消費税増税以降、ポイント4重取り(Origami Pay + Kyash + リクルートカード +店舗カード)で大きなポイント還元を受けよう!
▼シェア&フォローする▼

10/1からの消費税増税。
これに伴い、消費者の負担を減らす国の施策として、「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まりますね。

キャッシュレス決済をすれば、対象店舗で最大5%の還元が受けられる、この事業。事業期間は、2019年10月~2020年6月までの9ヵ月間と期間は限られていますが、利用しないと損!もはや「現金払い」は損する時代です。

さて、いかに有利にポイント還元を受けるかが消費者の腕の見せ所ともいえますが、3つのキャッシュレス決済+店舗カードを利用すると、ポイント4重取りが実現します。これにより約10のポイント還元の実現も可能になります。

①Origami Pay
②Kyash
③リクルートカード
④店舗カード

その方法を紹介します。

社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

Origami Pay:スマホ決済アプリ

スマホ決済アプリ Origami Pay
Origami Payは、スマホ決済アプリ。
PayPay、LINEPayなどと同様、お会計の時に店員さんに「Origami Payで」と伝えて、アプリを開いて、バーコードを提示、またはスマホをかざすだけで、お支払いが完了します。

  Google Play で手に入れよう

Origami Payのポイント還元は通常3%

ポイントが即時にお支払い金額から差し引かれて還元されます。つまり、すぐに割引が受けられるわけです。
OrigamiPayでは、提携先の対象店舗で通常割引最大3%でお買い物ができます。

Origami Pay通常割引
金融機関口座     :3%OFF ※最大3000円割引
クレカ・デビットカード:2%OFF ※最大2000円割引 ←高還元率クレジットカードの登録もOK!

10/1以降はどうなるか?

Origami Payでも、キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗でのお得な買い物が可能。

Origami Payで最大5%(上限2,000円)がその場ですぐに還元※されます。
※ポイントが即時にお支払い金額から差し引かれて還元され、決済明細書はOrigami アプリ上ですぐに確認できます。
ざっくりとですが、
中小店舗    :5%
フランチャイズ店:2%
の還元が受けられます。

ここにOrigamiの通常割引が追加されることで最大8%割引でお買い物ができるわけです。
Origami Payのポイント還元率(2019年10月以降)

Kyash:お手持ちのカードをよりお得にするカード

Kyash(キャッシュ)は、お手持ちのカードを「便利に」「お得に」「安心に」するカード。
Kyashはアプリをダウンロードすれば、すぐに発行できるバーチャルVISAプリペイドカードとしてスマホ決済でできるだけでなく、Kyashリアルカードで通常のクレジットカードのように利用することもできます。

実際の決済手段としては、VISAかMasterCardのクレジットカードを登録できます。これにより、高還元率クレジットカードを登録すれば、Kyashのポイント還元だけでなく、クレカのポイント還元も受けられます。つまりポイント2重取りができるわけです。

  Google Play で手に入れよう

Kyashのポイント還元(10/1以降)

これまで、Kyashは、9月30日までは還元率2.0%でしたが、10月1日以降はポイントプログラム導入で通常還元は1%に変更となります。
ただし、Origami Payと同様、キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で最大5%還元が受けられます。

結果、Kyash単体で決済した場合も、Kyashポイント還元1%+キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で最大5%還元 =最大6%になります。

詳細は以下のページにてご確認ください。

リクルートカード:年会費無料の高還元率クレジットカード


さて、キャッシュレス時代の中で、なくてはならないのが高還元率クレジットカード。
年会費など払いたくないという方には、●円以上利用で年会費無料といった制約もなく、高還元率でポイントがGetできる「リクルートカード」をおススメします。

このカードなら、無条件で、1.2%還元が受けられます。これからの時代、必須の1枚です。

リクルートカードも、キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で最大5%還元の対象です。カードの請求時に請求額からポイント還元分が減額差し引き(相殺)されます。

Origami Pay + Kyash +リクルートカードでポイント3重取り

さて、以上のカードを組み合わせて買い物をすると、より大きな還元が受けられます。
最終的に支払いに用いるのは、「Origami Pay」。「Origami Pay」と「Kyash」の支払い設定を工夫します。

ポイント3重取りを実現するための設定

ポイント3重取り実現のためには、以下のような設定を行います。めんどくさそうに思うかもしれませんが、一度設定してしまえば、以降、面倒は一切ありません。

支払い情報の設定方法

  • 「OrigamiPay」のお支払いに使用するカードを「Kyash(リアルカード)」にする
  • 「Kyash」のお支払いに使用するカードを「リクルートカード」にする

注意
Kyashの支払いクレジットカードは「VISA」か「MasterCard」しか登録ができません。
リクルートカード(JCB)しかお持ちでない方は、もう一枚カードを作成ください。リクルートカードの複数枚発行は可能です。※私も国際ブランドが違うものを2枚もっています。

ポイント3重取りでポイント還元は最大9.2%に!

上記のような設定をすることで、以下のポイント還元が実現します。

3枚のポイントカードでの還元率

  • 「OrigamiPay」決済で、対象店舗で常時クレカ2%還元+キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で最大5%還元=最大7%還元
  • 「Kyash」決済で1%の「Kyash」ポイント還元
  • 「リクルートカード」決済で1.2%のリクルートカードポイント還元

以上を合計すると、最大9.2%のポイント還元が実現!

※やや還元率は劣りますが、年会費無料でポイント還元1%の楽天カード、Yahoo!カードなどを利用してもOKです。

店舗カードもプラスでポイント4重取り

ここまでだと、ポイント3重取りですよね。
4重取りにするためには、定時だけでポイントが付く店舗カードを使います。

例えば、店舗独自のポイントプログラムが受けられる店舗ありますよね。また、Tカードも提示するだけでポイントがもらえます。

このようなとき、店舗カードを提示したうえで、上記設定を施したOrigami Payで決済するのです。
これで、Origami Payで最大9.2%に店舗カードのポイント還元率が加わり、仮に店舗カードのポイント還元が1%なら、合計10.2%の還元率となるわけです。

Origami Pay + Kyash + リクルートカードで高還元率を実現するための注意点

注意点は大きく2点あります。

すべての店舗で高還元ポイントがもらえる訳ではない

最初に注意ですが、すべての店舗でこの上記で示したような高還元ポイントが得られるわけではありません。
リクルートカード、Kyashの2つはクレジットカードが使える店舗ならどこでも利用できますが、OrigamiPayはすべての店舗で利用できるわけではありません。

ご利用の際は以下の2点を確認ください。

①Origami Payで利用可能な店舗か確認

利用店舗可能か確認ください。
利用できない場合は、少し合計還元率は落ちますが、Kyash(リアルカード)でクレジットカード決済(Kyashとリクルートカードのポイントはつく)でお得に支払いができます。

※多業種・多事業の様々な加盟店が、国内145万ヶ所、海外1,000万ヶ所へも広がっていて、利用できる店舗はかなり多いと言えます。

②キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗か確認

キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗は申請の上、許可が下りた店舗のみに与えられた国からの特典です。すべての店舗が対象となっているわけではないので、利用前に確認ください。
対象店舗か否かは、Origami Payアプリで確認ができます。

Kyashには利用上限がある

Kyash(リアルカード)はKyash(バーチャルカード)よりも利用限度額が高いのですが、それでも以下の制約があります。

Kyash(リアルカード)の利用上限
1回/1日のご利用限度額:5万円
1ヶ月のご利用限度額:12万円

Kyash(バーチャルカード)の利用上限
メールアドレスと携帯電話番号だけでアプリから1分で発行でき、すぐに使えますが、利用額が小さくなります。
1回/1日のご利用限度額:〜3万円
1ヶ月のご利用限度額:〜12万円

上記上限を意識し、ご利用ください。

最後に

以上、Origami Pay + Kyash +リクルートカードでポイント3重取りで合計最大9.2%ポイント還元、さらに店舗カード提示で10%に近いポイント還元が実現できる方法をまとめました。

4枚のカードでポイント4重取り

  • 「OrigamiPay」決済で、対象店舗で常時クレカ2%還元+キャッシュレス・消費者還元事業対象店舗で最大5%還元=最大7%還元
  • 「Kyash」決済で1%の「Kyash」ポイント還元
  • 「リクルートカード」決済で1.2%のリクルートカードポイント還元
  • 店舗カード(ポイントプログラム)がある場合はカード提示でポイント還元

これからの時代、「現金払い」は確実に損をします。
しかし、未だ、コンビニやスーパーのレジ前で多くの人の支払いを見ていると現金払いが多数!
いずれにせよ、現金で支払っている限り、このようなポイント還元ポイントは得られません!

是非、皆さんはみすみす損する人にならないように、カード申込を済ませてくださいね。