消費税増税で変わるクレカのポイント還元率。10/1以降どうなるか(リクルートカード+Kyashで実現できた3.2%還元の場合)
▼シェア&フォローする▼

多くのクレジットカードのポイント還元プログラムがが10月1日からの消費税増税で変更となります。

消費税増税でポイント還元が実施されると報道はされていても、コンビニやスーパーのレジ前で多くの人の支払いを見ていると、以前、現金払いが多数!
可能な限り、クレカ+電子マネー+スマホ決済で済ませているChami的には、現金払いは信じられない。面倒だし、損なのに!

さて、私は、クレカ払い時は、これまで以下の2枚のカードを組み合わせて利用することで、常時、合計3.2%の還元率を実現してきました。
①年会費無料の高還元率クレジットカードリクルートカード(1.2%)」
②手持ちのクレジットカードとの組み合わせでさらにポイントアップが図れるKyash(2%)」

果たして、10/1以降、ポイント還元はどう変わるのか?
間もなく消費税増税となる今、賢く利用するために、改定内容を確認してみました。

リクルートカード
Kyash
社会的インパクト投資【ネクストシフトファンド】

Kyash(キャッシュ)の消費税増税後のポイント付与

Kyash(キャッシュ)から届いた、10月1日以降の利用改定連絡はこちら↓
10月1日より「Kyashポイント」がスタート。
同時にキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元もスタート!

いろいろ書いてありますが、消費者目線で内容を確認すると、リアルタイムカードを持っている場合は、以下のようになるようです。

新Kyashポイント(2019年10月1日以降)

  • リアルカード決済で、ポイント還元率1%
     ※以前は2%だったので、ここだけ見ると改悪
  • 決済と同時にポイント付与
  • ポイントは、1ポイント=1円でKyash残高にチャージすればVISA加盟店での買い物や送金に利用可能
  • キャッシュレス・消費者還元事業対象加盟店※での利用の場合、追加で「5%」または「2%」のポイントが還元

まだ、特に最後の文章の意味がよくわかりませんね。「キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)」とは何なのか、次の節で見ていきましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業(キャッシュレス・ポイント還元事業)とは

キャッシュレス・消費者還元事業については、経産省のWebサイトで確認ができます。

とても堅苦しい名称・説明で、国民の理解促進を妨げているように思いますが、簡単に説明すると…

ポイント還元マーク

上のマークのついたお店でお買い物をした場合は、消費税増税の影響を緩和するためのポイント還元が受けられるというものです。

キャッシュレス・ポイント還元制度の条件

キャッシュレス・ポイント還元制度には、以下の条件が付いています。

制度実施期間2019年10月1日~2020年6月30日(予定)
還元率2% または 5% ※店舗による
対象決済手段クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段

ポイント還元適用申請実施の店舗は約3割

店舗側は、ポイント還元適用店になるために申請が必要ですが、9月2日時点で27万件が登録済み。申請数は58万件に上っています。

凄く多そうに見えますが、参加可能な店は全国200万店あるので、既に申請した店舗58万店は約3割にとどまっています。

なお、申請は来年4月末までですが、ポイント還元は来年6月までの9カ月間で終わるため、10月以降に利用できる店舗がどんどん増えていくかは不透明とみられているそうです。

ただ、A商店はポイント還元5%、B商店はポイントなしとなれば、消費者はA商店でお買い物しますものね。果たしてどうなっていくでしょうか。

消費者の関心事:5%還元と2%還元の違いは?

さて、ここで気になるのが、お店によって異なるキャッシュレス還元ポイントの2%と5%の還元率の違いです。消費者なら、5%還元のお店で買いたいですから。

ポイント還元対象店舗検索 公式アプリをダウンロードしよう

ポイント還元されるお店は、スマホアプリで探せます。以下からダウンロードしてきましょう。

公式アプリ
ポイント還元対象店舗検索 公式アプリ
iPhone版 Android版

我が家の周囲のお店をチェックしてみましたが、かなり登録店舗が多い。
地図上で店舗をクリックすると還元率と使える電子マネーが店舗ごとにわかるようになっています。

大手フランチャイズ店は2%、その他は5%の還元率

ざっと見た感じ、キャッシュレス・ポイント還元は、大手フランチャイズ店が2%、その他中小・小規模事業者5%。

例)ポイント還元2%店
セブンイレブン、マクドナルド、すき家、牛角など

ただし、大手同一系列店(例えば、マクドナルド)でも2%と5%が混在する模様。
また、大手でもまだ、登録がまだ?申請がまだ?なため、地図上に表示されないお店が多いです。

消費者が困惑:「ポイント付与」か「請求からの減額(相殺)」か

さて、還元率2%、5%の違いは店舗により違うことはわかりましたが、もう一つ、消費者(利用者)を困惑させることがあります。

それは、ポイント還元の方法です。

ポイント還元の方法はキャッシュレス企業により異なる

ポイント還元方法は、クレジットカード・電子マネーの発行会社によって、以下のどちらかが採択
①ポイント付与
②カードの請求額からのポイント還元分を減額差し引き(相殺)

つまり、ご自身がご利用するキャッシュレス決済が①②のどちらを採用しているのか見極める必要があります。

まとめ:リクルートカードとKyashの合わせ技でポイント還元を狙う場合とどうなるか?

では、当初の本題、リクルートカードとKyashで10/1以降のポイントはどうなるのか?
まとめると以下のようになりました。

カード名通常ポイント還元率キャッシュレス・ポイント還元率合計還元率ポイント還元方法
リクルートカード1.2%2%
or
5%
3.2%
or
6.2%
②カードの請求額からのポイント還元分を減額差し引き(相殺)
リクルートカードのお知らせ
Kyash1.0%2%
or
5%
3.0%
or
6.0%
①ポイント付与
Kyashのお知らせ
2つのカードを
組み合わせて利用
リクルートカード分:
 Kyashチャージ=通常利用なので1.2%
Kyash分
 通常店なら1%、
 キャッシュレス・ポイント還元率対象店なら3.0%or6.0%
 ⇒2.2%~7.2%

ご利用になられるクレジットカードや電子マネーでポイント還元率は変わることなります。
是非、あなたのメイン決済方法でどうなるか、ご確認を!

まとめ

以上、これまで、リクルートカードとKyashで実現してきた高いポイント還元率を今後も維持できるのか確認してみました。
どのような店で買うかで還元率が変動し、最低2.2%、最高7.2% となることが分かりました。

未だ、コンビニやスーパーのレジ前で多くの人の支払いを見ていると現金払いが多数!
いずれにせよ、現金で支払っている限り、このようなポイント還元ポイントは得られません!!みすみす損するだけです。

消費税増税は間もなくです。高還元率を実現するカードを今すぐ作りましょう!