Amazonプライム値上げで、プライム利用付帯のAmazonゴールドカードが年会費逆転で注目の的に
▼シェア&フォローする▼

Amazonプライム」の料金、ついに3900円から4900円へ値上げとなりましたね。
SNSを見ていても、解約を検討という方もいますが、Chami(@poststand)は、ショッピング、音楽、映画、本と、Amazonプライムを使わない日がないため、解約などあり得ない状況です。

事実、先行して大きな値上が実施されている米国のAmazon プライムの価格は現在119ドル(約1万3000円)と日本の2倍以上3倍弱ですが、ユーザはAmazonから離れていません。それだけAmazonのプライムサービスに価値を感じているわけです。

でも、やっぱり、Amazonプライムを安く利用したい!
そこで、今、注目の的となったのが、プライム利用の特典がついているAmazonゴールドカードです。

Amazonプライムの新料金体系

まず、Amazonプライムの新料金体系について確認してきましょう。
新料金は2019年4月12日より適用。ただし、既存のプライム会員は5月17日以降適用となります。

「Amazonプライムの会費について」より

上記記事によると、Amazonプライムの新料金は、以下の通りです。

・年間プラン:4900円(1000円値上=26%UP)
・月間プラン:500円(100円値上=25%UP) 

値上げ理由
「これまで11年間、さまざまな努力を重ね、会費は一度も改定してこなかったが、2007年の開始時と比べて主賓数や特典は大幅に増え、外部環境も大きく変わっている。今後も新たなイノベーションを起こし続け、お客様に引き続き、便利にご利用いただくために、このような決断をすることにした」とAmazon担当者は取材に回答しています。

Amazonゴールドカードの利用料金は4,320円まで下げられる!

さて、冒頭にも記載しましたが、ここで注目されてるのが、AmazonのクレジットカードAmazonゴールドカードです。

値上げ、悲しいです。
ただ一方で、今、利用できるサービスの範囲を考えると安すぎるプライシングであったとも言えるのではないでしょうか。

Amazonゴールドカードの特徴

正式なクレジットカード名称は、Amazon Mastercardゴールド(以降、Amazonゴールド)。簡単に特徴をあげると以下のようなカードです。

  1. 年会費は1万800円(税込) ※安くする方法あり(後述)
  2. Amazonプライム特典が使い放題
  3. Amazonショッピングで2.5%のAmazonポイント
  4. Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントがつく
  5. 全国主要空港のラウンジが使える
  6. 20歳から申し込めるプレミアムカード
  7. 国際ブランドをMastercard、三井住友カードが発行

より詳細な情報をみる:Amazonゴールドカード

ポイントは、カードを持っていれば、Amazonプライムも料金は払わなくてもいいということ。ただ、ふつうに利用すれば年会費は10,800円かかります。

Amazonクラッシックとの比較

Amazonにはもう一つ、Amazon Mastercardクラシック(以降、Amazon クラシック)というカードがあります。

こちらは以下のような特徴のカード

  1. 初年度年会費無料。年1回以上のカード利用で翌年度も無料
  2. プライム特典は付属しない
  3. Amazon内のショッピングで1.5%(プライム会員なら2%)
  4. Amazon外のショッピングでも1%のAmazonポイントがつく

より詳細な情報をみる:Amazonクラッシック

Amazonクラッシックは実質的に年会費無料のカードなのですが、プライム特典はつきません。

Amazonゴールドカードの年会費を下げる方法

さて、ここで本題ですが、年会費10,800円のAmazonゴールドカードはある設定をすると、安くなるんです。

その方法とは、

  1. 支払いが自動的にリボ払いになる「マイ・ペイすリボ」に申し込むことで半額の5400円
  2. 「カードご利用代金WEB明細書サービス」に申し込むことで1080円引き
  3. 上記二つを経要利用で、最終的な利用額は4,320円になる
  4. ただし、条件として「割引適用は2年目から」

2年目からになりますが、新Amazonプライム年会費が4,900円に対して、Amazonゴールドカードの年会費が4,320円で年会費逆転が起こったわけです。

もちろん、Amazonでショッピングすれば、通常よりもAmazonポイントがたくさんつきます。ですので、普通に利用でも4,320円より安くなり、Amazonヘビーユーザーなら全部元が取れることになります。

大事!リボ払いの設定を上げてく

さて、ここでAmazonゴールドカード利用で、Amazonプライムを安く利用する方法を選択する場合、1つ注意しなければいけない点があります。

それは「リボ払い」の設定です。
リボ払いで払うと利息がとられてせっかく安くなるために入会するのに意味がありません。

だから、リボ設定を1ヵ月の間で絶対に使うようなことのない設定にして、1回で支払い終えられるようにすることです。

例えば、50万円以上カード払いすることがないのであれば、リボ設定を「50万円」にしましょう。こうすれば、リボ金利が発生することは避けられます。

最後に

Amazonを日々利用するなら利用価値のあるカードであることがお分かりいただけたでしょうか。
ただ、当然ゴールド会員ですから、ゴールドカードの審査基準を満たしているかが重要になります。

だれでも利用できるわけではないことを理解し、自分にとって得と考えるなら、申し込みをしましょう。

より詳細な情報をみる:Amazonゴールドカード

▼シェア&フォローする▼
この記事を書いた人

chami(チャミ)

chami(チャミ)

好奇心旺盛に楽しく生きるをモットーとする、弱小個人投資家。
バツイチ、会社役員、AFP資格保有者。

身銭を切って、株/FX/CFD/仮想通貨など取引。以下の2点を投資の基本方針に、税・節約なども意識し、賢く資産を増やす方法を探求中。

・税制優遇制度はしっかり利用し投資
・市場を問わず、底値買いして一定期間保有

趣味は、海外旅行読書ジムサウナなど多彩。

▼皆さんのフォロー・お便りが励みです▼
最新情報を受け取る: Chamiをフォロー feedlyをフォロー

メール・励ます  : メールメールする BlogRankingにほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ