Kindle Unlimited 必読のおすすめ本/良書・名著100冊(ビジネス書、小説、古典、文学、投資 他 ラインナップ)【2021年3月更新】
▼シェア&フォローする▼

Amazonのkindle本が読み放題になるサービス『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)
多読家のChami(@poststand)にとっては、定額料金で対象本が月額定額料金で読める本サービスは、神サービス。

kindle Unlimitedは、最初の30日間は体験サービスで無料、その後は月額980円ですので、漫画や雑誌なら2~3冊、文庫本なら2冊、ハードカバーなら1冊読めば十分元が取れます。

過去にKindle Unlimitedには読みたい本がない、素人本ばかりでつまらないと言われたことがありますが、現在は全くそんなことはありません。多読の私でも、気になる本が全く読み切れないほど対象本は豊富です。。

今回は毎日読書をしているChamiが読んだ本の中から、ジャンル別に読むべき「良書ラインナップ」を紹介します。

indle Unlimitedのジャンルなどは以下の記事でまとめ

Kindle Unlimited本は毎月入れ替わります。
読める本が変わるので、新規でおすすめできる本を見つけた際など、月に3回以上更新しています。
直近の変更点 最新更新日:2021/10/1
chami
chami
【10/18まで】Amazonタイムセール エントリーでポイントUP🥳

Kindle Unlimited:必読の良書の選書法について

今回は、Kindle Unlimited対象本の中からジャンル別に必読の良書をラインナップし紹介。
※Amazonの本の選別ラインナップと本ページのラインナップは分け方が異なります。

良書・名著の選出は、①只今人気上位のKindle本②時代を超えて長く読み継がれている名著 を中心にピックアップしています。
正直、まだまだ紹介したいおすすめ名著がたくさんありますので、適宜、本ページの選書を更新していく予定です。

現在開催のKindle Unlimitedキャンペーン

上述の通り、以下で紹介する本はすべてkindle Unlimitedの対象本です。つまり、すべて読んでも通常月額980円以上かかりません。

初回利用なら、いつでも30日間は体験無料も申込可能。
さらに、その他、最新キャンペーンはこちらから確認可能。キャンペーン価格申込ボタンが表示されれば、最安価格でKindleUnlimited対象本が読ます。

以下の記事では、最新のキャンペーンをはじめkindle unlimitedのお試し方法、解約方法、メリット・デメリット、Kindle Unlimitedのジャンルなどは以下の記事でまとめているので是非ご確認ください。

読書のお供の音楽♫を、500㌽もらってGetしよう!

申込前に解約方法を確認

Kindle Unlimitedおすすめ良書 セレクション

それでは、本題。
ジャンル別にkindle Unlimited 対象のおすすめ本を紹介します。

1日1000円の本を読めば3万円の価値。しかし、読書の価値はそれにとどまりません。ビジネス・マネー・勉強法・リベラルアーツなど様々な本を読むことで、仕事や投資から数百万円、数千万円のリターンを得ることも難しいことではありません。

是非、あなたのスキルを高め、ストレス少なく幸せな人生をおくる最強ツールとしてKindleUnlimitedをお役立てください!

2021年9月に読んだKindleUnlimited対象本:ベスト3

私が今月読んだ本のうち、読んで学びが多かった、深く考えさせられたなど、良かった本ベスト3は以下の本。
内容については、後述の各ジャンルのコーナーで解説しています。選書選びの参考になれば幸いです。

(10/1以降対象外)

読解力がないと、
人生、物凄く苦労する


賢い人が群衆を誘導する手口
群集心理に乗せられるな!


最終章が哲学的
人間について考えさせられる

「ビジネス全般」に役立つ本

AI vs. 教科書が読めない子どもたち:新井紀子

子供の読解力は弱くなっている。読解力がない人間はAIに仕事を奪われる。

今現在の子供の学習方法は、「AIに代替できる人間を養成している」だけ。

例えば、ドリル勉強や受験勉強。ドリルに代表されるように「フレーム(型)に落とし込むタイプの学習は、まさに、最もコンピューター・AIが得意とするところであり、これが仕事なら、AIに代替されてしまうだけだ。
ビジネス大賞2019「大賞受賞」の話題作。

Audible 対象

なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか:渡瀬裕哉

NHKで放送されたル大きな嘘の木の下で・ボン「群集心理」を現代社会で起こることを題材にまとめた一冊。

トランプ大統領の登場、および、小泉政権が誕生した一つの大きな理由は、群衆をわかりやすい言葉で巧みに誘導したこと。未熟な我々群衆は、難しいことが嫌いで、わかりやすさ表現に魅了され、熱狂してしまう。

群衆が歴史を動かす時代となった「民主主義」下において、メディアや賢威の手口にまんまと載せられ、社会が分断する様を、現代社会に起こる現象を例にわかりやすく解説。

Audible 対象

2025年、人は「買い物」をしなくなる:望月智之

買い物は「面倒くさい」。人々は間違いなく「買い物はしなくなる」。

もちろん、お金を支払って何かを買うことがなくなるわけではありません。なくなるのは、これまでの買い物におけるさまざまな「プロセス」

待っているのは、買い物に出かけることも、商品探しでググることもなくなる近未来。

新しい時代が到来したときに、その先で何が起こるのかを知り、備えておけば、それを知らないよりも生活を便利に、充実させることができるし、モノの販売が必要な企業も販売スタイルを変えていくことができる!
近未来を知る、必読の良書!

Audible 対象

後悔しない超選択術:メンタリストDaiGo

集中力は持って生まれた才能ではない。集中力はトレーニングによって強化することができ!

集中力はビジネスでも、勉強・仕事・趣味、何をするにしても基礎となる非常に大事な能力。
では、集中力が高い人と低い人の差はどこから生じるのか?それは、日々の生活の中で、集中力を高めるウィルパワーを「増やす」「節約」する方法を実践してるか否かです。

集中力は有限。どんな、集中力が高い人でも無限にある訳ではありません。本書では、集中力を「増加」「節約」「コントロール」する具体的な方法が学べます。絶対読むべき良書です。

Audible 対象

人を操る禁断の文章術:メンタリストDaiGo

文章のたった1つの目的、それは「今すぐ人を行動させる」ことです。

読んだ時、心を動かされたり、人を動かす(行動させる)力をもつ文章とはどんな文章は、「読む→言葉に反応する→想像する→行動を起こす」力を持っています。

相手を思うままに行動させたい人に役立つ文章術のポイントが満載。メンタリズムの得意とする「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを文章に応用した、読み手の心を自在に操る「メンタリズム文章術」が学べます。

Audible 対象

思考停止という病:苫米地英人

自分の頭で考えない人は、何度も同じ間違いを繰り返し、成功から遠のく。

様々な不満があっても、「仕方がない」とあきらめる人生を送っている人はまさに思考停止の典型パターン。これはまさに「奴隷人生」であり、日本人は実にこのタイプ=サラリーマン思考の人が多い。

思考停止・奴隷人生を抜け出すにはどうしたらいいのか?

頭をガツンと殴れたような気付きのある、絶対読むべき1冊。

仮想空間シフト:尾原和啓、山口周

2020年、全世界を襲ったコロナウィルス。これを機にみなが気づいたこと。

「仮想空間(在宅やリモート)でも仕事できちゃうよね」

もし、仮想空間での仕事が不便なら、コロナ収束と共に元の生活環境に戻るはず。しかし、リモートワーク化はコロナで時計の針が10年分早く進んだだけで、今後は更に仮想空間シフトが進んでいくでしょう。2020年に起こった変化は始まりにすぎません。

本書は、尾原和啓、山口周、お二人の対談本ですが、今起こる変化を非常に明快にとらえた、非常に有益な本です。

仕事が変われば、暮しが変わり、社会が変わり、一人一人の人生設計が変わり、結果、国家とか行政といったものまで変わらざるを得ません。
今はまだ仕事の変化が顕在化したという段階。今後のより大きな変化に対して理解して準備している人とそうでない人では対応に大きな差が生まれます。

捨てる。手を抜く。考えない。:須田仁之

次々にやってくる溢れんばかりの無茶難題タスクをクリアしていくためには、「捨てる。手を抜く。考えない。」という、一見、ビジネスマンとしてはダメでしょ、と思われるような仕事のこなし方が圧倒的に役に立つ!

考えられないような激務の中で、とにかく次から次へと仕事を終わらせていくことを徹底的に追求した著者のノウハウが詰まった一冊です

未来に先回りする思考法:佐藤航陽

iPhoneやFacebookのここまでの普及を見通せた人はどれほどいたでしょうか?

多くの人は、将来を何度も見誤る。しかし、未来に先回りすることができるごくわずかな0.1%の人は、この時代の流れが速い現代でも、驚くほどの先見性を発揮して大きな成果を上げています。

0.1%の人と99.9%の人の違いは「思考法」。もはや今の時代では「未来は予測できる」という前提を捨てる全く違った思考と行動力が必要です。

ダーウィン的に言うなら、現代は「変化に『先回り』した者のみが生き残ることができる」一強の時代。そんな時代に必要な「どんな状況にあっても未来を見通せる汎用的な思考体系」を教えてもらえます。

佐藤さんの著作を読むたび、この方の頭の良さに感服させられます。

儲かるSDGs:三科公孝

国連が主導して進めているSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)
流行の言葉だけど、大企業の目標であり、儲かりそうな気がしない。基本的に「「ヒト・モノ・カネがない」が揃う中小企業には全く菅家のない話と思っていないでしょうか。

しかし、この考えは大きな間違い!中小企業こそ、儲けるために今すぐSDGsな取り組みを始めよ!と説くのが本書。

社会への貢献、その取り組み姿勢が人の共感を呼び、人が集まる。正しい手法で行えば、まさに先駆者メリットのあるマーケティング手法となり、売上につながるのです。なるほど納得の一冊。コロナ禍で収益源に苦しむ中小企業のみなさん、今すぐ読むべき!

諦める力:為末大

ものすごく後ろ向きなタイトルの推薦に違和感を感じた方も多いのではないでしょうか。
しかし、前向きに「諦める」ことから、自分らしい人生が開けてくると為末さんは説く。

短距離走ではチャンスはない。しかし、ハードルならメダルを取るチャンスがある。

こんな時、あえて花形で競合選手も多い短距離走を諦め、ハードルに転身するのは、とても賢い戦略の一つです。諦めることは、逃げることにあらず。与えられた現実を直視し、限られた人生を思い切り生きるために、よりよい選択を重ねていくことこそが「諦める」ことの本質です。

自分には向いていないことに時間をかけて悶々としてい方、今すぐ読もう。生き方が変わります。

Audible 対象

俺か、俺以外か。 ローランドという生き方:ローランド

正直、最初は、「ルックスがいい歌舞伎町のホストの一人」と思っていました。しかし、本を読んで、その考え、生き方、男らしさに彼の生き方哲学を見、180度見方が変わりました。

 俺にとって「言葉」とは、作品のようなもの。
言葉を文字にすると、句読点ひとつで相手の受け取り方や印象がまったく変わる。
比喩や言い回しの工夫で、 些細 な一言がとても味わい深いものになったり。 言葉ひとつで人生が変わったり、明るい気持ちにも嫌な気持ちにもなったりする。まさに、奥深き芸術の世界なのだ。 

夢を叶えるために考え抜かれた、言霊としての「言葉」の凄さに驚く。仕事、言葉にストイックに向かい続け、発した言葉をルールとして遵守し、自分を奮い立たせるだけではなく、時には周りの人が楽しく幸せになるような言葉を紡ぐとは!?

なめらかなお金がめぐる社会。:家入一真

行きすぎた資本主義はさまざまな歪みを生んだ。 その歪みから抜け出せず辛い思いをしている、多くの人がいて、「競争から共存」、「全体から個人へ」と、すでにその方向をシフトしはじめている。

グローバル経済や商業主義、会社、学校などの既存の大きな仕組みを「大きな経済圏」と呼ぶならば、個人レベルでつながりを持ち、支え合うコミュニティは「小さな経済圏」。この「小さな経済圏」では「富むこと」や「勝つこと」「権力を持つこと」などが人生のゴールではない。やりたいことをやって人とお金が回るそんなコミュニティだ。

現代社会の生きにくさと、今後、どんな社会が到来し、そこでどう生きるべきかのヒントをくれる良書。是非とも、読んできたい書です。

外資系コンサルの知的生産術:山口周

いかに同じ時間に生産性の高い成果・結果の出る仕事をするか。

具体的な部分から抽象的な部分まで、生産性に徹底的にこだわった知的なアウトプット方法の仕方が満載。全ビジネスマンに役立つ!あなたの非効率な仕事スタイルを変える一冊です。

・要求されているクオリティを押さえ、無駄な仕事をしない
・顧客の期待値をコントロールする
・権威に盲従せず、逆に従わせる
・「時間を防御」しコントロールする 等

どう働く:坂本光司、青木仁志

新型コロナウイルス、働き方が一気に変化した今、働くことに対していろんな悩みを持っている方が多いと思います。本書は、自分の今の仕事に疑問や不安を感じたり、価値を見いだせなくなったとき、是非、読んでみてほしい本です。

著者らが考える働く目的は、「人を幸せにする」こと。誰かに支えられ、誰かの役に立つ。その喜びがやりがいを生む。会社経営の目的も、利潤の追求ではなく、人を幸せにすることを大前提として話が展開しています。心に響く言葉が必ず見つかります。

どう生きる:坂本光司、青木仁志

コロナショックで世界中が多くの負担を強いられる中、人生とは何か、幸せとは何かについて考える機会が増えていると思います。本書は、著者2人が、幸せに、悔いなく、よりよく生きるにはどうするか語った本。

誰しも挫折して前向きになれない時期、自暴自棄になってしまう時があります。そんな時に指針となったり、目的・目標を立て直すための正しい方法、人との共存の大切さ、今日を精一杯生きることの大切さなど、前向きになれる言葉が並びます。

ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門:木村尚義

ずるい考え方」とは、「えーっ、そんな方法あったの!」と人が思う常識にとらわれない思考法。

●常識にとらわれず、自由な発想を可能にする考え方
●最短ルートで問題を解決する考え方
●お金や時間をかけずに目的を達成してしまう考え方

日常生活、ビジネスで非常に役立つ斬新で、画期的で、しかもいち早く問題を解決してしまう「ラテラルシンキング」が学べる良書。

運の正体:野村克也

負けに不思議の負けなし。勝ちに不思議の勝ちあり。

勝った理由は論理的に説明できずとも、負けの理由は論理的な説明ができることを指す言葉ですが、野球のような勝負の世界に限らず、ビジネスの世界でもよく語られる言葉です。野村さんはこの言葉にプラスするように、「不思議の勝ちにも根拠あり」と語る。

運は決してまぐれで巡ってくるものではない。理をもって運を引き寄せる、根拠のある運を呼び込むための最初で最後の「野村の運の書」。生涯を通じて大事な教えが学べる生き方の指南書です。

「決める」技術:柳生 雄寛

多くの人が「決める」と「思っている」を混同している!

決めたいと思っているだけで、実際には決めていないことが多いのが実態。本当の「決める」には、「行動」が伴います。「決める」と「行動」はセットなので、行動の伴わないものは決めたとは言いません。それは「ただ思っているだけ」です。本書は勘違いしているあなたに、「決める」スキルをUPするための、大きな気づきを与えてくれます。

自分を変える習慣力:三浦将

人間の日々の行動のほとんどは、潜在意識に支配されています。潜在意識に染み付いたプログラムが、あなたの人生を決めているといっても過言ではありません。

しかし、潜在意識の体質改善を図る「習慣化」はかなり曲者。多くの人は、英語の勉強、ダイエット、運動など続けたい気持ちはあっても、意識していない心の奥底の深いレベルで、潜在意識の強烈な抵抗を受けているため、習慣化が定着できません。「潜在意識を味方につけること」、これが習慣化のカギなのです!
Audible 対象

「ビジネス小説」でがっちりビジネス・現代社会が学べる本

破天荒フェニックス

成長マインドセット:吉田行宏

『成長』の本質や原理原則を理解することで人生が劇的に変わる!

わかりやすいストーリー仕立てで、成長とは何か、成長を阻害するもの・加速するものは何かをの本質を演習を交えながら学習でき、劇的自己成長の手に入れ方が学べる一冊。私も本書を読んで、なかなか目標やスキルがなかなか思うように達成できないなと思っていたモヤモヤ感が「なるほど、そういうことだったのか!」とスッキリしました。

さらっと1度読んでおしまい型の本ではなく、人生、何度となく見返し、自分の振り返りに活かす本となること間違いなしです。

夢をかなえるゾウ:水野敬也

お前なぁ、このままやと2000%成功でけへんで。

ダメダメな僕のもとに突然現れた関西弁を話すゾウの神様“ガネーシャ”
累計400万部突破のビジネス自己啓発小説。歴史上の偉人の教えを元に、なるほど納得できる「夢をかなえる方法」を楽しく教えてくれるエンターテイメント自己啓発書。

Audible 対象

混沌を泳ぐ -PROGRESS STORY-(1):中田敦彦

Youtube大学で大成功を果たした、オリラジのあっちゃんこと、オリエンタルラジオの中田敦彦さん。

しかし、数年前までは、光と喝采を浴びては沈むという浮き沈み人生に、「仕事がなくなる」という、強い「不安」「焦燥感」「危機感」に苛まれてきたといいます。

仕事は自分で作らなければならない。

そこで立ち上げた、オンラインサロンが5,000人を超えるまでに育つ過程は、まさに「混沌を泳ぐ」。嵐の中をお呼び出した小舟サロン運営で、中田さんが苦悩した、トライアンドエラーをまとめた自伝的小説。

「日本・世界の古典ビジネス名著」日本人として絶対読んでおきたい本

武士道:新渡戸稲造

武士道を通じて、日本とはいかなる国なのかが非常に明快で、令和の時代の我々が読んでも日本人に受け脈々と受け継がれる「血」「道徳心」を感じさせる名著。

・日本人の強靭な精神を生んだ武士道の本質
・武士は何を学びどう己を磨いてきたのか
・時代に左右されない根本的な日本の道徳がいかに受け継がれてきたか 等

当時の米国大統領セオドア・ルーズベルトが手に入れるや否や徹夜で読破した理由が本書を読めばわかります。

茶の本/武士道/代表的日本人:岡倉天心/新渡戸稲造/代表的日本人

国境を越え1世紀を経ても色焦ることのない、日本発、世界各国ロングセラー3冊。幕末後の明治に書かれた作品ですが、3作品とも共通して、日本の文化・思想・道徳・伝統に残る「日本の心=精神」を描いていますが、現代人が読んでも「日本人としての誇り」が湧き上がってくる感覚に胸が熱くなります。

特に読んでほしいのは『武士道』と『代表的日本人』。現代人も武士道精神は忘れてはならないこと、そして、日本をよくするために尽力した代表的日本人5人に心打たれること間違いありません。

逆境を越えてゆく者へ:新渡戸稲造

新渡戸稲造の人生哲学の神髄ともいえる一冊。新渡戸稲造の歴史的名著『修養』『自警』の中から、「苦難の時をいかに生きるか」をテーマとして、現代人にも読みやすく再編集した一冊。

新渡戸稲造が生きた時代は明治・大正ですが、現代人が読んでも全く色あせることのない、教えが詰まっていて、先生の教えに感動を覚えます。人生の逆境をどのように乗り越えるのか、深い示唆を与えてくれる1冊です。

方丈記:鴨長明

「行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず」で始まる鴨長明の「方丈記」。

人も住処も川の流れと同じくもろくはかないことを詠った銘文です。この文を噛みしめながら本書を読み進めると、当時の世の中の動乱・衰退、権力者や天変地異に翻弄される庶民の暮らしぶりを知ると、ホロリと涙が流れます。改めて、古典のすばらしさを感じる作品であり、特に東日本大震災以降、多くの人に読まれた理由が分かります。

また、長明自身が「勝ち組からの転落負け組人生」に至った経緯、至った境地にも、現代人の我々が教えられることが詰まっています。

風姿花伝:世阿弥

世阿弥の残した、能と向き合う姿勢をまとめた書「風姿花伝」。その姿勢や物事を見る目が現代人にも通ずる普遍性を持つことから、現代人でも愛読者が止まない名著です。

本書が特に素晴らしいのは、世阿弥の教育者、親としての教育論・人生論。決して舞台・芸術など「芸」に通ずる人たちだけが対象ではありません。人生に対する深い洞察をもとに書かれた本書は、現代を生きる私たちにも、「いかに生きるか」「いかに年老いるか」を教えてくれます。

菜根譚:守屋 洋

「菜根譚(さいこんたん)」は400年ほど前、中国・明代の学者、洪自誠によって書かれた処世訓。

人生にとって重要な中国の処世訓、思想・道徳といえば、孔子を開祖とする「儒教」、老子を開祖とする「道教」がありますが、この2つの教えに「仏教」を融合し、そのうえで処世の道を語っているのが特徴。「かみしめて味わうべき人生訓の書」で、中国以上に日本で愛され、田中角栄はじめ多くの方が愛読しています。

こうすれば必ず人は動く:デール・カーネギー

全世界で1500万部超のビジネス書のベストセラー「人を動かす」の著者のデール・カーネギーが企画・出演した伝説のラジオ講座の書籍版。

人の心を開かせて成功する真の説得力。その力を手に入れるためのテクニックを、一般人からの相談に答える形でカーネギーが紹介。原著で特に言いたかったことのすべてを集約。さらに、原著で簡単に触れた箇所で重要なところは、より深く、しかもより具体的に突っ込んで解明解説。
Audible 対象

世界の珠玉の名著で背中を押してもらえる本


超訳 カーネギー 道は開ける

超訳 自省録 よりよく生きる

超訳 論語

老子の教え

アランの幸福論

アインシュタインの言葉

超訳 ブッダの言葉

中国古典の知恵に学ぶ 菜根譚

超訳 聖書 生きる知恵

超訳 論語 革命の言葉

ガンディー 強く生きる言葉

誰もが知る著名人の言葉が詰まったディスカバークラッシック文庫シリーズ。
賢人たちの言葉や、名著のエッセンスを読みやすく紹介してくれます。読めば、賢人の言葉があなたの背中を押してくれるはずです。

「モチベーション」「目標達成」に役立つ本

モチベーション革命:尾原和啓

多くの人が、モチベーションを維持できずに苦悩する時代。

モチベーションの源泉は「達成・快楽・意味合い・良好な人間関係・没頭」といった欲望。ビジネスでの人間関係も変化する現代社会の中で、如何に自分が頑張る意味を見出し、ハマり、楽しく仕事するのか?そんなヒントを本書は与えてくれます。
Audible 対象

7つの習慣 デイリー・リフレクションズ:スティーブン・R・コヴィー

人生を確実に変える大ベストセラー「7つの習慣」。やれば確実に自分の人生が変わると理解できるものの、なかなか実現が難しい人生の指南書です。

なかなか難しい指南書だからこそ、コービー先生の言葉を、手軽にいつでも身近に感じたり、振り返ったり意識できるようにしたいとお思いの方も多いはず。そんな方のために「7つの習慣」に掲載された文章を抜粋し、一日単位にまとめた365の一日一言書です。成功に近づくあなたのバイブルにどうぞ。

7つの習慣に学ぶ手帳術:フランクリン・コヴィー・ジャパン

読み続けられるビジネス書のベストセラー スティーブン・R・コヴィーの「完訳 7つの習慣」。幸せで意味ある人生を送るための最高峰の指南書ですが、それを実践するには相当な努力と思考の繰り返しが必要です。

本書は、「7つの習慣」のポイントをわかりやす、簡潔にまとめつつ、特に、「第3の習慣:最優先事項を優先する」にフォーカスし、「自分にとって一番大切なことは何なのか(重要だが緊急でないためにいつも後回しになっていること)」 を「知り」、それを「実行」し、最後には「習慣」にするための具体的な方法をまとめています。手帳を時間管理のツールだと考えている限り、残念ながら、絶対に人生は変わりません!本書を読めば、生きるコンパスとしての手帳の使い方がわかります。

あなたを変える52の心理ルール:メンタリストDaiGo

自分を変えたい… と悩んでいる人に、効果的、かつ、実践的な方法を教えてくれる本。

さすがメンタリスト!と思わせる、心理ルールや脳・体のメカニズムを利用した自分を変えるテクニックが満載。以下の4つをテーマに自分を変えるヒントが分かりやすくまとめられています。

素晴らしい本を読んでも「成功する人」と「しない人」がいる理由を知れば、自分を変えられます!

「哲学・思想・倫理」が学べる本

人間の大地:サン・テグジュペリ

「星の王子様」の著者サン・テグジュペリが、自分のパイロット体験を土台に書き綴ったエッセイ。

飛行機に乗りながら見る大地は彼にとってどう見えたか。そして、そこに生きる人間とはどんな存在なのか?

人間の存在と、世代を超えて紡がれる生きる使命について、深く考えさせられる一冊。

※哲学書ではありませんが、非常に哲学的な一冊なので、哲学ジャンルに掲載

武器になる哲学:山口周

役に立たない学問とみなされがちな「哲学」。しかし、著者の山口周さんは、ビジネスパーソンに「いま、目の前で何が起きているのか」を深く洞察するためのヒントを数多く手に入れられる哲学を学ぶべきと提言します。

哲学の歴史は、それまでに世の中で言われてきたことに対する批判的考察の歴史です。それぞれの時代の哲学者は、①「世界はどのように成り立っているのか」という「Whatの問い」と、②「その中で私たちはどのように生きるべきなのか」という「Howの問い」に向き合い、その答えを出してきました。社会の変化に伴い、その答えは古くなり批判されたりもしますが、哲学の歴史はそのような「提案→批判→再提案」という流れの連続で出来上がっています。大事なのは、時代と共に陳腐化してしまった思想を学ぶのではなく、その思考のプロセスを学ぶこと。そこに、現代の問題を紐解くヒントがあります。
Audible 対象

人生の短さについて:セネカ

多忙は人間から有意味な時間を奪い、人生を浪費させて、短くしてしまう。多忙な生活から離れ、時間を有効に活用するすべを知るべし。と説いた、セネカ。

多忙が人生を奪う状況は、セネカが生きた二千年前古代ローマ時代と変わらない。「時間」という存在のとらえ方、自分の人生を生きる生き方を教えてくれる、超良書。分量も多くないのでさらりと読めます。

自助論:S スマイルズ

1858年にイギリスで上梓され、日本では福澤諭吉の『学問のすすめ』と並んで読まれたという明治の世界的大ベストセラー「自助論」。

誰かが助けてくれるのではなく、自らが立ち、歩く。そのために必要な心構えやあり方の教えは人の心をも打つ。時代を超え、恒久普遍の真理を説いた名著。人生に迷った時、判断に迷いが生じた時に繙くと、必要な言葉がつづられた、人生で時々読み返したくなる良書。
より売れている「自助論 (知的生きかた文庫)」より原書に忠実で読み応えあり!

マンガ関連書もあり:まんがで人生が変わる! 自助論―――才能を花開かせるための秘訣 「小さなチャンス」を見逃すな!!

自分の頭で考えたい人のための15分間哲学教室:アン・ルーニー

哲学というと難しくて役に立たない学問というイメージがないでしょうか?

しかし哲学には生きるヒントがあります。そは、時代を超えてた人の悩み、手に入れたい幸せなどを真摯に追求した軌跡だからです。哲学は、人あるいは自分にとって何が大切かを見極め、自分なりの基準と優先順位に沿って人生を送るための指針。自分なりの価値観であり、人として善く生きるための道徳です。本書では、アリストテレス、デカルトをはじめとする哲学を1項目15分で理解できるよう、構成されています。

「お金(蓄財・マネーリテラシー)」について学べる本

バビロンの大富豪:ジョージ・S・クレイソン

1920年代に書かれた世界的名著「バビロンの大富豪」(ジョージ・S・クレイソン著)。マンガ版が発売されるなど、社会背景、経済情勢等々大きく変化した100年後の現代でも通用する不変の法則が書かれた名著です。

その「大富豪が教える成功法則=古代都市バビロンの知恵」は極めてまともな蓄財の心構え。「古代都市バビロン」は紀元前18~6世紀の古代メソポタミア地域の都市ですが、その時代から「富の基本法則」は不変であることがよくわかります。

貯蓄ができないお金にルーズな人こそ読むべき本ですが、お金に真面目な人も、蓄財のルールを再認識するのによい本です。
Audible 対象

マネーという名の犬:ボード・シェーファー

子供向けに書かれたお金の本。でも、むしろ、お金は卑しいもの・汚いものと思っている大人が読むべき本!

お金とは、誰かの問題を真剣に解決しようとすればお金を稼ぐことができるものであり、仲良くして、お金も煮になれば、他の人をも助けることができる素晴らしいものです。ただし、お金によってつかみ取ることができる幸せな人生・幸運は、準備と努力の結果である故、間違った認識を捨てて正しく努力してないと手に入れることはできません。
心を動かされる優しい言葉は、絶対にあなたの心を揺さぶるはず。そして、お金について正しく学び、私も幸せになりたい!と思うはずです。それは、あなたの人生を変えるきっかけとなるはずです。

私の財産告白:本多 静六

「月給4分の1天引き貯金」を元手に投資して巨万の富を築いた男、本多静六。
本書では、至極まっとうな資産を築く王道方法、蓄財の心構えなどが紹介されていますが、単にそれだけの本ではありません。処世訓であり、人生哲学です。読めば、50年以上読み継がれてきた不屈の名著と言われる理由がわかります。
Audible 対象

年収200万円からの貯金生活宣言:横山光昭

老後は年金もらえるのか?病気になったらどうする?リストラされたらどうしよう……。生きていくうえでお金の悩みが尽きることはありません。

でも、どんな不況も不安も、すべて解消してくれるのが「貯金」。どんなに収入が少ない時でも貯金をする技術=貯金力をマスターするヒントがもらえる指南書です。

お金持ち脳:苫米地英人

お金について話をすると、卑しいと思われがちな日本の社会。投資をしている人の中にも、投資の話をすると、凄くリスキーな人と思われたり、守銭奴と思われたりすることもあるため、話をしないようにしている人も多いでしょう。

このようなお金に対する考えは「洗脳」。一般的には「洗脳」ではなく「教育」と言われますが、教育が必ずしも真実や人生に必要な教えと信じてしまうのは危険です。「お金持ち脳」になるには、「悪い教育(洗脳)」を見抜き、「いい教育(洗脳)」をインプットすること不可欠です。

本書では、人を嬉しくする、気持ちよくするといったプラスの感情を使うことによって、自己能力、自己評価を上げる「お金持ち脳」になるための方法を指南!ためになります。

一生稼げる脳の作り方:長谷川嘉哉

国際援助に目覚め最貧国バングラデシュで起業。これからの時代、「健康とお金」の二極化が進行するのは間違いない。

年老いてもお金と健康を手に入れつつ、幸せに暮らすには、若いうちから「お金」と「健康」と「働き方」の関係を知り、「脳機能を維持する」ことが大事。一生働き続けられる脳を手に入れるための、若いうちからの「脳のメンテナンス法」「思考法」が分かる!

「お金(投資)」について学べる投資本

バフェットの投資法:濱本明 他

難しい投資本が苦手な方でも読みこなせるバフェット本。バフェットの生きた人生を通じて、投資法・投資哲学が分かりやすく学べる一冊です。

バフェットの投資の基礎となっている、グレアムのバリュー投資、
人生の後半の投資のお手本となった、フィッシャーのグロース投資についても、わかりやすく学べます。

なお、表紙を見ると丸ごと1冊マンガのようにも見えますが、マンガは1/3ぐらいです。

世界のお金持ちが実践するお金の増やし方:高橋ダン

高橋ダンさんは、ウォール街の投資銀行でキャリアを積んだ「投資」のスペシャリスト。

本書では、投資マインドから投資法、お金持ちの習慣まで様々な方法を紹介していますが、本記事では、ダンさんが薦める「お金持ちになるためのロードマップ」に基づき、低コスト・分散を重視した、ETFをメインとするポートフォリオ、長期・短期投資戦略などを分かりやすく解説。

Audible 対象

日本一カンタンな「投資」と「お金」の本:中桐啓貴

「実は、最もシンプルな方法が、一番儲かる」という真実をご存知でしょうか。

真実とは、長く投資すればするほど、お金は大きく、安定的に殖えていくという真実。しかも1億円貯めることも夢ではありません。

しかし、長期で投資するには、2つの力「ぶれない投資マインド」と「一貫した運用スキル」が大切です。本書では、心理とマネースキルの両面について、ストーリー仕立てのわかりやすい解説してくれます。

ニュートレーダー×リッチトレーダー:スティーヴ・バーンズ

本書は、トレンド追随型の取引をするのに不可欠なハンドブックともいえる良書。

新米トレーダーと金持ちトレーダーの違い18を、①投資家心理 ②リスク ③投資手法 に分けてわかりやすく解説。18のポイントを自分に当てはめて判定するだけでも、十分価値ある1冊。投資本ではよく語られる内容ではあるものの、まとめ方が非常にうまく、投資家の心に刺さります。

絶対に読むべき1冊です。

金利を見れば投資はうまくいく:堀井正孝

金融市場における 炭鉱のカナリア「金利」
3つの金利を使って、「金利」を「炭鉱のカナリア=警報」として機能させれば、景気の変調に気付いて、投資でうまく立ち回ることができる。

本書では、大事な3つの金利と景気の関係、金利の何に注目し、どのように変化するのか、その変化が景気にどのように影響するのか、さらに、自らの判断で投資を考える方法を教えてくれます。

最強の教養 不確実性超入門:田渕直也

人生は「不確実=リスク」の連続。
しかし、不確実性ほど、「決定的に重要でありながら、驚くほどに理解されていない」というものはそうはありません。不確実性は、人が感じているよりももっと我々の身近に、そして世の中の至るところに存在していて、思いもかけないところにまで影響を及ぼしています。

本書では、特に「投資」を中心に、相場の行方を正確に予想することよりも、〝予想外〟のデキゴトにいかに対処するかにかかっているかを明らかにしたうえで、不確実性にどのように向き合い、そこから生まれるリスクをいかに制御していけるかが、そしてどのように意思決定するのか、決定的に重要なことを教えてくれます。

すべての経済はバブルに通じる:小幡 績

リターンを追求する投資家がリスクに殺到する以上、必ずバブルが起きる。

リーマンショックで起こった「リスクテイクバブル」の実態を明らかにし、資本主義経済ではバブルを封じることは無理であることを徹底解説。今、世界経済がコロナ回復バブルに向かう中、バブルの終盤にババを引かないコツもわかる!

パンローリング社の投資本


Audible 対象

Audible 対象

Audible 対象

⇧各本の画像をクリックでAmazonページに移動

パンローリング社の投資本といえば、本屋さんで投資コーナーにずらっと並ぶ分厚い本で知られていますが、高価、厚みがあって読めるか心配との考えから多く手が出しづらいとお思いの方が多いと思います。

kindle Unlimitedなら読みたい放題なので、自分にあった本か確認氏ながら読んだり、1冊フルに読まずとも、自分が知りたい部分のみ読む ”贅沢” な要点読みができます。お金も時間もかけない非常に効率的な読み方が実現します。

「読書術」が学べる本

《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術:和田稔

ズバリ、Amazon kindle本で効率よく読書をし、知識を血肉にする方法が記載された指南書。
kindleにはあまり知られてない非常に有効な使い方がたくさんあります。
本書では、単純な読書術にとどまらず、SNS時代のアウトプット術についても詳細にまとめられています。kindle本を読むなら、先に読んでおくとよい一冊です。

読書について:ショーペンハウアー

「19世紀のドイツの哲学者 ショーペンハウアーが、モノの考え方、文章の書き方、読書の仕方の3点について書いた本。全編を通じ、厳しい言葉が並ぶストレートな文章で書かれており、「1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失う」等、現代を生きる私たちにも通じる耳が痛い言葉が並びます。

個人が多数の発信メディアを持つ現代社会において、有限な時間を無駄にしないために、「どう読み」「どう考え」「どう発信すべきか」深く考えさせられる一冊。時代を越えても変わらない真理をついた本で一読の価値ありです。

「記憶術・学び方」が学べる本

シンプルな勉強法:河野玄斗

脳の特性を利用した「誰にでもすぐに使えて超強力な勉強法」を指南する一冊。

一生は短く、僕たちの時間は有限です。その有限の時間をどのように効率的に分配し、人生の最大幸福化を目指していくか。

そのためには、勉強にも効率が大事です。本書では、上手にモチベーションを維持し、効率的・効果的に勉強する方法、さらには、大学受験と司法試験に特化した勉強方法について、についてわかりやすく紹介されています。

同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?:石田勝紀

できる子・できない子が生まれる最大の理由は「勉強時間以外の日常からも学んでいるか否か」

東大・京大に入れるような子は、意識することなく自然とこれをやってのけています。勉強しているつもりすらありません。幼少期からつもりに積もった勉強時間の差は大きな脳力差を生み出します。

しかし、大人になった今でも、その理由を知り、改善の対処策を知れば、1年後、5年後の自分は今より大きくスキルアップできる!本書では、10のマジックワードで人生を改善する方法をわかりやすく教えてくれます。

Audible 対象

出口汪の「最強!」の記憶術

記憶の仕方で人生が変わる。記憶術は一生ものの武器になる

本書で扱われる記憶術は、脳と忘却のメカニズムに基づいた極めてシンプルな方法です。
記憶術の本によく書かれている●●法といった記憶術は一切出てきません。提唱されるのは、「論理と脳科学を結び付けた記憶法」です。

頭が悪くて仕事がうまく行かない、人の名前が覚えられない、英語がいつまでたってもマスターできない、資格を取得しなければならない、そんな方はまず読むべし。初心者でも十分活用できます。
Audible 対象

一流の記憶法:六波羅穣

記憶術の取得は、ビジネスからプライベートまでありとあらゆる能力を引き上げる能力を手に入れたと言っても過言ではない。

本書は、記憶力世界選手権に参加するプロ選手も使使っている確かな記憶術の指南書。記憶のメカニズムから、記憶について必ず押さえておくべき9原則と12の記憶術を紹介。中級者向き。

「メンタル・ストレス・ミニマルな暮し」に役立つ本

月10万円で より豊かに暮らす ミニマリスト整理術:ミニマリストTakeru

もう、片づけ術はいらない
自分が好きな少ないモノに囲まれて暮らせば、そもそも片付けなんて必要ない。
モノを減らせばストレスも減る

著者のミニマリストTakeruが提案する「ミニマリスト整理術」は、少ないモノで、少ないお金で、より自由に、より豊かに暮らす「生き方術」。

科学的に元気になる方法集めました:堀田秀吾

さまざまな情報が溢れる「情報過多社会」は「ストレス過多社会」。人間らしい生活はもはや当たり前ではなく、対策しなければ元気が失われてしまいます。

人間にとって、何がストレスの原因であり、どうすればストレスの被害をおさえることができるのか?

ストレス削減を効果的に実践する必要なのが「科学の力」です。本書では、毎日を元気にしてくれる科学的なノウハウを38項目で教えてくれる一冊。読んですぐ実践できるものばかり。習慣を変えることで確実にストレスが減らせます。
Audible 対象

傷つきやすい人のための 図太くなれる禅思考:枡野俊明

ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100人」に選出された禅僧、枡野俊明。

彼が繊細で傷つきやすい人が「わがまま」に生きる方法を伝授。
仕事・人間観家に折れない、めげない、気にしない自分を作るためのアドバイス書
Audible 対象

「健康・運動・ダイエット」に役立つ本

世界一効率がいい 最高の運動 HIIT:川田浩志

自宅で週に2、3回、1回たった4分の運動をするだけで、ダイエット効果や筋トレ効果、持久力アップができる運動法ーHIIT(ヒット)。

HIITは「High Intensity Interval Training」の略で、高強度の(負荷が高い)運動と休息を短いスパンで交互に行う独特のトレーニングですが、驚くべきは、「超短時間」 でOKなのに「有酸素運動(脂肪燃焼)」と「無酸素運動(筋トレ効果)」両方の運動効果が得られることです。この運動方法を詳細解説。

服用危険 飲むと寿命が縮む薬・サプリ:鈴木祐

『息切れ、めまい、もの忘れ、疲労感 …。
体によいと思って飲んでいる薬やサプリ。実は、寿命を縮めているかもしれません。

なかでも 被害に遭いやすいのが中高年と高齢者です。

本書は薬・サプリに関する正しい知識を教えてくれる一冊。「何をすれば本当に健康になれるのかがわからない」という中高年や高齢者にとって指針となる一冊です!

「おいしい」となぜ食べすぎるのか:山本隆

なぜ、おいしいものを食べると幸せな気分になるのか?
なぜ、おいしいと食べ過ぎてしまうのでしょうか?

そんな問いに答えてくれるのが本書。現代人の「食べる」を科学した本で、好き嫌いのメカニズム、甘いものに目がない女性の秘密、噛むことの効果などが解き明かされています。

食べ過ぎて太ったと騒ぎ、ダイエットに励むのは人間のみ。野生の動物は皆スリム。ダイエットをしているわけでなくとも、食べ過ぎるということがありません。

まずは、食欲を正しく理解しよう。そうすれば、行き過ぎた食欲の歯止めになるかも!?しれません。

思い込みから解放されたらするっとやせて20年リバウンド知らず! 精神科医の脳ダイエット:奥田弘美

私、食べないのに太る…っていう人多いですよね。私もそう思ってました。

しかし、やっぱり太ってる人は食べてるんです。著者が本書の脳ダイエットに気付くきっかけとなったのは、「スリムな人は、何を食べても太らない痩せ体質などではなく、おなかがすかない限り食べない。だから太らない。」という、真理。

私たちは、「朝食は食べなきゃ」「12時になったらランチしなくちゃ」「残すともったいない」という思い込みを持っています。

こういった太ることに直結する考えを訂正し、科学の力と習慣化をベースに脳と上手に付き合いながらダイエットを目指すのが本書のダイエット。気合だけではダイエットは無理ゲーです。

健康の結論:堀江貴文

生き続けるために、最も重要で確実な「結論」はたった一つ。  それは、「防げる死を防ぐ」こと

3人に1人はがんで死に、さらに3人に1人は心臓病か脳卒中で亡くなり、残りの人もほとんどが肺や腎臓などの病気で命を落とす日本。しかし、医師たちに徹底取材した結果、「検査を受けて、予防する」、たったこれだけのことで治療が難しい病にかかる可能性がかなり減らせるという結論に至ったという。本書では以下の病の現状と予防について深い見識を与えてくれます。

・メンタル(自殺)予防
・心臓突然死予防
・がん予防
・脳血管疾患予防
・HPV(ヒトパピローマウイルス)予防予防(子宮頸がん)
・歯周病予防
Audible 対象

最強の野菜スープ:前田浩

「ガンにはなりたくない。そう考えるなら、がんの予防に野菜スープが一番」と断言するのが、本書の著者であり、ノーベル化学賞の候補にも名が挙がる抗がん剤の世界的研究者である前田浩さん。

ホントに?と思ってしまいますが、野菜スープはがん予防だけでなく、高血圧、糖尿病、白内障、シミ、アトピーも改善するそうですが、本書を読んで納得。

野菜好きだけど、生野菜サラダばかり食べている私にとって、大いに学びとなった一冊です。

歩くだけでウイルス感染に勝てる:長尾和宏

全世界を襲ったコロナショック。外出自粛により最悪の時期は過ぎたものの、この衝撃は第1波で収まることはなく、第2波、第3波がやってきて、人々を不安に陥れることは間違いありません。

感染防止策として3密を避け、手洗い・マスクをするを皆さん実施されていますが、花粉症用のマスクはウイルスには無力です。手洗い・除菌が最優先ですが、それと共に、皆が行わなければならないのは、「自らの免疫力を上げる」ことです。

本書は、現在の新型コロナウイルスの状況をおさらいした上で、「歩くこと」が免疫力UPにつながり、ウイルス感染に絶大な効果があることをわかりやすく教えてくれます。

超筋トレが最強のソリューションである:Testosterone

”無理すんな。マジで。
あなたの人生においてあなたの心身の健康以上に大切なものなんてない。 無理して心が不健康になるとホント厄介だよ。俺と約束しよう。絶対に無理はしないって。 無理していいのは筋トレのときだけだ。”

筋トレの伝道師Testosteroneさんが、精神科医の岡先生とのタッグでまとめられたメンタルヘルス本。メンタルヘルスに関する知識は、ストレス社会ニッポンでサバイブしてく上で絶対に必要な武器。その武器を、なるべくわかりやすく&面白く解説。

ダイエットは運動1割、食事9割:森拓郎

痩せるのに必須と言われる「運動」「筋トレ」。しかし、運動指導者の森拓郎さんは断言します。

ダイエットを運動だけでなんとかしようとするのは、ハッキリ言って無謀であり、非効率的である!食習慣に問題がある限り、痩せることはできません!

本当に誰でも結果を出せるダイエットは、脂肪燃焼を促進するサプリメントや激しい運動、厳しい食事制限をすることではなく、自分がなぜ今の体になってしまったのかを見つめ直し、その原因に対して適切にアプローチすること。本書を読めばその理由に納得できます。

本を読むのは苦手…という方は、図解版「図解 ダイエットは運動1割、食事9割」をどうぞ。※KindleUnlimited対象

効く筋トレ・効かない筋トレ:荒川裕志、石井直方

初級者から上級者までの情報をカバー。「自宅トレ派」から「ジムマシン筋トレ派」、さらに上級向けの「ジムフリーウエイト筋トレ派」まで、写真をふんだんに使って説明。それぞれの筋トレの基本から、「追い込みテクニック」「1週間の筋トレプログラムの建て方」まで紹介されています。筋トレだけでなく食事法についても解説されています。

筋トレのバイブル的良書。圧倒的な情報量が凄いです。コロナ太り対策に。

「そる」だけでやせる 腹筋革命:中村尚人

ポッコリお腹対策には「腹筋」ですが、寝転んで起き上がる筋トレが基本と思っていませんか?「お腹がぽこっと前へと飛び出してしまう原因」は、皮下脂肪や内臓脂肪だけではありません!

ポッコリお腹の原因を知り、普通の腹筋よりも”断然ラク”に腹筋が鍛えられるのが、「そる腹筋」=「逆腹筋」。

私はこの方法を実践したところ、姿勢がよくなり、友達から「胸、大きくなった?」と嬉しい言葉をもらいました!

すごいストレッチ:崎田ミナ

肩コリ、眼精疲労、腰痛、背中痛、足の痛みといったカラダの不調を簡単にとってくれるストレッチをイラストエッセイで面白く紹介。紹介されているストレッチは、職場でデスクワーク中に椅子に座りながらできるものも多数。とても手軽にできるのに、マジで肩が軽くなったり、目や頭のだるさが取れます。

ほぐしたい部分を直撃するストレッチで、仕事の効率は絶対に上がる!痛みの原因や解消方法の原理も分かりやすく解説しているから、納得してストレッチに集中できます。コロナ太り対策に。

体が硬い人ほどやせるストレッチ:岩井 隆彰

運動をほとんどしていない人が体脂肪を落とそうとする場合、考えるアプローチは2つ。
①直接脂肪を燃焼する有酸素運動
②生活動作や基礎代謝のエネルギー消費を底上げする筋トレ

しかし、これ以外にも方法がある!それが「血液の循環をよくすること」

血流の滞りは代謝を下げ、エネルギー消費を落とします。肩が凝ったりふくらはぎがつるのも血液がうまく流れなくなることで起こる現象です。本書ではこれを解決する、体のこわばりを取る効果的なトレーニングがフルカラーで紹介されてます。

硬い体が驚くほど気持ち良く伸びる 自重ストレッチ:比嘉一雄

私たちはストレッチをするとき、”自分で頑張って”体をグーっと伸ばしますよね。しかし、この方法、長続きしないし(挫折する)、非効率ってご存知ですか?

気持ちよく楽に伸ばすには、自分×重力を使って伸ばす「自重ストレッチ」が効果的。我流でストレッチするより、理論でストレッチすることの大切さが学べます。

「広いリベラルアーツ=教養」が学べる本

1日1ページ、読むだけで身につくシリーズ

⇧各本の画像をクリックでAmazonページに移動

1日1ページ、読むだけで見につくシリーズ。シリーズ累計は150万部というベストセラーです。

教養は1日にしてならず。だからこそ、コツコツとした積上げが大事です。何から始めていいかわからない方は、本シリーズを利用して、広い知識を得てみてはいかがでしょうか。第1弾をスタートに、人物編、現代編、健康編があります。興味がわくものからどうぞ。

図解 歴史がおもしろいシリーズ

⇧各本の画像をクリックでAmazonページに移動

西東社の「図解!歴史がおもしろいシリーズ!」
歴史と宗教を対象としたシリーズ全12冊の内、8冊がkindleUnlimitedの対象となっています。
社会の教科書と資料集の中間のような書籍で、内容は非常にわかりやすい。このシリーズ丸ごと読破し、時代・地理を超えて頭の中の歴史年表にプロっと出来たら、相当にリベラルアーツが上がると思います。ただ、受験勉強で歴史を丸暗記するのではないですから、興味のある所からページを開いて読み、徐々に興味の持てる範囲を広げられていけば、おのずと教養がUPすると思います。

歴史や宗教は「人間」という生き物の根源がわかる最高の情報源。また、「人の欲深さ」と、その欲深さの結果行きついた「失敗」を学ぶための最高のツール。すぐにビジネスに役立つ知識ではありませんが、そこから得た抽象化された本質的な概念は、ビジネスや生活の様々なシーンで役立ちます。

「日本文学」を楽しむ本

「まんがで読破」シリーズの日本文学

日本文学を読んでみたいけど、どうしても活字が読めない…という人でも大丈夫な「まんがで読破」シリーズ。広い年代の日本・海外の文学が、面白く、しかし、原作のもつポイントを押さえながらマンガにまとめられています。

夏目漱石の「こころ」、太宰治の「人間失格」といった日本1位、2位を争う人気の長編文学もマンガなら簡単に読破可能。マンガをきっかけに、原作も読みたいですね。

ちなみに私はまだ30冊ぐらい?しか読んでいませんが、最もお勧めはマルクスの「資本論」。非常にポイントがよくまとまって、ふむふむ🧐とうなずきながら読めます!資本主義経済圏で、賢く自由な生き方をしたいなら、絶対に読むべき一冊です。

まんがで読破は全139巻
大変重宝するシリーズです。
chami
chami

「文豪ストレイドッグス」×角川文庫コラボアニメカバー シリーズの日本文学

⇧各本の画像をクリックでAmazonページに移動

国内外の文豪のイメージをモデルに擬人化されたキャラクターが、各文豪に関連する異能力で戦うバトルアクションコミック「文豪ストレイドッグス」。
この文豪キャラクターを描き下ろしたコラボカバー版小説 全16巻。私がKindleUnlimited対象化されたのを確認したのは以下の10冊。いずれも、誰もが知る日本純文学の名著です。教養を高めるためにも読んでおきたい本ばかりです。

■KindleUnlimited対象
『痴人の愛』 谷崎潤一郎  Audible 対象
『羅生門・鼻・芋粥』 芥川龍之介
『武蔵野』 国木田独歩
『D坂の殺人事件』 江戸川乱歩

個人的には、「小説、文学何、それ。だりぃ」と思っているマンガ・アニメ好き「文豪ストレイドッグス」ファンに、是非とも読んでほしい。
その方が、キャラの異能の意味がよく分かってアニメがよりに深く楽しめる。
最初に読むなら、短編で読みやすい芥川龍之介か、エロ文学 の谷崎潤一郎が白く読めるかと。
 
勉強の火をつけたいなら「学問のすすめ」。勉強せねば!とやる気の炎🔥🔥がメラメラします。超おススメ。
chami
chami

■KindleUnlimited対象外
『李陵・山月記 弟子・名人伝』 中島敦
『人間失格』 太宰治
『みだれ髪』 与謝野晶子
『斜陽』 太宰治  Audible 対象
『汚れつちまつた悲しみに……』 中原中也
『堕落論』 坂口安吾
『天衣無縫』 織田 作之助
『ドラコニアの夢』 澁澤 龍彦
『セロ弾きのゴーシュ』 宮沢 賢治
『高野聖』 泉 鏡花
『学問のすすめ』 福沢 諭吉 ← 別の節でKindleUnlimite対象本紹介
『舞姫・うたかたの記』 森 鴎外

「海外文学」を楽しむ本

ハリー・ポッター:J.K.ローリング

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの物語。皆が知る大人気小説です。
ハリーポッターシリーズは第1巻が1999年に発刊。7+1巻ありますが、全作がKindle Unlimited対象本となっています。この小説が読みたくて、Kindle Unlimitedの利用を開始する人もいるぐらい人気の作品です。

シリーズ本編小説
第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石 Audible 対象
第2巻『ハリー・ポッターと秘密の部屋 Audible 対象
第3巻『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 Audible 対象
第4巻『ハリー・ポッターと炎のゴブレット Audible 対象
第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 Audible 対象
第6巻『ハリー・ポッターと謎のプリンス Audible 対象
第7巻『ハリー・ポッターと死の秘宝 Audible 対象

シリーズ本編・脚本
第8巻(最終巻)『ハリー・ポッターと呪いの子

以下もKindleUnlimited対象作品です。
映画オリジナル脚本版『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

星の王子様:サン=テグジュペリ

偏見、先入観、固定観念に縛られている私たち地球人。
本書を読むと、もっと「本質」を見る必要があることを優しいストーリーで教えられる。そして、「目に見えない大切なモノ」、思いやりであり、心の純粋さであり、勇気であり、友情であり、信頼であり、愛を大切にしなくていけないと、教えられます。

変身:カフカ

主人公グレゴールはある日ベッドで目を覚ますと自分の姿が毒虫に…
たちまち崩壊していく家族との関係…

毒虫というのは「変わり果てた一個人の象徴」。受け入れないほどに変わり果てた家族を、受け入れ、愛し続けることができるのか?という厳しい現実を見せる、海外文学最高傑作。

現代社会の痴呆・介護問題などを照らし合わせると、全く他人事ではない。人間・家族・愛について深く考えさせられる。

マクベス:シェークスピア

シェークスピアの四大悲劇(「ハムレット」「オセロー」「リア王」「マクベス」)の1作品。

予言がキッカケで、王になりたいという「欲」に負け、王を殺害を殺害したマクベス。その結果、悪事がバレるのではないかと精神を病むことになる。

こちらも、ハムレット同様、人間のダークサイドについて考えさせられる。人間の欲深さ、そして、欲に負け悪事を働き、その後、自分の悪事がバレないかとの精神を病むほど心身が置かされてしまう人の心模様の表現はさすが。読むべき一冊。

ハムレット:シェークスピア

ハムレットと言えば、to be or not to be, that is question=
「生か死か、問題はそれだ」「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」「なすべきか、なさざるべきか、それが問題だ」という銘台詞が有名。

いろんな意味で凄いストーリー。小さな歯車の掛け違いが招いた、悲劇の連鎖…

「人間という生き物」「復習」「不幸の連鎖」など、人間のダークな面について、いろいろと考えさせられる作品。やっぱり、シェークスピア、天才です。

ピノッキオの冒険:カルロ・コッローディ

我々が知るピノキオ童話は原作とは別物!きっと本書を読むと、大きなギャップに驚きます。

多くの人が知っているピノキオはディズニーファンタジー。原書では、ピノキオは相当に素行の悪い問題児。平気で嘘をつき、自由気まま。道徳やルールに準じて、自分を素行・欲望をコントロール術を全く持ち合わせていない。そのため、人を悲しませたり、自分自身も、騙されたり、死にそうになったり、牢に入れられたりとひどい経験を何度となくする。それでも懲りずに、欲望のままに生きる。悪気はないけど自分に素直すぎてダメダメなキャラなんです。

児童書ながら、貧困、飢え、社会の不正・不平等、悪、恐怖、不条理。本書が書かれた当時のイタリア社会への不満や苛立ちも比喩などを使って表現されています。是非、あなたの認識とのギャップを楽しんでみてください。

最後に

今回は多読ChamiがおすすめするKindle Unlimitedお薦め良書を紹介しました。
まだまだ良書はたくさんあるので、本記事は適宜バージョンアップしていきます。時々ご来訪頂けるとありがたいです。

参考まで、過去にKindleUnlimited対象本になったことがあるものの、現在、読み放題対象外となっている本のリストです。