲しいもの・手に入れたいものを知る」。そして、明確な目標を掲げ決断をしていく。時代を超えて読み継がれるビジネス書・自己啓発の名著です。

7つの習慣 デイリー・リフレクションズ:スティーブン・R・コヴィー

人生を確実に変える大ベストセラー「7つの習慣」。やれば確実に自分の人生が変わると理解できるものの、なかなか実現が難しい人生の指南書です。

なかなか難しい指南書だからこそ、コービー先生の言葉を、手軽にいつでも身近に感じたり、振り返ったり意識できるようにしたいとお思いの方も多いはず。そんな方のために「7つの習慣」に掲載された文章を抜粋し、一日単位にまとめた365の一日一言書です。成功に近づくあなたのバイブルにどうぞ。

7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】:ショーン・コヴィー

『7つの習慣』の著者コヴィー博士の息子ショーンが、全米中の若者が7つの習慣をどう取り入れ、どう変化をしていったかを、語りかけるような文体で書き起こした全世界500万部突破の『7つの習慣 ティーンズ』。

10代の子供に向けた本ですが、子供と一緒に家族が実践すれば、より大きなシナジーが生まれる!「自分の人生を自分で決める」ためのバイブル

仕事は楽しいかね?:デイル・ドーテン

大雪で閉鎖になった空港で、偶然出会った老人の問いかけに、動揺してしまった35歳の”私”。日々の仕事にゆきづまりを感じ、未来に期待感をもてない私に、老人は一晩だけの講義を開始した。その含蓄ある言葉に「私」はしだいに仕事観を揺さぶられていく。

自分はこのまま仕事を続けていいのか?現状の行き詰まりを打破するヒントを与えてくれる一冊です。なお、本書には、続編が2冊ありますが、こちらもkindle Unlimited対象本です。3冊まとめてどうぞ。
仕事は楽しいかね?2
仕事は楽しいかね?≪最終講義≫

「ビジネス全般」に役立つ本

こうすれば必ず人は動く:デール・カーネギー

全世界で1500万部超のビジネス書のベストセラー「人を動かす」の著者のデール・カーネギーが企画・出演した伝説のラジオ講座の書籍版。

人の心を開かせて成功する真の説得力。その力を手に入れるためのテクニックを、一般人からの相談に答える形でカーネギーが紹介。原著で特に言いたかったことのすべてを集約。さらに、原著で簡単に触れた箇所で重要なところは、より深く、しかもより具体的に突っ込んで解明解説。

孫子の兵法:守屋 洋

孫正義、ビルゲイツなど時代を超えて成功者に愛読されてきた「孫子の兵法」。
ビジネスも人生も、戦いの連続。いかに判断し、行動するかで勝敗が決まる。無駄に戦うことなく力を温存しながら、動くべき時に素早く動く。そんなビジネス&人生の戦略を教えてくれる名著です。

マンガで学べる孫子の兵法書関連書もあり:マンガ 齋藤孝が教える「孫子の兵法」の活かし方

菜根譚:守屋 洋

「菜根譚(さいこんたん)」は400年ほど前、中国・明代の学者、洪自誠によって書かれた処世訓。

人生にとって重要な中国の処世訓、思想・道徳といえば、孔子を開祖とする「儒教」、老子を開祖とする「道教」がありますが、この2つの教えに「仏教」を融合し、そのうえで処世の道を語っているのが特徴。「かみしめて味わうべき人生訓の書」で、中国以上に日本で愛され、田中角栄はじめ多くの方が愛読しています。

後悔しない超選択術:メンタリストDaiGo

人は1日で行う人生を左右する選択は約70回。
なんとなく判断した選択の積み重ねが、人生を決めることになります。

では、どのような選択を重ねると人生を幸せな方向に導くことができるのか?残念ながら、未来に何が起こるのか、誰にも予測できない以上、選択に正解はありません。

そこで、メンタリストのDaiGoさんが考える答えは、「後悔しない選択」。具体的にどのように選択・判断するのか、一瞬でベストを見極める科学的メソッドが学べる一冊です。

運の正体:野村克也

負けに不思議の負けなし。勝ちに不思議の勝ちあり。

勝った理由は論理的に説明できずとも、負けの理由は論理的な説明ができることを指す言葉ですが、野球のような勝負の世界に限らず、ビジネスの世界でもよく語られる言葉です。野村さんはこの言葉にプラスするように、「不思議の勝ちにも根拠あり」と語る。

運は決してまぐれで巡ってくるものではない。理をもって運を引き寄せる、根拠のある運を呼び込むための最初で最後の「野村の運の書」。生涯を通じて大事な教えが学べる生き方の指南書です。

「決める」技術:柳生 雄寛

多くの人が「決める」と「思っている」を混同している!

決めたいと思っているだけで、実際には決めていないことが多いのが実態。本当の「決める」には、「行動」が伴います。「決める」と「行動」はセットなので、行動の伴わないものは決めたとは言いません。それは「ただ思っているだけ」です。本書は勘違いしているあなたに、「決める」スキルをUPするための、大きな気づきを与えてくれます。

ある日突然40億円の借金を背負う―それでも人生はなんとかなる。:湯澤剛

大手企業でバラ色のサラリーマン生活を謳歌していたにも関わらず、父親の急死により36才で突然、倒産寸前の家業と40億円の借金を引き継ぐことになった著者。借金の大きさ、そして、うまくいかない店舗経営に悩み、無意識に電車に飛び込もうとしたこともあったという。しかし、16年間を経て、「何とかなる」と思えるようになったという。なぜ、首をつらずに済んだか、会社を継いでよかったと思えるようになったのか?

地獄の苦しみの中、心が折れて崩れ落ちそうになる際に何が著者の心の支えとなったのか、何が正気を保たせてくれたかは、誰もが人生で見舞われる様々な苦難を乗り切るために参考になります。こころの折れそうなビジネスマンに是非。

世界のエリートが学んでいるMBA必読書50冊を1冊にまとめてみた:永井孝尚

ビジネスエリートは何を学んでいるのか?ビジネスを学ぶための重要理論を広く浅く知るために最適な一冊。
ビジネスマン必読の50冊のエッセンスが1冊で学べる!

AIとBIはいかに人間を変えるのか:波頭亮 ※2020年3月対象外

AIは人工知能、BIはベーシックインカム=政府が国民の生活を最低限保守するため、年齢・性別に関係なく、一律で現金を給付する仕組みのことです。

「すべての生産活動をAIが行い、生きていくためのお金はBIで賄われる」と議論されることも多い。もしそうなら、人類が史上初めて生きるための労働から解放される、新しいステージへの移行です。でも、働く必要がない世界は本当にユートピアか、それともディストピアの始まりなのか

それを分析、予想し、メッセージを提起する骨太の一冊が本書。働かなくてもよくなった世界で人間はどう生きれば豊かな人生を送ることができるのか?その時勝ち組になるにはどうしたらいいのか?今後の生き方・働き方を考えさせられる1冊です。

なめらかなお金がめぐる社会。:家入一真 ※2020年3月対象外

行きすぎた資本主義はさまざまな歪みを生んだ。 その歪みから抜け出せず辛い思いをしている、多くの人がいて、「競争から共存」、「全体から個人へ」と、すでにその方向をシフトしはじめている。

グローバル経済や商業主義、会社、学校などの既存の大きな仕組みを「大きな経済圏」と呼ぶならば、個人レベルでつながりを持ち、支え合うコミュニティは「小さな経済圏」。この「小さな経済圏」では「富むこと」や「勝つこと」「権力を持つこと」などが人生のゴールではない。やりたいことをやって人とお金が回るそんなコミュニティだ。

現代社会の生きにくさと、今後、どんな社会が到来し、そこでどう生きるべきかのヒントをくれる良書。是非とも、読んできたい書です。

メモの魔力:前田裕二 ※2020年2月対象外

よくある「メモ本」は、「記憶のためのメモ」の取り方・習慣化をメインに語られたものが多い。しかし、本書では、メモの取り方・習慣化について触れながら、さらにそれを活かすための「知的生産のためのメモ」に重きを置いて書かれている点が大きな違いです。

メモの取り方も大事だけど、単なる記憶のためのメモを「ファクト」→「抽象化」→「転用」し、何かをなしえるための「行動」につなげていくことがより大事であることに気づかされる良書。メモ中上級者向けにオススメの1冊です。

ハッタリの流儀:堀江貴文 ※2020年2月より対象外

これからの遠くない将来、IT・AIの発達により、退屈な仕事はなくなり、余暇が生まれる時代が到来する。そんな時代に求められるのは、楽しいことであり、ロマンある目標を追う人を応援したくなる「心が躍るエンターテインメント」。人の心を埋め、熱狂に引きずり込む感動や共感です。

しかし、多くの人は、夢が大きければ大きいほど、「できます」というのをためらう。誰だった最初は実力などない。だから、突き抜けるためにも「ハッタリ」が必要。

では、どうしたら、ハッタリをかませられる人間になれるのか?本書では、ハッタリがハッタリでなくなり、壮大な夢を実現するための努力法をアドバイスしてくれます。

ハートドリブン:塩田元規 ※2020年2月より対象外

対義語は「インセンティブ=は誘因」は、人を動かすのに使うもの。ビジネスにおいては、ポジティブな意味で「お金」や「地位」、ネガティブな意味ではお金をや地位を失うことだったり、「不安」です。そして、多くの人は、ハートドリブンで行動するのではなく、ポジティブ/ネガティブ両方のインセンティブで日々行動しています。

しかし、これからの時代に必要なのは、「数字より感情、計画より直感、思考より衝動」。
合理性で正解を導き出す時代が終わり、自分の内面を発散させることによってしか価値が生み出せない時代を生きていくメソッドが学べます。

5W1H思考:渡邉 光太郎 ※2020年2月より対象外

たくさんのフレームワークを学ぶ必要なんてない!すぐに使えて役立つ!

課題提起、アイデア発想、事業提案、問題解決など、ビジネスのあらゆる場面で生産性を高めてくれる、シンプル最強の思考ツール、5W1Hをとことん使いこなすための1冊。

マンガで学べる5W1H本もあり:マンガでわかる! 5W1H思考:渡邉 光太郎

「読書術」が学べる本

《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術:和田稔

ズバリ、Amazon kindle本で効率よく読書をし、知識を血肉にする方法が記載された指南書。
kindleにはあまり知られてない非常に有効な使い方がたくさんあります。
本書では、単純な読書術にとどまらず、SNS時代のアウトプット術についても詳細にまとめられています。kindle本を読むなら、先に読んでおくとよい一冊です。

読書について:ショーペンハウアー

「19世紀のドイツの哲学者 ショーペンハウアーが、モノの考え方、文章の書き方、読書の仕方の3点について書いた本。全編を通じ、厳しい言葉が並ぶストレートな文章で書かれており、「1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失う」等、現代を生きる私たちにも通じる耳が痛い言葉が並びます。

個人が多数の発信メディアを持つ現代社会において、有限な時間を無駄にしないために、「どう読み」「どう考え」「どう発信すべきか」深く考えさせられる一冊。時代を越えても変わらない真理をついた本で一読の価値ありです。

本の中身が頭に入ってこない人のための読書のルール:園善博 ※2020年3月対象外

読書願望はあるのに、なぜ、本が読めないのか?
それは、「読みたい本」と「読める本」は違います。「自分に合った本の選び方」を知らないからです。また、「知識を記憶に定着させるしくみ」を知らないから、知識も頭に残りません。

本書では、新しい知識がどんどん自分の中に入ってくる本の選び方、読んだ知識の定着のさせ方をわかりやすく教えてくれます。

「記憶術」が学べる本

出口汪の「最強!」の記憶術

記憶の仕方で人生が変わる。記憶術は一生ものの武器になる

本書で扱われる記憶術は、脳と忘却のメカニズムに基づいた極めてシンプルな方法です。
記憶術の本によく書かれている●●法といった記憶術は一切出てきません。提唱されるのは、「論理と脳科学を結び付けた記憶法」です。

頭が悪くて仕事がうまく行かない、人の名前が覚えられない、英語がいつまでたってもマスターできない、資格を取得しなければならない、そんな方はまず読むべし。初心者でも十分活用できます。

一流の記憶法:六波羅穣

記憶術の取得は、ビジネスからプライベートまでありとあらゆる能力を引き上げる能力を手に入れたと言っても過言ではない。

本書は、記憶力世界選手権に参加するプロ選手も使使っている確かな記憶術の指南書。記憶のメカニズムから、記憶について必ず押さえておくべき9原則と12の記憶術を紹介。中級者向き。

「哲学・思想・倫理」が学べる本

武器になる哲学:山口周

役に立たない学問とみなされがちな「哲学」。しかし、著者の山口周さんは、ビジネスパーソンに「いま、目の前で何が起きているのか」を深く洞察するためのヒントを数多く手に入れられる哲学を学ぶべきと提言します。

哲学の歴史は、それまでに世の中で言われてきたことに対する批判的考察の歴史です。それぞれの時代の哲学者は、①「世界はどのように成り立っているのか」という「Whatの問い」と、②「その中で私たちはどのように生きるべきなのか」という「Howの問い」に向き合い、その答えを出してきました。社会の変化に伴い、その答えは古くなり批判されたりもしますが、哲学の歴史はそのような「提案→批判→再提案」という流れの連続で出来上がっています。大事なのは、時代と共に陳腐化してしまった思想を学ぶのではなく、その思考のプロセスを学ぶこと。そこに、現代の問題を紐解くヒントがあります。

その悩み、哲学者がすでに答えを出しています:小林昌平

「将来が不安」「お金がほしい」「死ぬのが怖い」「人前で緊張する」等、人の悩みは時代を超えて変わりません。

本書は、古代ギリシャのソクラテスをはじめ、哲学者が出した答えを平素な言葉で数ページで教えてくれる良書。その答えをより深く知りたい方のための本についても議題ごとに紹介されています。本書を読めば、紀元前から人類を悩ませて来た問題に哲学者がいかに望んできたかを知ると同時に、あなたの心も軽くなるはずです。

自分の頭で考えたい人のための15分間哲学教室:アン・ルーニー

哲学というと難しくて役に立たない学問というイメージがないでしょうか?

しかし哲学には生きるヒントがあります。そは、時代を超えてた人の悩み、手に入れたい幸せなどを真摯に追求した軌跡だからです。哲学は、人あるいは自分にとって何が大切かを見極め、自分なりの基準と優先順位に沿って人生を送るための指針。自分なりの価値観であり、人として善く生きるための道徳です。本書では、アリストテレス、デカルトをはじめとする哲学を1項目15分で理解できるよう、構成されています。

自助論:S スマイルズ

1858年にイギリスで上梓され、日本では福澤諭吉の『学問のすすめ』と並んで読まれたという明治の世界的大ベストセラー「自助論」。

誰かが助けてくれるのではなく、自らが立ち、歩く。そのために必要な心構えやあり方の教えは人の心をも打つ。時代を超え、恒久普遍の真理を説いた名著。人生に迷った時、判断に迷いが生じた時に繙くと、必要な言葉がつづられた、人生で時々読み返したくなる良書。
より売れている「自助論 (知的生きかた文庫)」より原書に忠実で読み応えあり!

マンガ関連書もあり:まんがで人生が変わる! 自助論―――才能を花開かせるための秘訣 「小さなチャンス」を見逃すな!!

池上彰と考える、仏教って何ですか?

グローバル社会を理解するには「宗教」の理解が欠かせません。一方、現代日本人は、自分の宗教について知らず、少しでも仏教に関心を持とうものなら、宗教にハマったと悪く言われる傾向があります。

しかし、それでは今後の世界の動きも読めなければ、自分のルーツ、日本人の根幹をなす思想や価値観も理解できない。キリスト教やイスラム教などの一神教と多神教で全く異なる価値観の理解をすることが大事と説きます。

本書は仏教の基本、仏教のもつ懐の深さ、そして、日本で独自に発展した仏教(江戸時代以降の葬式仏教)などを非常にわかりやすく教えてくれます。もっと日本のことを知るためにも読むべき一冊です。

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考:枡野俊明 ※2020年4月より対象外

ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100人」に選出された禅僧、枡野俊明。

彼が繊細で傷つきやすい人が「わがまま」に生きる方法を伝授。
仕事・人間観家に折れない、めげない、気にしない自分を作るためのアドバイス書

「日本の古典名著」日本人として絶対読んでおきたい本

学問のすすめ:福沢諭吉

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」の通り、理想的には「平等」であるべき社会も、実際には、賢き人、愚かな人、富める人、貧しき人がおり、そこには雲泥の差がある。これらの理由は何なのか。そして、何をしなければならないのか?

「学問のすすめ」が書かれた明治時代は、江戸時代が終焉し封建制度が崩れたことにより、武士階級というミドルクラス(中流階級の知的層)が大量失業を迎えた時代。一方、現代も、グローバル化、制度、価値観が早いスピードで大転換し、更なる貧富の二極化が進む時代であり、今の令和の時代と重なる部分が非常に多い。

最初の5ページを読むだけで「学問を学ばねば」と開眼・魅了されてしまう明治のベストセラー。令和の今の時代に読んでも全く古くない、むしろ心鼓舞されるまさに名著です。

マンガ関連書もあり:まんがでわかる 福沢諭吉『学問のすすめ』:齋藤孝

武士道:新渡戸稲造

武士道を通じて、日本とはいかなる国なのかが非常に明快で、令和の時代の我々が読んでも日本人に受け脈々と受け継がれる「血」「道徳心」を感じさせる名著。

・日本人の強靭な精神を生んだ武士道の本質
・武士は何を学びどう己を磨いてきたのか
・時代に左右されない根本的な日本の道徳がいかに受け継がれてきたか 等

当時の米国大統領セオドア・ルーズベルトが手に入れるや否や徹夜で読破した理由が本書を読めばわかります。

方丈記:鴨長明

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず」で始まる鴨長明の「方丈記」。

人も住処も川の流れと同じくもろくはかないことを詠った銘文です。この文を噛みしめながら本書を読み進めると、当時の世の中の動乱・衰退、権力者や天変地異に翻弄される庶民の暮らしぶりを知ると、ホロリと涙が流れます。改めて、古典のすばらしさを感じる作品であり、特に東日本大震災以降、多くの人に読まれた理由が分かります。

また、長明自身が「勝ち組からの転落負け組人生」に至った経緯、至った境地にも、現代人の我々が教えられることが詰まっています。

風姿花伝:世阿弥

世阿弥の残した、能と向き合う姿勢をまとめた書「風姿花伝」。その姿勢や物事を見る目が現代人にも通ずる普遍性を持つことから、現代人でも愛読者が止まない名著です。

本書が特に素晴らしいのは、世阿弥の教育者、親としての教育論・人生論。決して舞台・芸術など「芸」に通ずる人たちだけが対象ではありません。人生に対する深い洞察をもとに書かれた本書は、現代を生きる私たちにも、「いかに生きるか」「いかに年老いるか」を教えてくれます。

「広いリベラルアーツ=教養」が学べる本

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365:デイヴィッド・S・キダー

アメリカで470,000部刊行の大人気な定番本が、ついに邦訳本。
1日1ページ×365日。毎日、頭脳を刺激する知識が学べる。興味のあることを見つけたら、それを深堀して調べてみるといい。少しずつあなたの知識も広がっていく。

怖い絵:中野京子

残酷、非情な無残な絵に怖さがあるのはわかる。しかし、一見、平凡、楽しそうな絵画にも、思いもよらない寒気がするような怖さがある!

絵の背景にある歴史、画家の人生を通じて見えてくる絵に隠された暗部があなたの知的興奮を揺さぶること間違いなし。なんとも恐ろしい、人間の心の闇が浮き彫りになるごとに、絵画鑑賞が楽しくなります。

本シリーズが大ヒットした理由にも大納得。あまりの面白さに一気読み。そして、絵画鑑賞に出かけたくなりました。

※あまりに面白く、以下の記事にも私の知的興奮の様を書き記しました。
 旅の記録
【スペイン女子一人旅2日目】
プラド美術館(事前予約と絶対見るべき作品・見どころ)

図解 歴史がおもしろいシリーズ

⇧各本の画像をクリックでAmazonページに移動

西東社の「図解!歴史がおもしろいシリーズ!」
歴史と宗教を対象としたシリーズ全12冊の内、8冊がkindleUnlimitedの対象となっています。
社会の教科書と資料集の中間のような書籍で、内容は非常にわかりやすい。このシリーズ丸ごと読破し、時代・地理を超えて頭の中の歴史年表にプロっと出来たら、相当にリベラルアーツが上がると思います。ただ、受験勉強で歴史を丸暗記するのではないですから、興味のある所からページを開いて読み、徐々に興味の持てる範囲を広げられていけば、おのずと教養がUPすると思います。

歴史や宗教は「人間」という生き物の根源がわかる最高の情報源。また、「人の欲深さ」と、その欲深さの結果行きついた「失敗」を学ぶための最高のツール。すぐにビジネスに役立つ知識ではありませんが、そこから得た抽象化された本質的な概念は、ビジネスや生活の様々なシーンで役立ちます。

※シリーズ内、kindleUnlimited対象外本:
戦国史」、「日本史」、「日本の城」、「古事記・日本書紀」

「日本文学」を楽しむ本

「まんがで読破」シリーズの日本文学

日本文学を読んでみたいけど、どうしても活字が読めない…という人でも大丈夫な「まんがで読破」シリーズ。広い年代の日本の文学が、面白く、しかし、原作のもつポイントを押さえながらマンガにまとめられています。

夏目漱石の「こころ」、太宰治の「人間失格」といった日本1位、2位を争う人気の長編文学もマンガなら簡単に読破可能。また、古事記は、日本という国・天皇の誕生を描いた物語ですが、なかなかのトンデモ本ぶりがおもしろくまとまっていておススメです。

「海外文学」を楽しむ本

ハリー・ポッター:J.K.ローリング

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの物語。皆が知る大人気小説です。
ハリーポッターシリーズは第1巻が1999年に発刊。7+1巻ありますが、全作がKindle Unlimited対象本となっています。この小説が読みたくて、Kindle Unlimitedの利用を開始する人もいるぐらい人気の作品です。

シリーズ本編小説
第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石
第2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋
第3巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
第4巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット
第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
第6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス
第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝

シリーズ本編・脚本
第8巻(最終巻)『ハリー・ポッターと呪いの子

以下もKindleUnlimited対象作品です。
映画オリジナル脚本版『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

カラマーゾフの兄弟1:ドストエフスキー

世界文学史上の最高傑作のひとつとの呼び声も高い古典文学「カラマーゾフの兄弟」。ロシアの文豪・フョードル・ドストエフスキー(1821- 1881)の代表作。

父と激情的で熱血漢の長男ドミートリーの間に起こった財産相続問題を話し合うために3兄弟が集結するが、ゾシマ長老の仲裁にもかかわらず決裂。その他さまざまな問題が重なり、問題はややこしくなっていく..果てには父が自宅で殺害。

「お金」と「欲望」に翻弄される人間模様は現代人を映し出す鏡。「自由とは?」「魂の救いとは?」「真の幸福とは?」といった問を私たちに突きつける

「お金」に関する本

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!:山崎元

難しいことはわからないし、投資をするのってなんだか怖い!

「お金のド素人」に「お金のプロ」山崎元氏が、なるべく安全なお金の増やし方を指南。お金の素人にもわかりやすく知っておくべきお金のことを教えてくれる、本の体裁はポップだけど筋が通った良書です。

私の財産告白:本多 静六

「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して巨万の富を築いた男、本多静六。
本書では、至極まっとうな資産を築く王道方法、蓄財の心構えなどが紹介されていますが、単にそれだけの本ではありません。処世訓であり、人生哲学です。読めば、50年以上読み継がれてきた不屈の名著と言われる理由がわかります。

バビロンの大富豪:ジョージ・S・クレイソン

1920年代に書かれた世界的名著「バビロンの大富豪」(ジョージ・S・クレイソン著)。マンガ版が発売されるなど、社会背景、経済情勢等々大きく変化した100年後の現代でも通用する不変の法則が書かれた名著です。

その「大富豪が教える成功法則=古代都市バビロンの知恵」は極めてまともな蓄財の心構え。「古代都市バビロン」は紀元前18~6世紀の古代メソポタミア地域の都市ですが、その時代から「富の基本法則」は不変であることがよくわかります。

貯蓄ができないお金にルーズな人こそ読むべき本ですが、お金に真面目な人も、蓄財のルールを再認識するのによい本です。

年収200万円からの貯金生活宣言:横山光昭 ※2020年3月対象外

老後は年金もらえるのか?病気になったらどうする?リストラされたらどうしよう……。生きていくうえでお金の悩みが尽きることはありません。

でも、どんな不況も不安も、すべて解消してくれるのが「貯金」。どんなに収入が少ない時でも貯金をする技術=貯金力をマスターするヒントがもらえる指南書です。

「投資手法」が学べる投資本

パンローリング社の投資本

⇧各本の画像をクリックでAmazonページに移動

パンローリング社の投資本といえば、本屋さんで投資コーナーにずらっと並ぶ分厚い本で知られていますが、高価、厚みがあって読めるか心配との考えから多く手が出しづらいとお思いの方が多いと思います。

kindle Unlimitedなら読みたい放題なので、自分にあった本か確認氏ながら読んだり、1冊フルに読まずとも、自分が知りたい部分のみ読む ”贅沢” な要点読みができます。お金も時間もかけない非常に効率的な読み方が実現します。

「心理学」が学べる本

面白いほどよくわかる心理学シリーズ

気持ち・性格・考え方・記憶力・心の病…人それぞれに違う心とは、いったい何なのか?その不思議を、テーマごとにわかりやすいイラストや図表付きで解説したシリーズ。

他人とのコミュニケーションを円滑にするだけでなく、自分の心を理解し、ストレスを軽減したり、幸せに生きるための知識としても大いに役立ちます。

「運動・健康・ダイエット」について学べる本

効く筋トレ・効かない筋トレ:荒川裕志、石井直方

初級者から上級者までの情報をカバー。「自宅トレ派」から「ジムマシン筋トレ派」、さらに上級向けの「ジムフリーウエイト筋トレ派」まで、写真をふんだんに使って説明。それぞれの筋トレの基本から、「追い込みテクニック」「1週間の筋トレプログラムの建て方」まで紹介されています。筋トレだけでなく食事法についても解説されています。

筋トレのバイブル的良書。圧倒的な情報量が凄いです。

すごいストレッチ:崎田ミナ

肩コリ、眼精疲労、腰痛、背中痛、足の痛みといったカラダの不調を簡単にとってくれるストレッチをイラストエッセイで面白く紹介。紹介されているストレッチは、職場でデスクワーク中に椅子に座りながらできるものも多数。とても手軽にできるのに、マジで肩が軽くなったり、目や頭のだるさが取れます。

ほぐしたい部分を直撃するストレッチで、仕事の効率は絶対に上がる!痛みの原因や解消方法の原理も分かりやすく解説しているから、納得してストレッチに集中できます。

超筋トレが最強のソリューションである:Testosterone ※2020年4月より対象外

昨今流行の筋トレ。しかし、運動嫌いの人にとっては、苦痛そのもの。続けるモチベーション維持するのは大変困難です。そんな、筋トレネガティブ思考の人でも、筋トレが楽しくなってしまうような筋トレ啓発書。

科学的な要素を含みながらも、とにかく面白い。「筋トレ、私もやってみようかな」という気持ちになれる凄い本。私はこれで、量こそ多くありませんが、筋トレ習慣がつきました!

美しい人は正しい食べ方を知っている:小倉朋子 ※2020年3月より対象外

「食」によって、「人」は形作られる。だから、「人を良くする」と書いて「食」。
だからこそ「正しい食べ方」が大事ですが、本書が求める「正しい食べ方」とは、「食事マナー」の事だけではありません。

目指すのは、内面から美しい人になるための「食べ方のリズム」を正すこと。食事マナーも含まれますが、「1日3回の食事の時間を、感謝・愛情・発見・感動で笑顔になる習慣にする」ことを大事としており、その所作が習慣化すれば、大きく食習慣も見直せます。ダイエットにも大いに役立ちます。

健康の結論:堀江貴文 ※2020年3月対象外

「生き続けるために、最も重要で確実な「結論」はたった一つ。  それは、「防げる死を防ぐ」こと

3人に1人はがんで死に、さらに3人に1人は心臓病か脳卒中で亡くなり、残りの人もほとんどが肺や腎臓などの病気で命を落とす日本。しかし、医師たちに徹底取材した結果、「検査を受けて、予防する」、たったこれだけのことで治療が難しい病にかかる可能性がかなり減らせるという結論に至ったという。本書では以下の病の現状と予防について深い見識を与えてくれます。

・メンタル(自殺)予防
・心臓突然死予防
・がん予防
・脳血管疾患予防
・HPV(ヒトパピローマウイルス)予防予防(子宮頸がん)
・歯周病予防

最後に

今回は多読ChamiがおすすめするKindle Unlimitedお薦め良書を紹介しました。
まだまだ良書はたくさんあるので、本記事は適宜バージョンアップしていきます。

時々ご来訪頂けるとありがたいです。

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナ
ライフ:気軽なバツイチ、おひとりさま女

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼

コメントを残す